温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

大湯温泉 湯元庄屋 和泉屋旅館にひとり泊('20他)

今回紹介する大湯温泉がある「湯之谷温泉郷」へは、個人的にも何度か行ったことがあります。

温泉郷、ということで、いくつかの温泉地が集まっていますが、大湯温泉はその中でも奥のほう。

湯之谷温泉郷の他の温泉地よりは宿やお店が多くあって、静かで小さいながらも温泉街があります。

(2017年7月、2020年10月宿泊)

 

建物とお部屋

ということで大湯温泉自体が割と鄙びている温泉街なのですが、ここ和泉屋さんも建物は古びています。

でもこういう昭和の懐かしい感じ、個人的には好きです。

f:id:yu-snfkn:20201104004724j:plain

玄関が2か所ありますが、フロントに近い方の玄関からチェックイン。

廊下を抜けた先に、客室や食堂のある6階建ての建物が繋がっています。

古びたエレベータでゆっくり、上の階へ。1度目の宿泊の時は最上階の6階、2度目は4階のお部屋に泊まりました。

f:id:yu-snfkn:20201104005742j:plain

入ってすぐのところにシャワー付きトイレと洗面所がありました。その奥は10畳くらいの広い和室で、既に布団が敷いてあります。

f:id:yu-snfkn:20201104005404j:plain

窓際にあった冷蔵庫には、既に飲み物が入っていました。外は佐梨川、その先は古びた他の旅館と、シーズンオフのスキー場。

f:id:yu-snfkn:20180220234353j:plain

テレビの下に、何やら古めかしい機械があります。

お金を入れられないようになっているのでもう使えないのでしょうけど、懐かしいVHSビデオ見られたり、ゲームができたようです。

f:id:yu-snfkn:20201104005501j:plain

温泉とお風呂

一番下の階(エレベーターでは2階になっていました)に、男女別の内風呂があります。

f:id:yu-snfkn:20180220234558j:plain

源泉かけ流しとのことで、加温や加水、循環や消毒は一切していない、無色透明の「天然水晶温泉」です。

f:id:yu-snfkn:20170801231821j:plain

入ってみると、内風呂のタイルがいい雰囲気。

f:id:yu-snfkn:20201104010213j:plain

出典: https://izumiya-oyu.com/spa.html

 

1度目の宿泊の時は夏で、お湯がやや熱めに感じたのですが、2度目は秋の宿泊で、熱すぎることはありませんでした。

お湯はマイルドで湯上りはさっぱり。この感じ、近隣の栃尾又温泉や折立温泉のお湯に似ている気がします。

 

お食事

2020年に宿泊した時は、お食事は夕食・朝食ともに2階の食堂でいただきました。(2017年の宿泊では、夕食のみお部屋でいただきました。)

f:id:yu-snfkn:20201104010735j:plain

お酒は3種類。地元魚沼市の「緑川」、有名な「八海山」、あとは小千谷市の「長者盛」と揃っています。

f:id:yu-snfkn:20201104011024j:plain

 

大湯温泉には、夕食を取れそうなお店が少なそうなので、遅い時間帯にチェックインするのでなければ、2食付のプランにした方が良いかも知れません。

2017年の夏に泊まった時は、宿泊プランにビアガーデンのワンドリンク無料券がついていました。

夕食の後ひと風呂浴びてから、宿の目の前にあったビアガーデンで一杯。

f:id:yu-snfkn:20170730225910j:plain

朝食も食堂にて。

2020年に泊まったときは、感染症対策ということでしょうか、ごはんとお茶はセルフサービスになっていました。

f:id:yu-snfkn:20201104011442j:plain

「大力納豆」は、この近辺の宿に泊まると朝食でよく出てきます。調べると、地元魚沼市の納豆でした。

f:id:yu-snfkn:20201104011718j:plain

個人的感想

大湯温泉は奈良時代の開湯ということで、長い歴史があります。

江戸時代は銀山の採掘で、昭和の頃は近くのダム建設工事で、それぞれかなり賑わったそうなのですが、今はひっそりしており、お店もまばらでした。

それでも、手前の折立温泉や奥の栃尾又温泉と同じく、温泉の質はとても良いです。

ちょっと寂れた温泉街で、川の音を聴きながらのんびりお湯に浸かって日本酒を飲んで、という時間の過ごし方が、とても贅沢だなと思えたのでした。

 

最新の宿泊プランは、予約サイト等をご確認ください。

 

JR上越線「小出」駅から栃尾又温泉行き南越後観光バスに乗り、約30分で「大湯温泉」バス停下車、歩いてすぐ。

www.onsen-oh-yu.com

和泉屋旅館は階段を下りた先にあります。 

f:id:yu-snfkn:20201104012303j:plain

なお、夏から秋に掛けてはJR上越新幹線の「浦佐」駅からも「奥只見ダム」行きのバスが出ており、このバスでも大湯温泉に行くことができます。

f:id:yu-snfkn:20201104012458j:plain

奥只見ダムの向こうは遥かな尾瀬。登山客が多そうなバスです。

f:id:yu-snfkn:20190427165717j:plain

公式サイト

izumiya-oyu.com

近くの宿の宿泊記録

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

関連旅行記

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20201104012623j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村