温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

クラウドファンディングで支援した温泉へ行こうと思う

2020年の9月半ばにこの記事を書いています。あなたは今どのようにお過ごしでしょうか?

自分の2020年の夏は、7月は静かな温泉旅に出かけたものの、8月は日帰り旅をするにとどまりました。

Twitterを眺めていると、タイムラインには温泉旅に出かけた人のツイートが並びます。静かな温泉旅のアカウントなので、フォローしているのも温泉好きの方が多く。

我慢をしていた8月が過ぎて9月になり、世の中も少しずつ、落ち着きを見せているようです。恐らくは「束の間の、」だとは思いつつ。

出かけたくてそわそわしていましたが、自分もまた出かけようと決めたのでした。

 

8月までは、

フォーキャスト

2020年夏以降の見通しについて、5月にこんなことを書いていました。

もしかしたら、ベストケース(願望込み)で、梅雨以降、夏までは束の間的に「小康状態」がやって来るかも・・・と思って(願って)います。 ただ、仮に「小康状態」がやってきたとしても、その時点でも旅行は「控えた方がいいこと」カテゴリーにあるでしょう。薬もワクチンも、まだなのです。 さらに、2020年の日本で夏はいったん小康状態になったとしても、寒くなってきてから流行が本格化するとしたら、また世の中が停滞するかもしれず。

静かな温泉旅への「出口戦略」を勝手に想像する - 温泉好きのお湯

緊急事態宣言は5月で解除になり、6月から「県をまたいだ移動もできますよ、でも気をつけてくださいよ」モードになり。

その後また感染者の数が増え、8月、特にお盆の時期、よく分からない要素はあるものの、何だか出かけづらくなりました。

そう、5月に立てていた願望込みの予測は、微妙に外れていたのでした。

f:id:yu-snfkn:20200913222557j:plain

クラウドファンディングを

我慢していた春の頃、夏になったら温泉旅に出かけたいと思いつつ、温泉地や温泉宿へのクラウドファンディングのプロジェクトを見つけます。

www.onsen-oh-yu.com

自分も、これまでの静かな温泉旅でお世話になった温泉宿へ、クラウドファンディングを通して微力ながらいくつか支援させていただきました。

支援をすると、温泉宿や温泉街で使えるチケットをいただけるので、ぜひ現地で使うのだ、という、強い意志(?)を心の中で持ちつつ。大げさですが。

 

やがて、チケットが郵便で送られてきました。

緊急事態宣言が終わってから使う気満々でいたものの、支援をした温泉地はいずれも自宅から200キロ以上離れています。

2020年の6月頃は、まだ県境を越えた移動がちょっと怖い雰囲気で。

そこでまずは、クラウドファンディングで支援したところとは別の、近距離の温泉地に出かけることにしました。

そして、いよいよ8月に、と思っていたら、旅行のキャンペーンは東京都以外で始まり、でも帰省は注意して、という何だかおかしな世の中に・・・

 

9月になった

時期を決める

クラウドファンディングに参加した温泉地には、過去に何度か足を運んだことがあります。過去の自分の価値観だったら、遠いところではなかったはず。

ただ、ニューノーマルの時代になり、物理的にも心理的にも遠い遠い場所になってしまいました。

ため息をつきながら、日々感染症のデータを眺めて、出かけられそうな機会をうかがっていました。

データのグラフが段々と右肩下がりになっていたので、おそらく9月の連休のあたりは落ち着いているのではと予測し、そこで出かけようと計画します。

f:id:yu-snfkn:20200913223344j:plain

宿と電車を予約する

普段はネットで予約するところを、いただいたチケットには「お電話でご予約ください」と書かれていたので、恐る恐る、宿に電話してみます。

実は、宿に電話するのってちょっと苦手なのです。過去にとある宿を電話予約した際に「(人数は)ひとりです」と言ったら予約できなかったことが。

まあ、今回の宿は過去にひとりで泊まっているので、そんな苦手意識はいらんのですが。

f:id:yu-snfkn:20200913222341j:plain

さて電話をすると、女将さんらしき方が出られて、ひとりだと伝えると「空いてますよ」とのことでした。ひと安心。

「クラウドファンディングで宿泊券をいただいた者です」というと、電話の向こう、声のトーンが明るくなり、お礼を言われ、ちょっと嬉しくなりました。

 

次に、往復の列車を予約します。

移動する人が激減していて、JRの経営が厳しいというニュースをよく目にしますが、その分、この時期は割引プランが充実しています。

ひささんのブログ記事を参考にしつつ「お先にトクだ値」で予約。JRなのに、同じ区間を走る高速バスとほぼ同じくらいの金額で予約できました。

www.kzlifelog.com

密を避けたいので、予約サイト上で、座る席を選びます。見ると空席が多く。

安い値段で、かつ空いている、というのは心配にはなるものの、利用する側としてはありがたいなと思ったのでした。

f:id:yu-snfkn:20200913221651j:plain

好きな街へ、好きな温泉へ

次の静かな温泉旅で出かけるのは、これまでに何度も足を運んできた、好きな街です。温泉地も、再訪になります。

昨年までは当たり前のように出かけてきたのに、何だかとても遠い場所になってしまい。

Twitter上で「行きたいです!」と何度ツイートしたか分かりません・・・

初めて行く場所ではないものの、今とても楽しみにしています。

常時マスクを着用して、密になるシチュエーションを避けつつの旅になるので、いろいろと制限はありますが、気をつけながら、静かに出かけてきます。

 

さて、今回の旅先以外にも、クラウドファンディングで支援した温泉地からのチケットをいただいています。

また、流行する前に寄付したふるさと納税の返礼品にいただいた、旅先のお店で使えるチケットも手元にあり。

正直、これらを全て使えるめどが立っていない状況です。

今回、静かな温泉旅に出かけられるのをありがたく思いつつ、手元にある他のチケットもきちんと(?)使いたいな、と欲張っている自分がおります・・・

まあ・・・まずは、直近の静かな温泉旅、ですね。

f:id:yu-snfkn:20200913222038j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。