温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

JR上越線に乗って、群馬県・新潟県の温泉へ。

今回は群馬県と新潟県を結ぶJR上越線のことを書いてみます。

ちなみに上越線は、JRの路線のカテゴリーだと「幹線」。たいてい「ローカル線」と呼ばれる路線は「地方交通線」というカテゴリーに入ります。

上越線の普通列車に乗って車窓を眺めていると、なかなか良い雰囲気で、ローカル線で旅をしているような気持ちになります。

群馬県北部の温泉に行くときと、新潟県中越地方の温泉に行くときに、上越線にはお世話になることが多いです。

スポンサーリンク ?

上越線の概要

上越線は、群馬県の高崎駅から、水上駅、越後湯沢駅を経由して、新潟県の長岡駅までを結んでいます。

(正確に書くと、上越線の範囲は長岡ではなく隣駅の宮内駅まで、です)。

上越新幹線ができるまでは特急列車がたくさん走っていたそうです。今は特急列車はほとんど走っていませんが、高崎~水上間をSL列車が走っています。

f:id:yu-snfkn:20161223234345j:plain

高崎からの電車はほとんどが水上駅止まりで、水上から越後湯沢までの間は列車の本数がとても少なくなります。越後湯沢から長岡までは、少し本数が増えます。

  • 高崎~水上:1時間に1本程度(高崎~新前橋、渋川までは他の列車もあり)
  • 水上~越後湯沢:平日は1日5本、土日は1日6本(越後中里~越後湯沢は少し本数が増えます)
  • 越後湯沢~長岡:1時間に1本程度(越後湯沢~六日町までは他の列車もあり)

普段自分が上越線沿線の温泉に行くときは、上越新幹線で高崎や越後湯沢まで出て、そこから上越線に乗り換える、という風に利用しています。

www.onsen-oh-yu.com

越後湯沢駅の隣の浦佐駅で降りても良いのですが、越後湯沢で買い物や食事を楽しみたいので、乗り換えは基本的には越後湯沢駅を使っています。

ちなみに、Suica等の電子マネーが使えるのは、一部の区間のみです。

  • 高崎駅~水上駅
  • 小千谷駅~宮内駅、長岡駅
スポンサーリンク  

上越線の良いところ(と、電車の話)

上越線はまあもちろん、温泉に行くために利用しているのですが、乗ってみると車窓も良いですし、なかなか旅情があって好きです。

これまでは古い電車が走っていまして、その中でも115系という電車が、車窓を眺めやすいクロスシートの席が多くて良かったのです。

f:id:yu-snfkn:20180506224624j:plain

が、ここ最近で、上越線の全ての115系が引退してしまいました。古い電車に乗る、というのも、地方の電車旅の楽しみではあったのですが・・・。

115系に代わって、2種類の電車が上越線にやってきました。

  1. 高崎~水上間:211系電車
  2. 水上~長岡間:E129系電車

高崎~水上間の211系電車は、座席の大半が窓を背にして座る、車窓が見づらいロングシート。ちょっと旅気分がそがれてしまいます。

f:id:yu-snfkn:20180819184939j:plain

水上~長岡間を担当するE129系という電車は、211系よりさらに新しい電車です。

f:id:yu-snfkn:20180506224544j:plain

E129系電車の車内は、首都圏のJR線で走っている新しい電車とほとんど同じ雰囲気です。一部クロスシートの席があるので、そこに座れればちょっとラッキーですね。

スポンサーリンク  

上越線に乗ってみた

高崎~水上

では、高崎駅からスタートです。水上行きの電車に乗りましょう。

f:id:yu-snfkn:20180819185215j:plain

高崎駅は「とりめし」「だるま弁当」等、美味しい駅弁があるのですが、www.onsen-oh-yu.com

前述のとおり、ロングシートに乗ると駅弁気分ではなくなるので、乗る前に高崎駅の駅ビルで食事するのが良いのかもしれません。 

www.onsen-oh-yu.com

日中の時間帯は、一部の上越線の電車が高崎から先の新前橋駅から出発することがあります。その場合は、ほかの電車で新前橋に行き、そこで乗り換えになります。

さて、高崎駅を出た電車は、最初は平坦な郊外を走ります。渋川駅で、伊香保温泉に行く観光客が割と降ります。

渋川を過ぎて鉄橋を渡ると上り坂になり、くねくね曲がる利根川を何度も鉄橋でまたぎます。左に右に川が見えます。

SL列車に乗ると、よくこんな坂を戦前の蒸気機関車が登れるなと感心します。

ある程度登り終えると、沼田駅。尾瀬や老神温泉方面はここで下車して、バスに乗り換えます。

f:id:yu-snfkn:20161224230938j:plain

www.onsen-oh-yu.com

次の後閑(ごかん)駅は湯宿温泉、猿ヶ京温泉の最寄駅です。こちらも関越交通のバスで向かうことになります。

f:id:yu-snfkn:20171224224512j:plain
www.onsen-oh-yu.com

次の上牧(かみもく)駅は上牧温泉の最寄駅。無人駅で、川の反対側に数件の宿があり、歩いて行けます。

f:id:yu-snfkn:20161224231232j:plain

次の水上駅は、その名の通り、水上温泉の最寄駅です。ここから先、越後湯沢方面に行く場合は、ここ水上で乗り換えです。電車の本数がこの先、ぐっと少なくなります。

f:id:yu-snfkn:20161224231353j:plain

水上~越後湯沢

水上と越後湯沢の間は電車の本数が少ないので、お隣の湯檜曽(ゆびそ)駅、そのまた次の土合駅に行く場合は、水上駅から谷川岳ロープウェー行きのバスに乗るのが現実的。

バスが湯檜曽駅・土合駅を通りますし、本数はバスの方が多いのです。

湯檜曽駅は湯檜曽温泉の最寄駅で、土合駅は、谷川岳ロープウェーの最寄駅です。

湯檜曽駅、土合駅ともに、下りホーム(越後湯沢方面)のみトンネルの中にあり、特に土合駅は、長い階段を下った先にある「モグラ駅」として有名です。

湯檜曽から越後湯沢までは、今はない夜行列車で通り過ぎただけなので、今度明るい時間帯に乗ってみたいと思いつつです。

ということで申し訳ないのですが少し飛ばして、土合駅の4駅先が、越後湯沢駅です。

f:id:yu-snfkn:20161224232051j:plain

越後湯沢は駅ナカのお土産屋さんや、日本酒の試飲ができる「ぽんしゅ館」、おいしい飲食店が並ぶ「がんぎどおり」等、いろいろあって楽しいので、ここは途中下車したいところですね。

もちろん、越後湯沢温泉の最寄駅で、温泉宿や日帰り温泉も多数あります。

www.onsen-oh-yu.com

越後湯沢~長岡

越後湯沢から先、長岡方面に行く電車と直江津方面に行く電車の2種類があります。

どちらも途中の六日町駅までは同じ線路を走るのですが、直江津方面に行く電車は、越後湯沢駅と六日町駅の間の駅は全て通過するので、ご注意を。

直江津方面に行く電車は、↓の「北越急行ほくほく線」の電車です。

f:id:yu-snfkn:20180506103145j:plain

さて、越後湯沢駅を出た電車は、上越新幹線の巨大なインフラから離れて越後平野をのんびり走ります。

隣の石打駅は「上野鉱泉(うわのこうせん)」の最寄駅です。直江津方面に行く電車は通過します。

f:id:yu-snfkn:20161224232425j:plain

石打駅の4駅先が六日町駅。六日町温泉があります。ここで、北越急行ほくほく線が分かれます。駅を出ると、アーケードの商店街があります。

f:id:yu-snfkn:20161224232551j:plain

進行方向右側に八海山を眺めつつ、先ほど分かれた上越新幹線の線路が寄り添ってきて、上越新幹線との乗換駅の浦佐駅があります。

浦佐の駅前は静かですが、徒歩で少し歩いた先に「越後ワイナリー」があります。日本酒で有名な新潟県ですが、ワインも作っているのですね。

f:id:yu-snfkn:20161224232811j:plain

浦佐駅の2駅先が、小出駅。ここからJR只見線が分かれます。小出駅は、湯之谷温泉郷の最寄駅でして、温泉郷へはここからバスで向かいます。

f:id:yu-snfkn:20161224232935j:plain

www.onsen-oh-yu.com

小出の街は橋を渡った反対側にあります。やはりアーケードの商店街があって、六日町駅前や越後湯沢駅前(東口)と雰囲気が似ています。 

f:id:yu-snfkn:20180506103324j:plain

小出駅から7つ先が、終点の長岡駅。新幹線や信越線と合流するので、なかなか大きな駅です。長らくのご乗車、お疲れ様でした。

f:id:yu-snfkn:20161224233204j:plain

お腹が空いたので、ご当地グルメの「イタリアン」でもいただきましょう。

f:id:yu-snfkn:20161225011737j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。