温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

暑い夏でも、温泉旅へ。(甲信越編)

この記事を書いているのは梅雨の真っ最中なのですが、明けない梅雨はない、ということで、梅雨が明ければ、暑い夏。 おそらく一般的には「温泉」と言えば涼しい季節や寒い季節に入りたいなと思うもので、暑い季節に温泉に入りたいという人は少数派なのかもし…

関越交通バス「鎌田線」に乗って、老神温泉・尾瀬戸倉温泉(群馬県)へ。

尾瀬は群馬県・福島県・新潟県の境目、標高約1,400メートル(尾瀬ヶ原)の高地に広がる湿原で、夏から秋にかけて、様々な花が咲くところです。 尾瀬の周囲は山々に囲まれていますが、湿原地帯である尾瀬ヶ原は平たんな中を木の道(木道)が通っていて、歩いて回…

7月某日ひとり温泉旅 金曜の夜から長野県・美ケ原温泉へ(’17)

仕事帰りに家に戻らずまっすぐに温泉宿に向かうスタイルは、このブログでも結構おすすめしています。 おすすめするということは、もちろんやったことがあるわけなのですが、今回は初めて職場→温泉宿、をやった時の記録になります。 ゆったりした感じの旅には…

静かな温泉旅のブログで、よく読まれている記事ランキング

久しぶりに、このブログでよく読まれている記事をランキング形式で紹介してみます。 よく他のブログで「このブログで最初に読んでほしい10記事」とか「おすすめ記事10選」みたいなのがありますが、自分で書いた記事を自分で勧めるのも恥ずかしく。 客観的に…

5月某日ひとり温泉旅 温泉街のワイナリーと山梨県・石和温泉郷へ(’16)

おそらく山梨県の温泉の中で最も有名だと思われる、石和温泉。 というものの個人的にはあまり縁がなく、学生時代に何人かで旅行で行ったことがある程度でした。 温泉宿探しをするとき石和温泉も候補にするのですが、お手軽にひとり泊できる宿があまりない印…

湯田中渋温泉郷:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

長野県の北部にある「湯田中渋温泉郷」。 志賀高原の玄関口で、温泉に入る野生のニホンザル「スノーモンキー」でも有名。特に海外からの観光客が多いエリアです。 確かに、渋温泉をはじめ、古い日本の雰囲気が多く残っているので、散策してみるのも楽しいと…

温泉旅からエクストリーム出社、を考える

先日「エクストリーム出社」なる言葉があることを知りました。 エクストリーム出社は、早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツ。また、リフレッシュを主目的としてレジャーを楽しむ、早…

千曲バス「青木線」に乗って、田沢温泉・沓掛温泉(長野県)へ。

千曲バス(ちくまバス)は、長野県東部でローカル路線バスを走らせている会社です。 自分がよく利用する千曲バスは、上田市の鹿教湯温泉(かけゆおんせん)方面に向かう「鹿教湯線」で、以前記事を書いたことがあります。 www.onsen-oh-yu.com 今回は同じく、上…

温泉旅と、記録とブログ

このブログは2016年の夏にオープンしました。2006年の夏に初めてひとりで温泉宿に泊まってから、ちょうど10年後のこと。 ブログを始めてから今まで、10年以上の間に泊まってきた温泉宿の宿泊記録や、旅行記などを書いてきました。 中には、ブログを書いた時…

甲府駅に寄り道しつつ、山梨県の温泉旅へ。

山梨県への温泉旅と言えば、自分の中では甲府市内の甲府湯村温泉か、武田信玄の隠し湯こと下部温泉がメインの行き先です。 甲府駅は、甲府湯村温泉、下部温泉のどちらに行くときも通る駅で、それもあって、甲府駅での途中下車&寄り道も何度かしてきました。 …

2泊3日ひとり旅 沓掛温泉・下部温泉('19)

2019年のゴールデンウィークは、元号が変わることもあって長い10連休。 どこも混雑するだろうとは思ったのですが、混んでいるところにひとり旅をするのはあまり好きではないので、混んでなさそうな場所を選んで出かけてみました。 今回の旅の計画 1日目(東京…

沓掛温泉 叶屋旅館にひとり泊('19)

長野県、青木村にある沓掛温泉(くつかけおんせん)。 宿は2件、うち1件は「日本秘湯を守る会」の会員宿です。温泉までの交通機関は原則平日に走る村営バスのみ、という、なかなかハードルの高い温泉地でした。 しかも、大手予約サイトで「宿泊人数;1名」で検…

今まで縁のなかった温泉に行ってみようと思う

この記事の下書きを書いている頃は「もういくつ寝るとゴールデンウィーク」なのですが、自分も何とか連休中の温泉旅に出かけるめどがついています。 ゴールデンウィークはみんなが出かける時期で、自分みたいにひとりで出かける、という人には電車や宿の予約…

温泉宿の食事の量、多い? 少ない?

温泉宿にチェックインして、荷物を置いてお風呂に入ったりしていたらもう夕方。食事の時間が近づいてきました。宿でのお食事は温泉旅の楽しみのひとつです。 食事の会場に行ったり、お部屋にお食事が運ばれてくるのを待ったりして、ようやく食事とご対面。 …

高崎駅に寄り道しつつ、群馬県の温泉旅へ。

首都圏から群馬県の温泉に電車で向かうとき、ルート上、たいていは高崎駅を通ります。 高崎市は大きな町で駅も大きく、途中下車してちょっと寄り道、をしてみたところ、お土産屋さんも飲食店も結構充実していたのに気づきました。 それ以降、群馬県の温泉旅…