温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

発哺温泉 西発哺温泉ホテルにひとり泊('14)

志賀高原 西発哺温泉ホテル(公式サイト)

志賀高原の岩菅山(いわすげやま)登山の前泊に利用した宿です。

岩菅山の登山スタート地点までゴンドラリフトで登る計画にしていたので、そのゴンドラリフトの乗り場にほど近い発哺(ほっぽ)温泉に泊まることにしました。

しかし不思議な名前の温泉地です。

普段はじゃらんnetもしくは楽天トラベルで予約するのですが、今回は宿のホームページから予約しました。自社サイトからの予約が一番安かったのです。

(2014年8月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

長野駅から長野電鉄で終点の湯田中まで向かい、そこから志賀高原方面に向かう路線バスに乗ります。 

www.onsen-oh-yu.com

発哺温泉のバス停は国道を横道にそれて少し行った先にありました。バス停の近辺は廃業したらしい宿がいくつかある寂しいところです。

f:id:yu-snfkn:20180528223100j:plain

そこから林道を10分そこそこ歩いた先に西発哺温泉ホテルはありました。後で聞きましたが、バス停から電話すれば迎えに来てもらえたそうです。

f:id:yu-snfkn:20170527121546j:plain

昭和を思わせる古い建物です。

f:id:yu-snfkn:20170527122120j:plain

玄関前ではワンちゃんとコマクサがお出迎え。コマクサ、というあたりが、標高の高いところに来たなと感じさせてくれます。そう、ここは標高1,600メートル。

f:id:yu-snfkn:20180406225111j:plain

f:id:yu-snfkn:20180528223302j:plain

標高が高いところで部屋からの眺めは良さそうでしたが、猿が入ってくるとのことで、窓の開けっ放しは不可とのことでした。

f:id:yu-snfkn:20180528223447j:plain

温泉とお風呂

男女別の内風呂があります。露天風呂はありませんが、窓ガラスが大きいので景色はよく見えます。

館内施設|志賀高原 西発哺温泉ホテル(公式サイト)

湯の花が凄い量らしく、頻繁に掃除されているようです。少し濁った、かなり熱めの硫黄泉で、草津温泉にあるような、大きい湯もみの板がありました。

熱い温泉なので冬に楽しみたいところですが、スキー場の多い志賀高原なので、冬はスキー客で賑わいそうですね。

スポンサーリンク  

お食事

2食とも食堂でいただきます。山の食材がメインで、少しずつ出てくるので暖かいものは暖かいうちにいただけます。

f:id:yu-snfkn:20160814174325j:plain

どんな料理か、運ばれてくるたびに宿のご主人が説明してくださいました。

f:id:yu-snfkn:20180528223608j:plain

次の日は登山の予定でしたので、少し早い時間に朝食を用意していただきました。

f:id:yu-snfkn:20180528223742j:plain

その後、宿のご主人の運転する車で、発哺温泉のバス停まで送っていただき、いざ、登山へ。

スポンサーリンク  

雨に登れば

前の日の夕方は曇りだったので、雨が降りそうだから場合によっては登山を見合わせた方がいいですね、とご主人から言われていたのですが、すっきり晴れてくれました。

好天に恵まれていい気分で登っていたところ、登山中に大雨が降ってきて、退却したらその途中で雨がやみ、また晴れたのが悔やまれます。。

f:id:yu-snfkn:20170527122641j:plain

まとめ

宿のご主人が親切で食事も美味しく、温泉も熱いながらもいい温泉でした。

なお、宿泊料金は13,262円でした。

(宿泊料11,000円+お酒2杯1,280円+消費税982円+入湯税150円)

2014年8月、金曜日の1名泊。夕食・朝食付きプランです。

アクセス

長野電鉄「湯田中」駅より長電バス「奥志賀高原線」に乗り、「発哺温泉」バス停下車。そこから宿のお迎えがあります。

バスは途中での乗り換えが必要だったり、発哺温泉に寄らないバスがあったりするので、湯田中駅で確認してから乗ったほうが良いでしょうね。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村