温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

塩原畑下温泉 金色夜叉起草旅館 清琴楼にひとり泊('16)

栃木県塩原温泉・清琴楼(公式サイト)

久しぶりに温泉に泊まってきました。時間があまりなかったので、比較的近くて交通の便も良い塩原温泉で探して見つけた宿が、ここ「清琴楼(せいきんろう)」でした。

「金色夜叉(こんじきやしゃ)」。国語の授業で教わった記憶がかすかにありますが、戦前の小説で、その作者の尾崎紅葉が泊まった宿なのだそうです。

もともとは他の名前の宿だったのを、「金色夜叉」に出てきた宿の名前「清琴楼」に変えたのだそうです。そんなレトロな感じが気になったのでした。

清琴楼のある畑下(はたおり)温泉は塩原温泉郷の手前側にあります。電車とバスを乗り継いで、行ってきました。

(2016年12月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

清琴楼は、畑下のバス停でバスを降り、階段を下りた先にあるいくつかの宿の1件です。

本館、別館、第2別館の3棟あり、一番古い本館は築100年以上(今はその建物には泊まれませんが)という、かなり歴史のある宿です。

f:id:yu-snfkn:20170404163823j:plain

現在の清琴楼の玄関は別館のものでした。入ると、ロビーは新しくなっていました。

f:id:yu-snfkn:20180428232633j:plain

昔のパンフレット、ブラウン管のテレビ、古いカメラ、ジュークボックス等々、古いモノたちが飾られています。

f:id:yu-snfkn:20170404164010j:plain

そのまま、別館の2階にある部屋に案内されました。

木造の建物だからか、歩いていて少し揺れる感じがします。部屋も畳が古くて歴史を感じましたが、きれいに掃除されていて特に気になることはありませんでした。

部屋には「入浴中」という立て札が置いてあります。これを持ってお風呂に行き、脱衣所の入り口にかけておけば、貸し切りでお風呂が楽しめるようになっていました。

この日は宿泊客が少ない日だったのでしょうか。

f:id:yu-snfkn:20180107223119j:plain

温泉とお風呂

お風呂は男女別の内風呂と、家族風呂があります。露天風呂もあったのですが、2015年の大雨の被害を受け、今はお休み中とのことでした。

内風呂は「静の湯」と「ラッキー風呂」の2つ。夜に男女が入れ替えになるようです。

温泉の紹介(公式サイト)

「ラッキー風呂」(変わった名前ですね)はリフォームして間が経っていないようで、きれいでした。

f:id:yu-snfkn:20170801224410j:plain

ネットの情報によれば、お湯が熱いとのことだったのですが、この日は雪の舞う寒い日で、温泉も適温、ゆっくり浸かれました。

スポンサーリンク  

お食事 

素泊まりプランでの予約だったので食事はいただいていません。

周囲にも、食事できるお店は多くなさそうです。今回はやや遅めのチェックインになったので、先に宇都宮で食事を取ってから向かいました。

なお、「じゃらんnet」によると、2食付プランは1日2組限定となっています。

食事ではありませんが、ロビーでコーヒーがいただけるようになっていたので、チェックアウトの際にいただきました。

f:id:yu-snfkn:20180107224038j:plain

「紅葉の間」

朝になって、一番古い本館の建物を見てみます。

本館の2階に、「金色夜叉」の作者、尾崎紅葉の泊まった「紅葉の間」がありました。

建物自体は土台以外はほとんど当時のままとのことで、隙間風が入ってくる寒い中、ミシミシ言う廊下を歩きます。障子を開けると、紅葉の間がありました。

f:id:yu-snfkn:20161215222222j:plain

この本館の探検が結構面白く、古いポスターや山の模型等々、面白いものがいろいろ展示されていました。

古い建物の宿って、こういうところが面白いので、好きなんです。古いからって、泊まるのを敬遠とかしないでほしいなと思います。

f:id:yu-snfkn:20180107223739j:plain

まとめ 

安く泊まれて、いい温泉に入れて満足です。

帰りを急ぐ旅だったので、早めにチェックアウトしました。でももう少しのんびり過ごしたかったなぁと、今さらながら思ってしまうのでした。

おすすめポイントは以下の通りです。

  • かけ流しの温泉にゆっくり入れます。
  • 古い建物がお好きな方には楽しんでいただけると思います。

なお、宿泊料金は7,312円でした。

(宿泊料6,400円+コーヒー250円+消費税512円+入湯税150円)

2016年12月、土曜日の1名泊。素泊まりプランです。

f:id:yu-snfkn:20161215222638j:plain

アクセス 

JR「西那須野」駅から塩原温泉バスターミナル行きJRバスに乗り「畑下」下車。

f:id:yu-snfkn:20180410005421j:plain

近くの宿

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20180410005532j:plain

金色夜叉起草旅館 清琴楼(じゃらんnet)

さて、今度はどこへ行こうかな。 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村