温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

浅間温泉 尾上の湯旅館にふたり泊('11)

だいぶ昔のことですが、「白線流し」というドラマがありまして、数年前に妻とDVDをレンタルして見直していました。
ドラマの舞台は長野県の松本市で(白線流しという行為自体は飛騨高山らしいのですが)、ロケ地を見てみたいとの妻の希望で、松本に行くことにしました。

(写真は浅間温泉に再訪した時のものです。2016/12)

f:id:yu-snfkn:20170801230829j:plain

松本まで行くなら温泉に泊まろうと思って調べていると、これまたロケに使われた旅館があり、迷わず予約してみました。
特急電車で松本入りし、一通りロケ地巡り的なことをしてから、浅間温泉行きのバスに乗りました。
ちなみに松本はドラマや映画の舞台になることが多い街のようで、当時は映画「神様のカルテ」の舞台として、ポスター等をよく目にしたのでした。

尾上の湯旅館は、確か旅館の娘が主人公の同級生という設定でよく出てきていたのですが、はたしてチェックインすると、確かに見覚えがあるような感じ。
フロントの脇に、出演者のサインが入った色紙や、当時の新聞記事の切り抜きがかざってありました。
古くて雰囲気のある感じが気に入りました。大正時代の建築なのだそうです。

お部屋は2階の奥の、二間続きの広い部屋でした。
お風呂は1階に男女別の内風呂があります。大きいほうが男湯、小さいほうが女湯で、朝になると男女が入れ替わっていました。温泉は適温の透明なお湯でした。

ドラマで見たときは、にごり湯になっていたような記憶があったのですが、定かではないです。女子高生(当時)の入浴シーンだったので、入浴剤でも入れたのでしょうか。。

夕食はお部屋食で、順番に運ばれてきました。食事を運んできたアルバイトっぽい若いお姉さんに「白線流し」のことを聞いてみたのですが、あまりご存じないとのこと。仕方がないですね。朝食は大広間でいただきました。

こうして書いていると、何故だか当時が懐かしく、また泊まりに行きたいなと思いつつです。

(2011年11月宿泊)

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村