温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

しなの鉄道 北しなの線に乗って、新潟県の温泉へ。

2016年に北陸新幹線が長野から金沢まで開通しまして、同じルートを走っていたJRのローカル線は4つに分割されました。このルートが長野県、新潟県、富山県、石川県の4県をまたがっているので、各県ごとに地元の鉄道会社に引き継がれたのです。 長野県内を通っ…

静かな温泉ブログの、PV数の多い記事2

「静かな温泉を扱う」という意味でも「アクセス数が静か」という意味でも「"静かな"温泉ブログ」を名乗っている当ブログです。そんな静かな温泉ブログがPV数の多い記事ランキングをやるのは、ある意味自殺行為のような感じもします(苦笑)。 にもかかわらず、…

世のちり洗う(温泉で回復した話)

自分にとって、温泉旅はしばしば心身の調子を回復させるためにすることです。会社員になって10数年になりますが、時々ひどくくたびれる時も正直ありまして、そんな時に泊まりに行く温泉宿は、自分の回復のための場所なのです。 温泉には効能があります。この…

静かな温泉ブログの熱量(運営報告の代わりに)

温泉ってたいていは「お湯」で、水のようなぬるい温泉も時にはあるのですけど、そんなぬるい温泉も加温されて「お湯」になっていたりします。そう、温泉はお水と熱からできています。 ブログもたいていは文章が集まってできていて、個々の文章たちが熱を帯び…

高速バス「上田線・小諸線(千曲線)」に乗って、長野県の温泉へ。

長野県の温泉によく行く自分ですが、その中でも東信地方の上田市近辺の温泉に行くことが一番多いです。北陸新幹線が一番便利な手段ですが、時間があっても予算がない(泣)というときは、高速バスで上田まで向かうことに。。。 今回は、都内と上田とを結ぶ高速…

2泊3日ひとり旅 河口湖から下部温泉('13)

数年前まで、登山をしていました。基本的には単独登山、要はひとりで山に登っていたのです。冬の山へは登らないという自分ルールにしていたので、毎年3月下旬くらいから11月の上旬くらいまでが、自分の登山シーズンでした。 2013年も、11月の3連休でこの年最…

10月の温泉旅

10月になるといよいよ秋も本格的になってきます。すっかり涼しくなって、温泉に入ってのんびり過ごすのが向いている季節になってきます。あ、「この月は温泉向きの月です。」ってこれ、毎月言っていますね。。きっと来月も何らかの理由を付けて、そう書くの…

温泉宿と、ビールと刺身

読者登録しているおしょぶ~さんの記事を読みました。 osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp 業務用のアサヒビールが値上げになるという話と、回転寿司チェーンの合併の話。 後者の話については、 うまい具合に、回転ずしは外国人にも人気で将来性もありますが…

子供とふたりで、温泉旅へ。

8月に、子供とふたりで温泉旅に行ってみようと準備していたのですが、出発当日になって子供が体調不良でドタキャン。その後、9月の週末に妻が不在になるタイミングがあったので、諦めていた子供とのふたり温泉旅リベンジ、をしてきました。 行ってみて気づき…

ひとり温泉合宿は、どうだろう?

先日、じゃーなさんのブログで↓のような記事を読みました。詳しくはお読みいただければと思いますが、週末にひとりで近くのホテルに泊まって仕事をしてはいかがでしょうか、ということです。画期的。 www.jarna.jp そう言えば最近、自分も温泉宿で似たような…

温泉街が好きな理由(と、静かな町尾道)

「寂れた温泉街が好きです」とブログのあちこちに書いているのですが、はて、寂れた温泉街が好きなのは何でやろ、と思いを巡らせてみまして、そうか、昭和っぽい感じが好きで、好きになったきっかけは尾道だったなぁ、と思い出したのでした。 尾道(おのみち)…

高速バス「新宿-甲府線」に乗って、山梨県の温泉へ。

都内から甲府にマイカー以外で行く場合、電車か高速バスの2択になります。山梨県は東京都の隣の県で比較的近いので、高速バスも十分選択肢になります。今回はその高速バス「新宿‐甲府線」のまとめです。 新宿-甲府線の概要 新宿-甲府線の特長 新宿-甲府線の…

キャッシュレスで、温泉旅へ。

普段の買い物はなるべくニコニコ現金払いをせず、なるべく電子マネーかクレジットカードで支払うようにしています。いったん電子マネーやクレジットカードで支払うことに慣れてしまうと便利なのです。自分の温泉旅でも、支払いはキャッシュレスになりつつあ…

妻が選ぶ温泉宿

ひとり泊のことばかり書いている静かな温泉ブログですが、時々家族でも温泉宿に泊まっており、その記事も時々あります。宿泊記録の記事のタイトルに「ふたり泊」とか「子連れ泊」とかあるものは、たいてい家族との温泉旅で泊まったところです。 最初のころは…

温泉旅と、焼き鳥

唐突ですが、焼き鳥が結構好きです。 結婚するまではあまり焼き鳥にこだわりがなかったのですが、うちの妻が結構な焼き鳥好きで、自分もいつしか目覚めたようです。でも普段は焼き鳥屋にはなかなか行けません。平日は帰りが遅いですし、ちいさな子供連れで焼…

小銭でコツコツ投資信託を買って、温泉旅へ。

お金を貯めるのは苦手ですが、温泉旅は好きです。なので温泉旅に行くためのお金は用意しないといけません。あれこれお金を貯める術を試してはいるのですが、上手く行った感じはあまりない。そんな自分が、今年から始めた「小銭投資」について、書いてみます…

夜行で日光、奥日光。

先日、よく見ているkzlifeさんのブログで、以下の記事を読みました。 www.kzlifelog.com 東武鉄道が、都内の浅草駅から東武日光駅まで行く夜行列車を日にち限定で走らせる、とのことです。今年から、車両は東武の特急車両「スペーシア」を使うとのこと。知ら…

繰り返す温泉旅(変わるもの、変わらないもの)

これまでの温泉旅をブログにまとめつつ振り返っていると、どれだけ同じ温泉街を繰り返し訪れてきたのかを実感します。ひとり温泉旅をするようになってだいたい10年とちょっとが経っているのですが、その間に自分も年を取ったし、立場も変わったりしています…

読むこと、書くこと、記録すること。

テキスト主体でブログを書かれている人は、たいていは書くのが好きだったり得意だったりするのだろうと思います。自分も文章を書くのは割と好きなほうです。上手いかどうか、得意かどうかは別問題として。 今回は、そんな自分と読書と文章について書いてみよ…

子連れ温泉旅の寄り道。

普段はひとり温泉旅がスタンダードな自分でも、時には妻と子供との3人パーティで温泉旅に行きます。子供にも温泉旅を楽しんでほしいので、普段のひとり温泉旅では行かないような場所にも連れていっています。 今回はそんな場所をまとめてみましょう。ちなみ…

温泉街の定点観測

温泉旅歴11年。結構長く続いている趣味ではあります。 今は使える時間とお金にも限りがあるので、週末の温泉旅の行き先は、自宅から遠くない県で、なおかつ電車とバスで行ける温泉地になってきています。この条件に当てはまるところはそこまで多くなく、行き…

9月の温泉旅

9月はシルバーウィークがありますね。 敬老の日と秋分の日があって、祝日が多いので温泉旅に行きたくなります(温泉旅に行きたくなる、って毎月言ってますね)。とは言っても祝日が2日しかなく、祝日が土曜になったり、飛び石になったりで、実際は長い連休にな…

北陸新幹線あさま号に乗って、長野県の温泉へ。

北陸新幹線の長野から先はまだ乗ったことがありませんが、長野新幹線と呼ばれていたころから、長野までの区間はよく利用してきました。もちろん、沿線に多くの温泉地があったからです。 金沢まで新幹線が開通して、新しい列車「かがやき」「はくたか」が金沢…

温泉宿のおもひで

温泉宿へ泊まる目的は人それぞれだと思いますが、自分が温泉宿に泊まる一番の目的は、ゆっくり温泉で疲れを取る、です。静かな部屋、体を包むお湯、優しい和食。 20代のころから会社員を続けてきましたが、性格的にも体力的にもあまりタフではないこともあっ…

子供と2人で温泉旅に行けなかった件

前の記事で、子供と2人で温泉旅に行きましょなんつって記事にしていたのですが、 www.onsen-oh-yu.com 子供とふたり温泉旅をとはりきっていたところ、当日の朝に子供が胃腸炎でダウン、敢えなくキャンセル、という残念な結果になってしまいました。 正直ちょ…

子供と2人で温泉旅に行ってみようと思う

今年の夏の終わりが迫ってきています。7月はひとり温泉旅を堪能して、8月に家族旅行で温泉宿に泊まってきました。そして個人的なチャレンジ企画(企画?)の「子供との二人温泉旅」の出発日が近づいていてきています。 同行者が同行者なので、安全第一で行かな…

甲州ワインを飲んで、山梨県の温泉へ。

お酒の中でもワインが好きなんです、というと気取った感じに聞こえてしまうかもしれませんが、海外のワインは全く詳しくなくて、国産のぶどうで作られたメイドインジャパンのワイン、要は「日本ワイン」が好きなのです。 なので、ワインではなくて葡萄酒、と…

2泊3日ひとり旅 霊泉寺温泉・湯王温泉('15)

2015年のシルバーウィークの温泉旅のことを書いてみます。まだ8月ですが、何故だかとても涼しくて、拍子抜けしています。 この旅ですが、ルートがちょうど、高速道路「中部横断自動車道」とほとんど同じになりました。もちろん意図したわけではなくて、単に…

温泉宿のネット予約(幼児連れの場合)

我が家には幼児がおりまして、年に何度かは子連れで旅行に出かけます。ありがたいことに幼児はどんどん大きくなってきており、そろそろ宿泊の際に食事や布団もちゃんとつけないといけないな、と思えてきました。 今までは食事も布団もつけていなかったのです…

渋温泉 御宿炭乃湯に子連れ泊('17)

今夏の家族旅行は長野県になりました。泊まる場所は、夫婦で相談して、数年前に訪問して雰囲気が良かった渋温泉に決定。宿は自分がいくつか候補を選んで、その中から妻に選んでもらいました。ああ、この宿選びそうだな、と思った宿でした。 そんな風に妻が選…