温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

湯宿温泉 ゆじゅく金田屋にふたり泊、子連れ泊('18他)

みなかみ 金田屋(公式サイト)

群馬県の湯宿(ゆじゅく)温泉には独身時代から何度もひとりで足を運んでいましたが、ここ金田屋にはひとりではなく、妻と何度か泊まってきました。

妻が金田屋の料理を気に入ったのです。夫に比べるとあまり温泉にこだわりのない妻なのですが。

子供が生まれてからも、子連れで1度泊まったことがあります。

「一人旅歓迎」を公式サイト上でうたっており、ひとり泊も可能です。

(2010年1月,2012年4月,2012年11月,2018年3月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

群馬県の北部にあって新潟県の県境に近い湯宿温泉は国道17号沿いにありますが、ここ金田屋も国道沿いにあります。

明治時代の創業という、歴史のある宿です。

建物は木造の2階建て。玄関前の道を挟んでもうひと棟あって、2階の渡り廊下でつながっています。

f:id:yu-snfkn:20180401223012j:plain

急な階段を上って2階の部屋に案内されます。お部屋も昔ながらの和室。冷蔵庫、洗面所がついています。トイレは部屋にはなく、共用でした。

f:id:yu-snfkn:20180424201721j:plain

部屋の位置によっては、国道17号を通り抜ける車の音がします。国道17号はトラックのような大きな車が割と頻繁に行き来します。

大型車はこの区間の高速道路(関越自動車道)を交通規制で通行できないので、代わりに国道17号を走っているようです。

ということで、音が気になる方は、予約される際に宿に相談した方がいいかもしれません。国道から離れているお部屋なら、車の音もさほど気にならないはず。

スポンサーリンク  

温泉とお風呂

1階に男女別の内風呂があります。湯宿温泉の源泉はかなり熱いのですが、金田屋の内風呂はお湯の量を調整して、入りやすい温度にしてあるようです。

入ってみると、とろみのある感じがするお湯です。飲泉もできます。飲むと少しだけ塩の味がしました。

かけ流し温泉|みなかみ 金田屋(公式サイト)

お風呂の入り口には湧き水のウォーターサーバーが用意されていて、湯上りに飲むと、ちょっと幸せです。

また、他の湯宿温泉の宿と同じく、宿泊者は宿で鍵を借りて、地元の方が使う外湯(共同湯)にも入れます。外湯の温度はかなり熱め。

f:id:yu-snfkn:20180401223056j:plain

お食事

お食事は2食ともに、1階の食事処でいただきます。以前は座敷でしたが、数年前からテーブル席になって食事がしやすくなりました。

金田屋のお食事は、地元の野菜をふんだんに使ったヘルシーな和食「自然流菜根料理」。

肉や魚が少なめですが、野菜をたくさん取れる食事で、お腹に優しいのが嬉しいです。

f:id:yu-snfkn:20180401223130j:plain

地酒も何種類かあり、「利根錦」「誉国光」をいただきました。地ビール「川場ビール」や地ワイン「奥利根ワイン」もあります。

f:id:yu-snfkn:20180403201914j:plain

4度目の宿泊の時は4歳の子連れだったので、子供用のお食事もつけました。一部は大人用と同じメニューですが、お子様メニューもきちんと作ってあります。

まずはエビ、ポテト、ウインナーの天ぷら。

f:id:yu-snfkn:20180403202240j:plain

↓こちらも何とお子様メニュー。ちょっと大人もつまんでみましたが、これもまた美味しかったのでした。

f:id:yu-snfkn:20180403202322j:plain

朝は温泉湯豆腐と、クコの実と生姜の入った温泉粥が出てきます。

f:id:yu-snfkn:20180401223221j:plain

食後にコーヒーをいただいて、ほっと一息。コーヒーは1階のカウンターでも飲めますが、お部屋でいただくこともできます。

f:id:yu-snfkn:20180403202526j:plain

牧水庵

金田屋は歌人、若山牧水が泊まった宿ということです。牧水が実際に泊まった部屋が、談話室「牧水庵」として残されています。4歳児と一緒に行ってみることにしました。

f:id:yu-snfkn:20180403202815j:plain

牧水庵は宿と繋がった蔵造りの建物です。急な階段を上った2階の部屋が牧水庵。

石油ファンヒーターが置かれていましたが、常時ついているわけではないので、最初は寒かったです。(寒い季節の宿泊でした)

静かな部屋には、牧水の著書や牧水関係の資料が残されています。

f:id:yu-snfkn:20180401222943j:plain

f:id:yu-snfkn:20180403203114j:plain

「さむいよー」「こどものほんがないねー」と4歳児が言うので、急な階段の下りに気をつけつつ、牧水庵を後にしたのでした。

スポンサーリンク  

まとめ

妻が金田屋のことを気に入ったので、家族でリピートしています。でもひとりでも泊まってみたいと思っています。
そんなゆじゅく金田屋のいいところは、、
  • 創業は明治時代の歴史のある旅館。建物も雰囲気があります。
  • 温泉はかけ流し。
  • お食事は野菜中心の健康的な料理です。

f:id:yu-snfkn:20180403203756j:plain

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20180424201606j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村