読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

栃木県 湯西川温泉 はたご松屋('13)

栃木県 ひとり泊

湯西川温泉も、前々から気になってはいたのですがなかなか訪問する機会がありませんでした。
秋の旅番組で何度か取り上げられているのを見て、妻と行ってみようと話をしていたのですが、いろいろあって、その時は駅から近い川治温泉に変更になりました。
その後、南会津でひとり登山をした後、まっすぐ帰るのはしんどかろうということで、1泊しました。

f:id:yu-snfkn:20160901002423j:plainwww.venus.dti.ne.jp

前々から、じゃらん等で安いプランがあって、チェックしていたのがこの「はたご松屋」でした。

湯西川温泉駅から温泉まではバスなのですが、最終バスが何と17時台に出てしまいます。その最終バスで、新しいトンネルの多い道を抜けて、薄暗い温泉街に降り立ちました。
チェックインするとちょうど夕食の時間帯で、まずは手短に内湯で汗を流してから、部屋でお食事となりました。

夕食は山の幸がメインで、鹿刺し、鯉のお造り、栃木名産の湯葉イワナの塩焼き…と並びます。
山の宿でも普通にエビフライやマグロの刺身を出す宿が多い中、このお値段で山の幸をメインでいただけるのは嬉しいところでした。

f:id:yu-snfkn:20160806000339j:plain


食後にまたお風呂に入りました。
男女別の内湯と、屋上に貸切露天風呂があります。
中から鍵をかけられる貸切露天はずっと使用中で、夜の間は入れませんでした。山奥なので、晴れていれば星空がきっときれいだったろうなと。

ということで、初日は内湯に入りました。夏場は熱いかも知れませんが10月だったので適温でした。硫黄の香りが少しだけ漂う、無色透明のお湯でした。シャワーも温泉でした。

翌朝、朝食前に屋上の貸切露天にようやく入れました。
手作り感のある露天風呂からは空と山々しか見えなかったものの、外気に触れているからか内湯よりぬるめで、気持ちよく入れました。

f:id:yu-snfkn:20160806000501j:plain


しいて言えばトイレ、洗面所はあまりきれいではなかったのですが、お値段の割に夕食が良かったので、自分的にはなかなか満足できた宿でした。
次回はもっと早くチェックインして、ゆっくりお湯を味わってみたいところです。

f:id:yu-snfkn:20160806000555j:plain

 

(2013年10月宿泊)

関連記事

 

このときの旅行記録です。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村