温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

往復10,000円で、首都圏からどこの温泉まで行ける?

ここ「静かな温泉ブログ」は、首都圏在住の自分が足を運んできた、主に北関東・甲信越への温泉旅について書いています。

何故に北関東・甲信越限定なの? というのはいたってシンプルでして・・・ええ、そうなんです。時間がない。予算もない。

書いてしまうと身も蓋もないことが理由だったりします。(苦笑)

家族もいるので、まあ自分ひとりでそんなにゆっくりできるわけでもないし、温泉旅も限られた自分のお金の中でやらないといけません。

旅行の予算の中でも、多くを占めるのが交通費と宿泊費。

特に交通費は遠くに行くほど高くなり、近くなるほど安くなります。また、早くて快適な手段を選べば高くなり、遅くて不便な手段を選べば安くなる。

できれば遠くに行きたいけれど、快適に移動したい! という難しい制約の中でやる温泉旅の交通費について、今回は書いてみます。

旅に出る余裕がないな・・・という方も、この静かな温泉ブログをご覧くださっているかと思います。

今回の記事が、旅に出る余裕がない方々の参考や後押しになれば嬉しいです。(今の自分も似たような状態ですが。) 

スポンサーリンク ?

交通費のマイルール

基本的には、自分の1回当たりの温泉旅の予算はある程度決めています。

往復の交通費については、10,000円以内に収まるように組んでいます。まあ、その時点の自分のお財布の寂しさ加減とご相談、ですが。

ただ、行った先で少しだけローカル線やローカル路線バスについては、10,000円その中に含めないようにしています。計算がちょっと面倒になるので。

10,000円以内ということは、片道だと5,000円。この縛りって結構きつくて、例えば定価ベースで計算した場合、あまり遠くへは行けません。

例えば、東京駅から各地への新幹線に乗った場合、片道5,000円で出かけられるのは、

  • 上越・北陸新幹線:高崎駅(群馬県)まで
  • 東北新幹線:宇都宮駅(栃木県)まで
  • 東海道新幹線:三島駅(静岡県)まで

このあたりです。新幹線は特急料金が高いのです。

新幹線ではない特急列車だったらもう少し特急券が安くなるので、

  • JR特急「草津」:終点の長野原草津口駅(群馬県)まで
  • JR特急「あずさ」:甲府の少し先、韮崎駅(山梨県)まで
  • JR特急「踊り子」:伊豆急下田行きは伊東駅(静岡県)まで、修善寺行きは、終点の修善寺駅(静岡県)まで
  • 東武特急「きぬ」:終点の鬼怒川温泉駅(栃木県)まで

あたりまで行くことができます。

f:id:yu-snfkn:20181015000146j:plain

工夫してみる

そう、定価で新幹線や特急列車に乗った場合は、長野県や新潟県へは行けなくなります。ただ、これはあくまで一番早い手段を使って、定価で行く場合の話。

そこで、交通費を削減するために、

  • 割引きっぷを利用して、新幹線や特急列車に安く乗る。
  • 普通列車や高速バス等、時間はかかっても安く行ける手段を利用する。

という方法を考えます。

スポンサーリンク  

割引を利用する

ここ「静かな温泉ブログ」は北関東・甲信越の温泉を主に取り上げており、この記事でもJR東日本で利用できる割引を紹介するのですが、割引は大きく2種類です。

  • ネット予約で新幹線や特急列車が10%~40%安くなる「トクだ値」
  • スマホアプリでの予約で新幹線が安くなる「モバイルSuica特急券」
トクだ値

「トクだ値」は、JR東日本のネット予約サイト「えきねっと」経由で新幹線や特急列車を予約して、駅で紙のきっぷを受け取るサービスです。

えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値:えきねっと限定のおトクな割引きっぷ

「お先にトクだ値」というのもあり、出発日より14日以上前に申し込むと、さらに割引率が高くなってお得です。

「トクだ値」が予約できるのは、主に以下の列車です。

  • 東北・北海道・山形・秋田新幹線。
  • 上越・北陸新幹線。
  • 首都圏発のJR東日本の特急列車(一部例外あり)。
  • JR北海道の特急列車(一部例外あり)。

新幹線の場合「やまびこ」「あさま」「たにがわ」「なすの」のように、途中の駅が終点で、止まる駅が多くて新幹線の中でも比較的遅い列車が安く予約できます。

新幹線以外の特急列車だと「あずさ」「かいじ」は高速バスというライバルがいるので基本的に安いです。「日光」「きぬがわ」は期間限定でかなり安くなります。

ただ、この静かな温泉ブログでも紹介している、草津温泉方面の特急「草津」は、トクだ値の設定がないようです。 

www.onsen-oh-yu.com

モバイルSuica特急券

「モバイルSuica特急券」は、おサイフケータイに対応した携帯電話にアプリをダウンロードし、携帯電話から新幹線を予約するものです。

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaを使う>モバイルSuica特急券

一部区間に、もっと割引率の高い「スーパーモバトク」というプランもあります。

モバイルSuica特急券のお値段は、ちょうど紙のきっぷの自由席料金より少し安い程度。基本的に指定席で、アプリ上で席の位置も決められます。

新幹線に乗るときは、アプリが入っている携帯電話を改札機にタッチします。

そんなモバイルSuica特急券を購入できるのは、東北・北海道・山形・秋田新幹線と、上越・北陸新幹線です。

東海道新幹線(JR東海)にも似たようなサービスはありますが、こちらは割引率はさほどでもないような・・・

なお、このモバイルSuica特急券、近々新しいサービスに移行されるので終了することになっています。割引が渋くならないと良いのですが。

f:id:yu-snfkn:20181014224934j:plain

安い手段を利用する

普通列車のグリーン車

新幹線や特急列車は特急料金がかかりますが、特急料金のかからない普通列車に乗って行けば、時間はかかりますが特急料金の分が浮きます。

まあ、普通列車に長時間乗るのは結構しんどいのですが、最近はグリーン車がある普通列車が増えてきました。

グリーン車なら快適ですし、グリーン料金はたいてい、特急料金より安いです。

グリーン車が走っているのは、主に以下の区間です。

  • 群馬県方面:主に高崎駅まで。(一部の列車はその先の前橋駅まで)
  • 栃木県方面:主に宇都宮駅まで。(一部の列車はその先の黒磯駅まで)
  • 静岡県方面:主に熱海駅まで。(一部の列車はその先の伊東駅、沼津駅まで)

あとは、この静かな温泉ブログへは登場しませんが、常磐線、横須賀線、房総方面にもグリーン車付きの普通列車が走っています。 

www.onsen-oh-yu.com

高速バス

高速バスも便利です。静かな温泉ブログに出てくる温泉までまっすぐ向かうバスも多いですし、首都圏と地方都市とを結ぶバスはもっと多いです。

静かな温泉ブログで紹介している温泉にまっすぐ行く高速バスがあるのは、

  • 群馬県:草津温泉、四万温泉、伊香保温泉
  • 栃木県:那須温泉、塩原温泉、鬼怒川温泉
  • 山梨県:石和温泉、甲府湯村温泉
  • 長野県:上諏訪温泉、下諏訪温泉、別所温泉

思いつくだけでも、こんなにあります。

f:id:yu-snfkn:20181015000257j:plain

高速バスのお値段は、基本的にはだいたい新幹線や特急列車の半額程度です。

ただ、高速道路を走るので、道路が渋滞すると時間が多くかかってしまいます。

また、高速バスはそれこそ首都圏から日本中へと出ていますが、長距離・長時間の利用は結構体力を使うので、乗車時間はだいたい4時間以内を目安にしています。

とある湯治に関する本で、体への負担を考えて移動時間は3時間以内にしておくのが良い、と書かれていたのを見たことがあります。(本の名前は失念・・・)

それを参考にして、まあ、4時間以内かな、と。

スポンサーリンク  

往復10,000円でどこまで行ける?

それでは、県別にみていきましょう。10,000円で、どこまで行ける?

長野県

南北に広い長野県。上田、長野方面へは北陸新幹線で、諏訪、松本方面へは中央本線の特急あずさで向かいます。

上田駅:「お先にトクだ値」か、高速バスで。

静かな温泉ブログでもたびたび書いていますが、上田駅は上田市内の別所温泉や鹿教湯温泉、少し先の千曲市にある戸倉上山田温泉の玄関口です。

f:id:yu-snfkn:20181015000659j:plain

北陸新幹線の定価は片道6,000円台なので、定価での往復だと予算オーバー。

ということで新幹線「あさま」の「お先にトクだ値」は片道で5,000円を下回るので、何とか10,000円で往復できます。

また、高速バスは片道3,500円(西武バス・千曲バス。池袋からの定価)なので、それを利用する手もあります。 

www.onsen-oh-yu.com

長野駅:基本的には高速バスで。

長野駅から長野電鉄に乗って湯田中渋温泉郷などの温泉に向かうときに長野駅まで北陸新幹線を利用したりします。

東京から長野までの新幹線の定価は、片道8,000円前後。先ほどの「お先にトクだ値」を利用しても5,000円を少し超えてしまいます。

ということで、高速バスの利用を検討。片道で2,000円台~4,000円台となるので、片方をバス、片方を新幹線にしても10,000円以内で収まることもあります。 

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20181015000554j:plain

上諏訪駅・下諏訪駅:「トクだ値」で。

諏訪地方も温泉が多くて、上諏訪温泉、下諏訪温泉などの温泉があります。

特急あずさ号の定価は6,000円前後で予算オーバーですが、トクだ値は35%オフとお得でして、片道は4,000円台に下がります。

あずさ号のトクだ値が安いのは、高速バスと競合しているからでしょうね。高速バスだと片道3,000円そこそこで利用できます。

※2019年春より、特急あずさのサービス改定が予定されており、価格も変更になる見込みです。

f:id:yu-snfkn:20181015000447j:plain

松本駅:「トクだ値」で。

市内に浅間温泉、美ケ原温泉があり、あとは少し離れますが乗鞍高原温泉や白骨温泉なども松本市内です。

先ほどの諏訪のさらに先になるので、特急あずさの定価の場合は予算オーバー。というわけで、片道4,000円台で利用できるトクだ値できっぷを買うことになります。

※2019年春より、特急あずさのサービス改定が予定されており、価格も変更になる見込みです。

新宿から松本までを走る高速バスは片道3,500円です。 

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20181015000737j:plain

群馬県

上越新幹線が県内を南北に通っています。また、県の西部、四万温泉、草津温泉方面には特急草津号も走っています。

渋川駅:基本的には予算内

伊香保温泉の最寄り駅です。新幹線の駅はないので、電車で行くなら以下の3パターンです。基本的には、どのプランでも予算内です。

  1. 新幹線で高崎まで、高崎から普通電車
  2. 普通電車のみ。高崎などで乗り換え。
  3. 特急草津号のみ。

1の新幹線を利用するプランは、新幹線を自由席にすれば、定価でも渋川駅までトータル5,000円以内で行くことができます。

ただ、高崎駅までは「お先にトクだ値」や「スーパーモバトク」等があるので、それらを利用して安く高崎駅まで行った方が良いですね。

高崎駅からは普通のきっぷ、もしくはSuica等のICカードで普通列車に乗ります。

f:id:yu-snfkn:20181014230137j:plain

2の普通電車利用であれば、予算内であることはもちろん、さらに安くなります。

3の特急草津号は上野駅から出発し、まっすぐ渋川駅まで行ってくれます。

高速バス「上州湯めぐり号」などのバスもあり、さらに安く行くこともできます。 

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20181015000816j:plain

上毛高原駅:トクだ値で

上毛高原駅は上越新幹線の駅です。山の中のちいさな駅ですが、水上温泉郷や猿ヶ京温泉、老神温泉などに向かうバスが出ています。

f:id:yu-snfkn:20181014230229j:plain

新幹線は自由席でも5,000円を少し超えてしまうので「トクだ値」等で割引すれば予算内に収まります。

渋川までと同様に、高崎駅まで新幹線に乗り、高崎駅から先をJR上越線にする方法もあります。その場合に降りる駅は、行き先の温泉によって様々です。

  • 老神温泉:沼田駅
  • 猿ヶ京温泉:後閑駅
  • 水上温泉:水上駅

その場合も「トクだ値」等で高崎までの新幹線を安くして、予算内に収めるようにします。

f:id:yu-snfkn:20181015000859j:plain

中之条駅・長野原草津口駅:草津号か、高速バス

草津温泉、四万温泉など、吾妻線沿いの温泉に行く場合も渋川駅と同じ3パターンです。中之条駅は四万温泉の、長野原草津口駅は草津温泉の最寄り駅です。

  1. 新幹線で高崎まで、高崎から普通電車
  2. 普通電車のみ。高崎などで乗り換え。
  3. 特急草津号のみ。

新幹線を利用する場合は定価だと予算オーバーになるので、トクだ値等を使って安くします。

普通電車のみでも良いのですが、結構長旅になるので、乗り鉄がお好きな方以外にはちょっとハードかもしれません。となると草津号でまっすぐ行くのが一番良さそう。

高速バスなら「上州湯めぐり号」や「四万温泉号」などがあり、いずれも電車より安く温泉までまっすぐ連れて行ってくれます。 

f:id:yu-snfkn:20181015001123j:plain

山梨県

中央本線が東西に通っています。東京都のすぐ西にある県なので、予算内で収まるパターンが多いです。

甲府駅・石和温泉駅:予算内

首都圏から甲府へは、定価で特急に乗っても片道で4,000円前後で予算内です。「トクだ値」の割引率が高いので、事前に予約するならトクだ値を利用しましょう。

※2019年春より、特急かいじのサービス改定が予定されており、価格も変更になる見込みです。

www.onsen-oh-yu.com

もっと節約したい場合は高速バスという手もあります。 

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20181015001301j:plain

下部温泉:一応予算内

下部温泉に首都圏から行く場合、甲府で乗り換えてJR東海の特急「ワイドビューふじかわ」に乗ることになります。 

www.onsen-oh-yu.com

甲府まで特急かいじ号、甲府から特急ふじかわ号と、2つの特急を乗り継いでいくのですが、自由席だと新宿~下部温泉がトータル5,010円。惜しい!

この場合、乗車券を「新宿→甲府(もしくはSuica)」「甲府→下部温泉」と分割すると、あら不思議、自由席特急券も加えて5,000円を下回るというマジックがあります。

もちろん、かいじ号の料金を「トクだ値」にして安くすれば、さらに安くなります。

f:id:yu-snfkn:20181015001353j:plain

栃木県

那須・塩原方面へは東北新幹線を利用します。日光・鬼怒川方面は東武線が便利です。

那須塩原駅:普通列車でいいかも

その名の通り、那須温泉郷や塩原温泉郷の玄関口です。ここまでの行き方は主に3種類。

  1. 東北新幹線で直接
  2. 東北新幹線で宇都宮まで行き、宇都宮から普通電車に乗り換える
  3. 普通電車のみ。宇都宮などで乗り換え。

1(東北新幹線のみ)は定価だと予算オーバーになるので「お先にトクだ値」で安くする必要があります。

2(東北新幹線+普通列車)は、宇都宮まで「お先にトクだ値」「スーパーモバトク」等を買い、宇都宮から普通のきっぷ、もしくはSuica等のICカードで乗ります。

「トクだ値」を利用しても、ほぼ1のプラン(東北新幹線のみ)と金額的に変わりません。

3の普通電車利用でもいいのかな、と思っています。宇都宮駅で途中下車して、宇都宮餃子でもいただいてのんびりまいりましょう。

f:id:yu-snfkn:20181014233130j:plain

那須温泉へは高速バスが運行されています。塩原温泉へも、週末限定ですが高速バスがあります。まっすぐ行くのであれば、バスが便利です。 

www.onsen-oh-yu.com

東武日光駅・鬼怒川温泉駅:予算内

JRに比べると東武鉄道は乗車券も特急券も安いので、予算内で利用できます。

JRの新宿駅から、東武線の東武日光・鬼怒川温泉駅への特急もあり、こちらは少々お高くなりますが、それでも予算内ですし、期間限定の「トクだ値」もあります。 

www.onsen-oh-yu.com

 

f:id:yu-snfkn:20181014233615j:plain

新潟県

新潟県は、甲信越の3県のうち最も首都圏から遠いので、往復10,000円縛りが一番厳しい県ではあります。

越後湯沢駅:お先にトクだ値が必須

上越新幹線で行く場合は定価だと予算オーバーになります。ということで一番割引率の高い「お先にトクだ値」を取る必要があります。

「お先にトクだ値」は、「とき」ではなく本数の少ない「たにがわ」限定なのですが、スキーシーズン以外は意外と取りやすい印象です。 

www.onsen-oh-yu.com

高速バスもありますが、バス停が関越自動車道の湯沢インターチェンジ内にあり、越後湯沢駅からは徒歩20分以上と、少し離れています。

f:id:yu-snfkn:20181014234501j:plain

六日町駅・小出駅:たにがわ最安値&普通列車

六日町温泉(六日町駅)や湯之谷温泉郷(小出駅)の最寄り駅です。越後湯沢駅からJR上越線で向かいます。

先ほど書いた、たにがわ号の「お先にトクだ値」で越後湯沢駅まで行き、普通列車に乗り換えれば予算内で行けます。

途中、上越新幹線の浦佐駅があり、そちらの方が場所的には近いのですが、浦佐まで新幹線で5,000円以内で行くすべはありません。。。

高速バスも、ハイシーズンを除き予算内です。ただ高速バスは関越自動車道のインター内に停まるので、駅までは数キロ離れています。

f:id:yu-snfkn:20181014235146j:plain

長々と書いてしまいました

以上、何だか長文になってしまいました。。

もちろん、往復10,000円縛りというのを厳しくやっているわけではありません。例えば10,100円になったから予算オーバーで断念、とかそんな悲しいことは避けたく・・・

あくまで目安として、予算内で行けるのはこの辺までだから、この辺で宿を探そう、という風にやっています。

電車やバスの乗車券の計算は複雑で、この記事を書くのに相当時間がかかってしまいましたが、もしこの記事が何かの参考になれば嬉しいです。

本当に長くなってしまったので、今回はこの辺で!

f:id:yu-snfkn:20181014235845j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。