温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

とても久々に #静かな温泉旅 へ行こうと思う

2020年も7月になりました。

これまでだったら、1,2か月に1度は静かな温泉旅へと出かけられていましたが、外出したり、人と接したりすることを控える世の中になり。

3月を最後に、静かな温泉旅へは出かけていません。

 

自分の職場は都内にあるのですが、2020年の春から、会社の仕事を自宅ですることになって、都内に出る機会も2か月に1度ほどになりました。

買い物など、日常生活で出かけるにしても、せいぜい1キロそこそこの場所。

・・・という暮らしになって3か月以上が過ぎました。

あなたはどんな暮らしをされていますか?

 

そろそろ出かけようと

2020年の5月下旬に緊急事態宣言が解除され、6月の半ばに県境を越える移動も「一応」OKになりました。

8月には、国内旅行に対しての国の支援「Go Toキャンペーン」も予定されています。

(ただ、この記事を書いている時点では、東京を中心に不穏な気配はすごくありますが。)

長い期間ずっと家にいて、いつかは静かな温泉旅に出かけられたらいいなと思っていたものの。

それでいて、長期化している家での暮らしに慣れてしまっている自分もいて。

ただ、事実として、この暮らしに多少疲れてきたのはあります。

7月に入ってから体調的にも微妙な感じもあり、リフレッシュを兼ねて出かけることにしました。

それで、とても久々に、じゃらんnetから温泉宿を予約したのでした。

 

今の「静かな温泉旅」の行き先は

行き先選びには結構悩みました。

普段の自分の静かな温泉旅であれば、長野県とか、群馬県とか、栃木県とか・・・そのあたりが多いです。

f:id:yu-snfkn:20200704134024j:plain

いっぽうで、自分は首都圏の南側に住んでおり、自宅からそれらの県に向かう場合は、いったん都心を通る必要があります。

(どの情報が正しいのかはよく分からないところもありますが)都心を通るのは回避した方がいいだろうなと、今は思っています。

自動車であれば、都心を経由せずに行けるのですが、あいにく自分が車を持っておらず、長距離のレンタカーの運転も自信がなく・・・。

なので、まだ「都心を抜けて北に向かう」温泉旅は後の楽しみにしておきます。

次に、「都心を通らずに行ける他の県」というと、自分の場合は、山梨県や静岡県がそれにあたります。

山梨県には大好きな温泉も、美味しい日本ワインもあります。

f:id:yu-snfkn:20200704134136j:plain

それもあって山梨県への温泉旅を考えたのですが、もう一つハードルがありました。

世の中的には、まだ「県境を越える」ことがあまり推奨されていない状況なのかなと思っているので、何となく気が乗らないのです。

個人的には、県境を越えることってそうインパクトが大きいように思えないものの、世の中の雰囲気には勝てないというか。

で、結局「県境を越える」温泉旅も次回以降の楽しみにすることにしました。

 

県内の温泉へ

最終的に選んだのが、自分の住む県にある温泉でした。

さいわい、県内には歴史の長い有名な温泉がいくつもあります。

ただ、それらの温泉は同じ県内ということもあり近いので、あまり旅に出た実感を得にくいな、と思っていて、あまり県内の温泉へは出かけてきませんでした。

確か、県内の温泉宿に泊まったのは、10年以上前のこと。その時に、帰りの電車で、近いな、というのを思ったのでした。その記憶が今もあり。

それで、静かな温泉旅では「最低でも県外」という風になって、今に至ります。

ただ、今は県内とか県外とかいうよりも、出かけられる機会がとても貴重。

ありがたいなと思いつつ、気をつけていこうと思います。

f:id:yu-snfkn:20200704134339j:plain

気を付けること いろいろ

そう、出かけるからには慎重に行動しないといけません。

前回(2020年3月)の温泉旅も、自分なりに慎重に行動したつもりでしたが、今回はそれ以上に気をつけないとな、と思っています。

まず、行き先が自分の住む県内なので、移動距離は短めに。

行きと帰りに電車を利用しますが、恐らく乗車時間は1時間以内でしょう。

次に、宿にチェックインしたら、宿の中で静かに過ごすようにします。

普段であれば温泉街の居酒屋さんに出かけたりしますが、今回ちょっとそれは控えます。(本当は出かけたいのですが、我慢します。)

お食事は、人との接触が少ないお部屋食のプランにしました。

もともと、お部屋でのんびり食事をいただくのが好きなのですが、お部屋食は今の温泉旅にぴったりと言えそうです。

最後に、旅の間は観光はせずに、家と温泉宿とを単純に往復することにしました。

体を休めるのが目的なのもあるので、それがちょうど良さそうです。

 

・・・と、ここまで書いていて、これまで自分がしてきた静かな温泉旅とあまり変わらない感じになりそうな気もしています。

まあ、まずは、ゆっくりしてこようと思っております。

帰ってきたら、またブログでも紹介できれば。

自分の中で、ニューノーマル(新しい生活様式)の静かな温泉旅、という、初の経験になると思うので。

f:id:yu-snfkn:20200704134256j:plain

さて、今度はどこに行こうかな。