温泉好きのお湯

関東近郊を巡る、静かな温泉旅。今度はどこへ行こうかな。

川治温泉 坂聖・日光にひとり泊('22)

今回ご紹介する「坂聖(さかひじり)・日光」は、2020年にオープンした新しい温泉宿。

建物は既存のものを受け継いでいます。以前は「長生閣明月苑」という名前の宿で、2012年に泊まったことがありました。

その後経営が2度変わり、今は「坂聖・日光」という名前で営業しています。

旧・明月苑の建物が今どうなっているのか気になったこともあり、今回10年ぶりに予約してみました。

(2022年8月宿泊)

建物とお部屋

川治温泉の最寄り駅、野岩鉄道「川治湯元駅」から歩いて宿へ向かいます。駅からは一番近い宿かも知れません。

国道を歩いて行くと黒い建物があり、その脇に小さな入口があります。

門をくぐって中へ入ると、きれいで落ち着いた空間。この雰囲気、旧明月苑時代から変わっていませんでした。

靴のまま上がり、スタッフさんに案内され、カウンターの椅子に座ってチェックインの手続きをします。フロントの脇にはきれいな中庭。

スタッフさんがエレベーターに乗るまで荷物を持ってくださいます。中庭を眺めつつ廊下を渡って、エレベーターの前へ。

ここでスタッフさんから荷物を受け取り、エレベーターに乗って、今回のお部屋がある3階へと上がります。

さて、お部屋に入ります。

入ってすぐのところに冷蔵庫とコップ、ポットが用意されています。入口の脇には洗面所とトイレ、その奥にユニットバスもありました。

40平米のお部屋とのこと、広いです。(平米数で言われると、何だかホテルのお部屋のようですね。)

メインのお部屋は12畳。奥がカーペットと椅子、掘りごたつのあるスペースになっていました。

8月の宿泊でしたが、掘りごたつにはこたつ布団もセットされていました。

1名泊だったからでしょうか、最初から布団が敷いてありました。分厚いマットレスの、気持ちよい布団でした。

温泉とお風呂

1階に男女別のお風呂があります。夜は24時まで、朝は6時から入れました。朝に男湯と女湯とが入れ替わります。

それぞれのお風呂に「月の雫」「月の光」という名前がついていたのは、旧明月苑自体の名残なのかも知れません。

お風呂の造りはほぼ左右対称で、広さもレイアウトも、さほど変わりませんでした。

脱衣所の先には内風呂と、その先に露天風呂があります。

内風呂も露天も広々。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】坂聖-SAKAHIJIRI‐(@sakahijiri)がシェアした投稿

温泉分析書によれば源泉温度は47度とのことですが、宿のお風呂はぬるめで、夏でも長く気持ちよく入れました。

無色透明で匂いもしない温泉ですが、お風呂から上がるとぬくもりが続いて汗が引かなかったのは、やっぱり温泉だからでしょうか。

また、お風呂の入口には囲炉裏のようなスペースがあり、麦茶のサービスがありました。

お食事

夕食も朝食も、中庭を望む1階のレストランにていただきます。

チェックイン時に決めた食事の時間に行くと、テーブル席に案内されました。

夕食

ほとんど全部、最初から用意されています。

席に座るとスタッフさんが鍋に火をつけ、お造りを持ってきました。お造りにはゆば刺しが入っています。煮物にもゆば。

飲み物のメニューを見て、栃木県内にある宇都宮酒造の冷酒「四季桜」を注文しました。

地酒は栃木県産がメインで数種類、ビールも日光の地ビールがあります。イチゴの果実酒もありました。

食事のボリュームは少し控えめな気がします。まあ、多すぎても困るので、個人的には適量です。

あらかた食べ終わった後でスタッフさんに声をかけ、ごはんとお吸い物、デザートを持ってきていただきました。

朝食

翌朝のお食事も、夕食の時と同じテーブルにていただきます。

席に着くと、スタッフさんがごはんとお味噌汁を持ってきました。

前の日の夕食が程よい量だったので、朝もそれなりにお腹が空いていて、美味しくいただけます。

食後は、ロビーにてコーヒーのサービスがあるとのこと。

食べてからロビーに行くと、フロントにいたスタッフさんがコーヒーを持ってきてくださり、中庭を眺めながらゆっくりいただきました。

個人的感想

2012年の旧明月苑に泊まった時から変わらず、設備はきれいなまま保たれていました。

この整っていてきれいな雰囲気、女性好みの感じかも知れません。そう言えば、旧明月苑を予約した時も、妻がこの宿を選んだのを思い出しました。

和室の温泉宿ですが、旅館というよりはビジネスホテルのようなサービスかな、と言う印象。スタッフさんの接客も、いい意味でさらっとした感じです。

温泉も良く、きれいな部屋でくつろげました。

ここ数年で経営が2度変わっているので、この宿は長く続いてほしいなと思います。

宿泊プラン・料金は予約サイトをご覧ください。

(今回は、2022年8月に利用可能だった「県民割(県民一家族一旅行)」を利用して宿泊しています。

 

なお、旧明月苑に泊まった記録はこちらに残してあります。文章も写真も少ないのですが。

www.onsen-oh-yu.com

アクセス

野岩鉄道 会津鬼怒川線「川治湯元」駅下車、徒歩5分。 
都内から乗り換えなしで川治湯元駅まで行ける特急「リバティ会津」が便利です。所要時間は3時間程度。
また、東武鬼怒川線「鬼怒川温泉」駅から湯西川温泉行きの日光交通バスもあります。

www.onsen-oh-yu.com

宿の最寄りバス停は「東山閣前」です。

関連リンク

近くの宿の宿泊記録

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

この宿が出てくる旅行記

www.onsen-oh-yu.com

さて、今度はどこへ行こうかな。