温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

塩原温泉郷(中塩原温泉) 赤沢温泉旅館にひとり泊('16)

*2017/4/14 改訂

温泉の好みは断然、のんびり浸かれるぬるいお湯です。

今回ご紹介する、塩原温泉郷(中塩原温泉)の「赤沢温泉旅館」は、ネットのクチコミで、お風呂がぬるめの源泉かけ流しと書かれていたので、素泊まりプランで泊まってみました。その日は素泊まりプランしかなかったのですが、食事つきのプランもあるようです。

宇都宮で餃子を食べてから電車とバスを乗り継いで、塩原温泉バスターミナルへ。ここから宿へは少し離れているようでしたので、お迎えをお願いしていました。小柄な奥さんが運転する、ちいさな軽自動車に乗り込みます。

温泉街を北上し、途中で箒川を渡って、宿に着きました。一軒宿のたたずまいです。

f:id:yu-snfkn:20170414225134j:plain

建物とお部屋

中に入ると、大きな犬と小さな猫がお出迎え。宿のオーナーご夫妻が飼われているそうです。ワンちゃんはのっそのっそとやってきて、ネコちゃんは人懐っこく寄ってきます。

オーナーの奥さんが中国のご出身なのだそうですが、ワンちゃんと猫ちゃんには中国風の名前がつけられていました。

もとは他の旅館だったところを、今のご夫妻が数年前に買い取ったようです。リフォームしたのか、内装はちょっとした美術館のような雰囲気です。

お部屋は2階にありました。掃除が不十分、というクチコミをたまにネットで見かけるのですが、この時はそういうことはありませんでした。

f:id:yu-snfkn:20160723004507j:plain

温泉とお風呂 

温泉は源泉かけ流し。男女別の内風呂があり、それぞれ内風呂の向こうに露天風呂があります。

あとは有料の貸切風呂があります(今回は空いていたので、貸切風呂には入りませんでした)。内風呂は朝に入れ替えがあるので、両方のお風呂にはいれます。

露天風呂は、どこまでが風呂でどこまでが池?なのか、ちょっと分かりにくくもありました。

もともと温度の高くないお湯を加温せず使っているようで、ぬるめです。ゆっくりできて幸せだったのですが、露天風呂の先の方は、さすがにぬる過ぎな温度でした。

f:id:yu-snfkn:20160723004750j:plain

お食事

素泊まりのプランでしたが、朝食がサービスでついてきました。

廊下に並んだ席に座って、セルフでトーストを焼いてコーヒーを入れて、というシンプルなものではありますが、サービスですし、温泉宿でパンとコーヒーの朝食というのも、ちょっと幸せな気分になるのでした。

f:id:yu-snfkn:20170414230153j:plain

料金・アクセス

このときは素泊まり(朝は軽食付き)で5,000円(税別)とリーズナブルに泊まりました(2017年時点では税別5,500円になっているようです)。

安く泊まれる割には満足度はなかなか高い宿で、これまたリピートしてみたい宿ですね。なお2食付になると、休前日のひとり泊で11,900円(税別)になるようです。

アクセスは「塩原温泉バスターミナル」から宿の送迎をお願いするか、路線バス「ゆーバス」で「木の葉化石園」バス停下車、徒歩7分です。

「ゆーバス」は、塩原温泉バスターミナルと、野岩鉄道上三依塩原温泉口」駅から乗車できます。

宿の近隣に食事をとれる店はそう多くなさそうなので、素泊まりの時は食事をとってから行くか、割り切ってコンビニ等で買っていくしかないかも知れません。

コンビニは、10分そこそこ歩いて行った先にファミリーマートがありました。直線距離なら近いのですが、川の向こうなので近くて遠いです。

(2016年4月宿泊)

 

関連リンク

赤沢温泉、で検索すると、伊豆の温泉がヒットしますので、ご注意を。

akasawaonsen.com

www.onsen-oh-yu.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村