温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

JRバス関東「塩原線」に乗って、塩原温泉郷(栃木県)へ。

JRバス関東(正式名称は「ジェイアールバス関東」ですが、この記事では「JRバス関東」と書きます。)は、JR東日本のグループ会社。

関東地方とその近辺で、高速バスとローカル路線バスを走らせています。

自分のように、静かな温泉旅を楽しんでいる人にとっては、駅と温泉とを結ぶバスは貴重な存在。

JRバス関東では、群馬県の草津温泉や、栃木県の塩原温泉までのバスを運行していますが、今回は、塩原温泉に向かう「塩原線」について、です。

※塩原本線、という呼び名もありますが、この記事では塩原線、で統一します

 

塩原線の概要

塩原線はJR那須塩原駅・西那須野駅と、塩原温泉バスターミナルとを結んでいます。

東西に長い塩原温泉郷の中に多くのバス停があり、多くの宿がバス停から歩いてすぐの場所にあるのが便利。

また、本数も1時間に1本程度と地方のバスの中では比較的多めなので、途中下車して観光地や散策スポットを見てから次のバスに乗る、ということも可能です。

冒頭に書きましたが、運行会社はJRバス関東です。

www.jrbuskanto.co.jp

所要時間・運賃・本数

所要時間

所要時間は以下の通りです。

  • 那須塩原駅~塩原温泉バスターミナル:約1時間10分
  • 西那須野駅~塩原温泉バスターミナル:約45分

那須塩原駅発(あるいは、那須塩原駅行き)のバスは、西那須野駅を経由します。

那須塩原駅と西那須野駅とは、JR宇都宮線でお隣どうし。

那須塩原駅は東北新幹線も停車するので、新幹線を利用する場合は那須塩原駅から乗るのが便利です。

  • 那須塩原駅:東北新幹線と宇都宮線
  • 西那須野駅:宇都宮線

f:id:yu-snfkn:20200209011953j:plain

運賃

運賃は以下の通りですが、塩原温泉へ1泊するのであれば「塩原渓谷フリーきっぷ」を買うとお得に。

  • 那須塩原駅~塩原温泉バスターミナル:1,190円
  • 西那須野駅~塩原温泉バスターミナル:940円

なお、Suica等の交通系ICカードは使用できません。

ただ、2021年には栃木県内のバス会社がICカードを導入する予定となっており、その頃にはSuicaが使用可能になっているかもしれませんね。

塩原渓谷フリーきっぷ

「塩原渓谷フリーきっぷ」は、こんなきっぷです。

  • 那須塩原駅・西那須野駅から塩原温泉エリアまでの往復きっぷ。
  • 有効期限は2日間なので、塩原温泉の宿で1泊してもOK。
  • 途中の「千本松」バス停から塩原温泉バスターミナルまでの乗り降りは自由。
  • 那須塩原駅からの「塩原渓谷フリーきっぷ」は2,050円(定価で往復するよりも330円お得)
  • 西那須野駅からの「塩原渓谷フリーきっぷ」は1,650円(定価で往復するよりも230円お得)

という風にお得なので、往復するなら買っておくのが良いでしょう。駅からバスに乗った際に、運転手さんから買いましょう。

f:id:yu-snfkn:20200209011832j:plain

高速バスとの乗り継ぎ割引

都内の「バスタ新宿」と那須温泉とを結ぶ高速バス「那須・塩原号」というバスがあります。

www.onsen-oh-yu.com

この記事の路線バス「塩原線」と、高速バス「那須・塩原号」は、途中のバス停「アグリパル塩原」で乗り継ぐことができます。例えばこんな風に。

  • 新宿→(高速バス那須・塩原号)→アグリパル塩原→(路線バス塩原線)→塩原温泉

この場合、乗り継ぎ割引が適用されて、路線バス塩原線の運賃が少し安くなります。

 

本数

だいたい1時間に1本走っているので、温泉地に行くバスの本数としては多い方かと思います。

  • 那須塩原駅~塩原温泉バスターミナル:1日5本
  • 西那須野駅~塩原温泉バスターミナル:平日は1日15本、土日祝日は1日14本

那須塩原駅を出る、もしくは那須塩原駅に着くバスは日中のみの運行になっています。

ということで、那須塩原駅発のバスがない時間帯に塩原温泉に向かう場合は、西那須野駅から乗ることになります。

 

最終バスの時刻

都内から新幹線を利用して、塩原線の最終バスに乗る場合は、18時台に東京駅を出ることになります。

  • 東京18:36→(東北新幹線)→那須塩原19:51/20:06→(JR宇都宮線)→西那須野20:11/20:15→(路線バス塩原線)→塩原温泉バスターミナル21:00

f:id:yu-snfkn:20200209012348j:plain

夜の時間帯は那須塩原駅からのバスがないので、新幹線で那須塩原駅に着いたら、宇都宮線に乗り換えて、お隣の西那須野駅からバスに乗ります。

ちょっと乗り換えが増えますね。.

一応、21時ごろまでチェックイン可能な宿もありますし、温泉街の中心部に行けば、若干ではありますが、夜に営業しているお店もあります。

f:id:yu-snfkn:20200209011343j:plain

塩原線に乗ってみた

それでは、バスに乗って塩原温泉まで行ってみましょう。

あいにく自分が那須塩原駅からこのバスに乗ったことがないので、今回は西那須野駅スタートということで。

f:id:yu-snfkn:20200209011629j:plain

西那須野駅~千本松

駅の改札を出て右側の階段を降りると、塩原線のバス乗り場があります。

f:id:yu-snfkn:20200209011742j:plain

その先にはJRバスの営業所があり、往復する場合にお得な「塩原渓谷フリーきっぷ」は、営業所が開いていれば、ここでも買えます。

まあ、バスの中で運転手さんから買うのが間違いないと思いますが。

さて、やってきたJRバスは、行き先表示に温泉マークが入っています。(なお、帰りの那須塩原駅行きの場合は、新幹線マークが入っています。)

さて、前のドアからバスに乗り、運転手さんからフリー切符を買って、いざ出発。

バスが駅のロータリーを出て、駅を背に西那須野の静かな町を抜けていきます。ひたすらまっすぐ。

町はやがて途切れ、平地が増えてきます。東北自動車道の西那須野塩原インターを過ぎると、千本松バス停。広大な「千本松牧場」があります。

f:id:yu-snfkn:20200209012110j:plain

ここから先が「塩原渓谷フリーきっぷ」の乗り降り自由になる区間なので、ここで降りて牧場で少し遊んでから、次のバスで塩原に向かうのも良さそう。

 

千本松~塩原大網

バスは広い道に出てからすぐ左折し、アグリパル塩原へ。ここは道の駅で、先ほど書いた通り、都内からの高速バスと乗り継ぎができます。

さて、ここからバスは徐々に坂を登っていき、車内の音声アナウンスでも、いよいよ塩原渓谷に入ることを告げます。

カーブが多いところで、バスはくねくねと曲がりつつ登っていくのですが、やがて新しいトンネルに入ります。このトンネルはまっすぐ。

トンネルの先は橋の工事中(2020年2月現在)。橋が開通すれば、カーブの少ない道になりそうですね。

で、バスはトンネルを抜けるとぐいっと右に曲がり、塩原大網バス停を通ります。塩原温泉郷の一番手前、大網温泉があります。

道路から見て下のほうを流れていたはずの箒川が、いつの間にか左に寄り添ってきています。

塩原大網~塩原温泉バスターミナル

バスは時々、降りる人のいないバス停でも止まり、後ろの車を先に行かせたりしながら温泉街へと入っていきます。

塩原福渡、塩原塩釜、塩原畑下、塩原門前と、温泉の名前が入ったバス停が続きます。

f:id:yu-snfkn:20200209012444j:plain

車内の音声アナウンスでも「〇〇ホテル、〇〇旅館にお越しの方はこちらでお降りになると便利です」といった案内が流れ、少しずつお客さんが降りていきます。

塩原畑下バス停を過ぎると、道沿いには温泉宿だけではなくお店も増えてきて、最後は橋を渡り、終点の塩原温泉バスターミナルに到着。ご乗車お疲れさまでした。

f:id:yu-snfkn:20200209011454j:plain

ここから先、中塩原温泉、上塩原温泉方面へは、別なバス「ゆ~バス」が出ています。

ゆ~バスに乗って塩原温泉郷を抜け、野岩鉄道の「上三依塩原温泉口」駅に出れば、鬼怒川温泉や会津方面に電車で向かうことができます。

f:id:yu-snfkn:20200209011524j:plain

まとめ 

那須塩原駅・西那須野駅から塩原温泉に向かうJRバス「塩原線」は、本数も比較的多くて便利です。

駅からバスに乗る際は、運転手さんからフリーきっぷを買うのがおすすめ。

バスは観光できる牧場や、渓谷の散策ができる場所を通り、塩原温泉郷のあちこちに停車しつつ、温泉街の中心部にあるバスターミナルまで向かいます。

f:id:yu-snfkn:20200209012639j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村