温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

9月某日ひとり温泉旅 連休前に長野県・戸倉上山田温泉へ('20)

2020年の9月、久しぶりに静かな温泉旅へと出かけてきました。

緊急事態宣言が解除されてから、基本的には自分の住む県内、もしくは隣の県までしか出かけていませんでした。今回はもう少し遠くへと向かいます。

段々と寒くなっていく中、旅行に対するハードルが上がるのかどうかは分からないものの、もしかしたら2020年のラストチャンスかも知れないと思いつつ、でした。

 

旅の計画

2020年の春に、長野県の千曲市にある「戸倉上山田温泉」の宿へ、クラウドファンディングで支援をしていました。

戸倉上山田温泉は、2019年秋の台風の被害と、2020年の感染症の流行とで大きな打撃を受けた温泉街のひとつです。

支援への「リターン」として、宿の宿泊券をいただいており、そこに泊めていただくことにしたのでした。

www.onsen-oh-yu.com

戸倉上山田温泉へは、これで4回目の訪問になります。前回は2019年の夏のことで、1年ぶり。

途中の上田までは北陸新幹線で向かうことにし、少し前にインターネットで3割引きの指定券を購入していました。

予約の時に座りたい席を選べるのですが、その時点では空席ばかり。当日はどこまで人が乗っているでしょうか。

 

1日目(東京→上田→戸倉上山田温泉)

北陸新幹線

実に半年ぶりに、東京駅の新幹線ホームにやって来ました。天気は晴れていて、まだまだ暑い日。

f:id:yu-snfkn:20200927004239j:plain

連休が近いこともあってかホームは賑わっており、自分の乗った北陸新幹線「あさま」も、乗車率は半分くらいでした。

北陸新幹線の普通車は、3列席と2列席とがあります。今回は3列席の窓側(いわゆるA席)を取っていました。

1つ挟んだ先のC席に他のお客さんが乗って来たものの、間にあるB席は空席のまま。見ると他のところも、B席はほぼ全て空席になっているようでした。

 

ここ最近寝不足で、新幹線が東京駅を出てすぐにウトウトしてしまい、目が覚めたらもう群馬県、高崎駅に着いていました。

北陸新幹線は高崎駅を出ると左にカーブし、上越新幹線の線路から離れて、多くのトンネルをくぐりつつ、長野県へと登っていきます。

信州の空はあいにく曇っていて、山もうっすらとしか見えず。いつものように軽井沢駅でどっとお客さんが降りていき、車内は一気にがらんとなります。

f:id:yu-snfkn:20200927001947j:plain

軽井沢駅の次は10分ほどで佐久平駅、その後また10分ほどで、上田駅に着きます。

9ヶ月ぶりの上田駅。自分の静かな温泉旅のときに利用する機会が多いので、着いただけで嬉しくなったのでした。無事に来れて良かったなと。

f:id:yu-snfkn:20200927002116j:plain

しなの鉄道へ

ただ今回はすぐ次の電車に乗るので、上田での時間は30分くらいしかありません。

駅の中にあるお土産屋さんをのぞいてみると、以前よりも品数が減っていました。何かあったのでしょうか・・・。

それで、駅を出てロータリーの向こう側にある別なお土産屋さんへ。こちらは以前の記憶と変わらない店内で、ここで少し買い物をしました。

f:id:yu-snfkn:20200927011445j:plain

次に乗るのは、しなの鉄道線。昭和時代に日本のあちこちを走っていた古い電車「115系」が今も元気に走っている、数少ない路線です。

上田駅のホームで待っていると、何と新車がやって来ました。さすがに115系も古くなり、2020年から新しい電車を導入しているようです。

新車の詳しい情報は、ひささんのブログ記事で。快速列車に使われることの多い車両のようです。

www.kzlifelog.com

さて乗り込むと、首都圏を走っている新しい電車の匂い。

窓を背にして座るロングシートなのですが、背もたれがしっかりしていて、座り心地は上々。

意外な出会いに嬉しくなりつつ、古い115系がなくなっていくのはちょっと寂しい気もします。

快適さを堪能しているうちに、戸倉駅に到着、ここで降ります。乗っていたのは15分ほど、堪能するには短い時間でした。

f:id:yu-snfkn:20200927002209j:plain

温泉街へと歩く

改札で駅員さんにきっぷを渡して、温泉街の方へと歩いていきます。

戸倉駅と戸倉上山田温泉とは2キロほど離れているのですが、歩いていると温泉のような匂いがしてきます。ただ、温泉街はもっと先のはず。

見ると、近くでバキュームカーが働いていたのでした。失礼しました・・・

 

さて今回まっすぐ戸倉に向かった理由は、有名なそば屋さん「萱」に行ってみたかったからなのでした。

そろそろ14時が近く、お昼の営業もラストオーダーが近づいています。

f:id:yu-snfkn:20200927004040j:plain

「萱」はその名の通りかやぶき屋根の大きな建物で、中にカフェとお土産の販売コーナーがあり、奥の方でおそばを食べることができます。

www.sakagura.co.jp

平日で、ランチタイムを少し外しての来店だったので、すぐに入れるかと思いきや、入口で名前と人数とを書いて待つことに。

見たところ、ひとりで来ている人はいないようでしたが、靴箱の脇に「おひとり様歓迎の店」みたいなことが書かれていて、少し安心しました。

待つ、と言っても、すぐ案内していただきました。どうやら、感染症対策で席の数を減らしていたようです。確かに席どうしの距離はかなり離れています。

f:id:yu-snfkn:20200927002635j:plain

奥の席に案内され、まずは渡された用紙に連絡先を記入し、店員さんに渡しました。

マスクを置くための紙も用意されていました。食事がくるまで念のため、マスクはしておくことにしましょう。

f:id:yu-snfkn:20200927002708j:plain

おそばと地酒を注文します。ここ「萱」は造り酒屋でもあり、自社の日本酒も一緒にいただくことができます。種類も豊富です。

f:id:yu-snfkn:20200927002803j:plain

遅いお昼を終えてお店を出ると、パラパラと雨が降ってきました。後ろから、戸倉上山田温泉を通ると思われる、千曲市のバスが追い抜いていきます。

f:id:yu-snfkn:20200927012031j:plain

雨足は徐々に強くなり、あきらめて傘をさします。雨に濡れつつ千曲川を渡って、温泉街へ。

チェックイン前に雨宿りをしようと思ったものの、平日の午後で営業していそうなお店も少なく、コンビニエンスストアへ入りました。

足湯のあるコンビニというのも、珍しい。

f:id:yu-snfkn:20200927002944j:plain

コンビニで少し雨宿りをしてから、宿の近くの和菓子屋さんへ。

喫茶営業をしているようだったので、ここで休憩したかったのですが、残念ながら今日の営業がもう終了とのこと。

それで、少し早いのですが、宿へチェックインすることにしました。

www.onsen-oh-yu.com

温泉宿と、温泉街

まずは手の消毒と検温をして、お部屋へと案内されます。

f:id:yu-snfkn:20200927003719j:plain

聞くと、少し前に温泉街にある多くのお店を消毒したそう。ここ戸倉上山田温泉には、規模の大きな「夜の街」があります。

なかなか大変な様子ですが、それでも連休中は宿泊の予約が多く入っているようでした。

では、荷物を置いて、いざお風呂へ。

平日なのでお客さんは少ないようでしたが、お風呂の入り口に「貸切中」の札があり、貸切で入れました。

熱めのお湯は、うっすら緑がかっています。硫黄泉の匂いも、さりげなく。

ひと風呂のあと、雨が上がったのを確かめてから、温泉街を散歩することにしました。

あまり人の歩いていない温泉街ですが、車通りはやたらと多いです。

f:id:yu-snfkn:20200927003052j:plain

廃業した宿やお店も多い、戸倉上山田の温泉街。

奥まった場所にある、大きなホテル跡(廃墟好きの方の間では有名なところです)では、クレーン車が建物を取り壊していました。

f:id:yu-snfkn:20200927003231j:plain

まだ営業の始まっていない夜の街を通り抜け、もう1件のコンビニでおやきを買い、宿に戻ります。少しお腹が空いてきました。

部屋でくつろいでいると、若女将さんがお食事を持ってきてくださいました。いつもより多めに飲み物を注文しつつ、いただきます。

ゆっくり食事を楽しんだ後は、もう寝るだけ。。

f:id:yu-snfkn:20200927003357j:plain

2日目(戸倉上山田温泉→上田→東京)

珈琲を2杯

朝になりました。9月と言っても信州なので、だいぶ涼しく。

昨日の昼間は熱さを感じた温泉もちょうどいい湯加減で、2回入りました。

朝食もお部屋で。温泉宿でいただく朝食って、いつも幸せな気持ちになれます。

f:id:yu-snfkn:20200927012601j:plain

食後にコーヒーが飲めました。好きなカップを選んでコーヒーを入れていただき、お部屋でゆっくりと。

f:id:yu-snfkn:20200927003432j:plain

10時前まで宿で過ごして、チェックアウトします。最後にお土産もいただきました。お世話になりました。

雲は多いものの晴れ間が見えて、散歩するには良さそうな日です。駅まで送りましょうか、とのことでしたが、歩くことにして、宿を後にしたのでした。

・・・が、部屋の鍵を返さずに出てしまったことに気づき、慌てて戻って鍵を返して、また歩いていきました。

半袖だと寒いかなと思ったのですが、ちょうどいい気温で、最後、戸倉駅に着くころには少し汗ばむくらいでした。

f:id:yu-snfkn:20200927003553j:plain

次の電車まで、20分くらい時間があります。

そこで、駅の中にある喫茶店に入りました。しなの鉄道の駅だからか、お店の名前は「しなの」。6年前に入ったのを思い出します。

f:id:yu-snfkn:20200927003629j:plain

常連さんがくつろいでいる中、アイスコーヒーをいただきます。

お店のおばさんに、写真を撮りに来たんですか? と聞かれ、温泉に入ってきました、と答えます。短い時間でしたがひと息ついて、改札へ。

やってきた電車は、昔ながらの115系。長くは乗らないものの、束の間の懐かしい車内でした。

上田に戻る

また上田駅に戻ってきました。帰りの新幹線に乗るまでは2時間ほど、時間があります。

上田で買い物をするときは、駅から少し離れた「アリオ上田」に行くことにしています。

f:id:yu-snfkn:20200927003816j:plain

要はイトーヨーカドーなのですが、売り場の面積が広く、見ているだけでも結構楽しいのです。実は東京ドームとほぼ同じ広さらしいです。

アリオ内をふらついていると、結構な時間が過ぎていました。

 

最後は上田駅の近くで何か食べてから、新幹線に乗ろうと思います。

上田名物の、あんかけ焼きそばを食べようかとも思ったのですが、まだそこまでお腹は空いておらず。

そこで、ビルの地下にある小さな飲食店街の居酒屋に再訪してみました。過去の記録を見てみると、3年前に来ています。

お店のおばちゃんに、やってますかと聞くと、笑顔で、やってるよ、とのこと。お昼でお客さんは他にいませんでした。

居酒屋で食事するのは何か月ぶりだろう・・・おばちゃんと話をしつつ、もう少ししたら新幹線の時間です。

f:id:yu-snfkn:20200927003906j:plain

今回の旅のまとめ

クラウドファンディングのリターンでいただいた宿泊券があったので、行き先は最初から決まっていた旅でした。

(宿泊券利用なので、Go Toトラベルの割引は一切ありません)

あとはいつ行くか、というところで、その機会をうかがっていました。

まだ地方には「県外の方お断り」というお店もあると聞きます。ただ、今回の旅ではそのようなことは全くなく、静かな温泉旅ができました。

戸倉上山田温泉は、相変わらずいいお湯でした。宿や、お風呂に入る時間帯によってお湯の色が変わるという、面白い温泉です。

また、季節を変えて、他の宿も含めて、再訪したいところですね。

今回は念のため、夜の温泉街に出かけるのは控えたのでした。戸倉上山田温泉の夜の街は大きいことで有名ですが。

 

シルバーウイークの直前に出かけたので、混雑とは縁のない旅だったものの、報道などを見聞きしている限りは、この連休で旅行者も増えているようですね。

今後、お盆の時のように、全国的に注意喚起されることもあるかも知れません。そうならずに、秋も旅を楽しめることを祈っています。

いつも、ラストチャンスかな、という思いが頭の片隅にいる状態で旅をしているので、それはそれで、精神衛生上良くないこともあり・・・

f:id:yu-snfkn:20200927004427j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村