読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

群馬県 老神温泉のご紹介

温泉地まとめ 群馬県

温泉郷シリーズ、というのを何回かやって来たのですが、温泉郷ではないにしろ、リピートしているお気に入りの温泉地の紹介も、やってみたいと思います。
今回の老神温泉は、自分が尾瀬に何度も行っていたころから気になっていた温泉地だったのですが、2015年にようやく初訪問し、そこで気に入って・・・という場所です。

f:id:yu-snfkn:20161108221317j:plain

1.老神温泉へのアクセス

 

上越線「沼田」駅から、もしくは上越新幹線上毛高原」駅から尾瀬方面に行く路線バスが出ていますが、その一部が老神温泉を経由します。
温泉街は国道から少し離れているのですが、冬は全てのバスが老神温泉に寄らないので注意です。冬に路線バスで老神を目指す場合は、国道沿いのバス停から2キロほど歩くか、宿のお迎えをお願いするほかなさそうです。

ただし、一部の宿では、沼田駅上毛高原駅から無料送迎バス「じゃおう号」を走らせていて、その予約をすることも可能です。 

f:id:yu-snfkn:20161108221512j:plain

 

2.老神温泉のお店

はっきり言ってしまうと、お店の数は非常に少ないです。
飲食店は、旅館「東明館」に併設されている「ぎょうざの満洲」のみです。
商店は、旅館「楽善荘」が経営しているお店のみ。

日帰り温泉施設「華亭」で食事がとれるようなので、そこで食事のみいただくことが、もしかしたら可能かもしれませんが・・・

宿で話を伺うと、後継者不足が深刻なのだそうです。。
温泉街に、飲み屋っぽいお店が多数並んでいるのですが、恐らくどこもやってないのではないかと思われます・・・

f:id:yu-snfkn:20161108221645j:plain

ただ、早朝に観光協会の前で朝市が開かれていて、地元の特産品が安く買えます。

コンビニは、2キロ先の国道沿いにセブンイレブンがあります。 

 

3.老神温泉で泊まった宿

老神温泉は複数の源泉があり、硫黄泉だったり、単純温泉だったり、そのブレンドだったり、宿によって様々なのが面白いです。

【公式サイト】老神(おいがみ)温泉旅館組合|旅館・ホテルの宿泊検索予約・観光情報

と言いつつ、自分が泊まった宿はいずれも同じ源泉の宿ではあります。もっといろいろ泊まってみるのも楽しそう。

yu-snfkn.hateblo.jp

yu-snfkn.hateblo.jp

 

4.僕が老神温泉に行く理由

好きな理由はいくつかあるのですが、

  • 首都圏から割と近く、鈍行だけでも行ける。
  • ひなびた雰囲気が好き。
  • 泉質がとてもいい。

ひとり旅向きの温泉地だと思います。
車さえあれば、登山の前後泊にも使えますし、冬場は片品村のスキー場と一緒に利用するのも良さそうです。寂しい温泉街だなんて言いつつも、結構宿泊客は多くて、ちょっと安心したりもします。もっとお店があればよいのですが。。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村