温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

湯田中温泉 翠泉荘すぎもと にひとり泊(’14)

※当記事で取り上げる旅館「翠泉荘すぎもと」は既に廃業していますが、跡地に新しい旅館「あさひ翠泉荘」が2018年4月に開業しています。

湯田中渋温泉郷はとにかく温泉と宿がたくさんあって、どこに泊まろうかいつも目移りしてしまいますが、温泉が熱めなこともあってか、そこまで多く足を運んでいなかったりもします。

2006年に星川温泉、2012年に渋温泉、2014年にこの湯田中温泉、この3回。まあ、3度も行けば十分かもしれませんが。

今回紹介する翠泉荘(すいせんそう)は戦前の建物らしく相当古いようで、そういった意味でも気になっていた宿でした。

お値段も安く、長らく候補になっていたのですが、志賀高原の山歩きの後に1泊することにしました。

(2014年8月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

登山自体は急な大雨に降られ、頂上間近で撤退したところ、撤退中に晴れ間が戻る、という、微妙としか言いようのないもので、予定より早くチェックインしました。

建物はクチコミのとおり確かに古びていて、エアコンもありませんでした。

泊まったのは8月だったのですが夏の信州は割と涼しく、窓全開で扇風機を回すことで、しのぐことができました。

f:id:yu-snfkn:20160804005008j:plain

トイレ、洗面所は共用。いずれも時代を感じさせます。トイレは和式でした。部屋に案内されて、とうもろこしとお茶をいただき、ちょっと休憩。。

f:id:yu-snfkn:20160804004557j:plain

温泉とお風呂

温泉は内風呂が1つあります。中から鍵をかけ、貸し切りにもできるようです。隣にもう1つお風呂があったようなのですが、そちらはお湯が抜かれていました。

湯田中温泉は熱めの温泉ですが、お湯の投入量が控えめに調整されていて、やや熱め、という感じで入れました。 

また、宿の手前に共同湯「綿の湯」があり、宿泊者は宿から鍵を借りて入りに行くことができます。入ってみたのですが激熱で、足を入れただけで終わってしまいました。。

f:id:yu-snfkn:20160804005123j:plain

お食事

登山の疲れもあって、一風呂浴びてひと眠りしたらすぐに夕食。昭和時代の古いテレビ(数年前まで現役だったそうです)が置かれた食堂で、家庭料理をいただきました。

陶板焼とフライも出てきて、ボリュームは十分。登山後だったこともあり、完食しました。

なお、朝食も同じ食堂でいただきました。

f:id:yu-snfkn:20170415105028j:plain

個人的感想(と、その後)

値段は2食付で8,000円程度だったと記憶しています。かなり古い建物ではありますが、そういう宿が好きで、多少のことには目をつぶれる方であれば、おすすめです。

宿の奥さんが宿泊前日に電話をくださったり、チェックインした後に夏祭りのことを教えてくださったり、親切にしてくださったのを覚えています。 

ただ、宿の名前で検索すると地元の不動産屋さんのウェブサイトに、売り物件として情報がアップされていました。

2014年の宿泊当時から売り物件として掲載されていたので、営業しつつ、売却を検討されていたのでしょうか。

翠泉荘 湯田中温泉旅館|山ノ内町・中野市の物件なら、マルトミ不動産にお任せ下さい

やがて不動産屋さんのウェブサイトでは「ご成約済み」となり、それまで公開されていた物件紹介動画も削除されていました。Googleマップでも「閉鎖」に。

残念ではありますが、買い手がついたということは、新しいオーナーさんになって再出発、ということもあるのかも知れませんね。

・・・と書いていたら、跡地に新しい宿「あさひ翠泉荘」が開業予定とのことです。

愛着ある旅館を再生へ あさひ翠泉荘
山ノ内町湯田中の旅館、旧翠泉荘すぎもと跡地に建設中の宿泊施設、あさひ翠泉荘が開館に向け準備を進めている。

(出典: 北信ローカルホームページ )

写真を見る限り、古かった建物は取り壊され、新しい建物が建設中のようです。名前は受け継がれるようですが、どのような宿になるのでしょう? 

2018/7/25追記:新しい宿「あさひ翠泉荘」の外観を見て、宿のカフェ「サンライズ」に入ってみたので、記事にしてみました。

www.onsen-oh-yu.com

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村