温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

2泊3日ひとり旅 鹿教湯温泉・霊泉寺温泉('09)

少し前の話になりますが、2009年の暮れは丸子温泉郷を堪能しました。繰り返し訪れている温泉地は、だいたいどこに何があるのか分かるので、気持ち的に楽ではあります。

丸子温泉郷の紹介記事はこちらです。 

yu-snfkn.hateblo.jp

スポンサーリンク ?

旅の計画

最初の計画では、泊まったことのある鹿教湯温泉の宿でのんびり過ごす、それだけしか決めていませんでした。

が、日程的にはもう1日余裕があるので、どこかでもう1泊するのもありだろうな、と思いつつ、新幹線に乗った次第。

1日目:上田→鹿教湯温泉

まずは長野新幹線(当時)で上田へ出ます。この年は夏と秋にも上田に降りていて、来る頻度の高い上田駅です。

出かける前は2泊目をどうしようか決めずにいたのですが、やはりもう1泊したくなり、リピートしていた霊泉寺温泉の松屋旅館さんへ電話をかけてみました。

空いているイメージを勝手に持っていたのですが、小さな部屋は満室とのこと。

ただ、広間で良ければいいですよ、とのことだったので、泊めていただくことにしました。

路線バスで早めに鹿教湯温泉に向かいます。

温泉街を散歩し、文殊堂へお参り。その頃勉強していた、とある資格試験に合格しますように、とお願いしました。おみくじは大吉でした。

温泉街には蕎麦屋さんが2か所あり、入りやすい雰囲気だった「辰巳屋」さんに入ります。くるみそばをいただきました。

砕いたクルミをつゆに入れて、浸けて食べます。人生初のくるみそば、美味しかったです。 

向かいの酒屋さんに行きます。今は新しい建物になっていますが、当時はまだ古い建物で、薬局もやってらっしゃった記憶があります。

信州ワインが豊富にあって、ワインの買い出しに来たわけじゃないのですが、欲しくなります。ここはグッと我慢です。

その後、早めに今宵の宿「斉北荘」にチェックインしました。 

yu-snfkn.hateblo.jp

夜になり、文殊堂近辺が氷灯籠でライトアップされるというのを聞いて、見に行ってきました。

f:id:yu-snfkn:20161103234657j:plain

2日目:鹿教湯温泉→大塩温泉→霊泉寺温泉

暖かい晴れの日です。鹿教湯温泉の朝風呂に浸かり、チェックアウトぎりぎりまで滞在し、10時過ぎに宿を出ました。

今夜の宿、霊泉寺温泉へは約5キロあります。チェックインは最も早くて14時なので時間がたっぷりあるのでした。

そこで、鹿教湯の温泉協会に行き、スタンプラリー「鹿教湯21番所めぐり」のカードを入手してみました。

鹿教湯には大きな病院があり、リハビリや健康のためということなのか、 温泉街をぐるっと回るウォーキングコースがあります。

あちこちにスタンプ台があって、スタンプを押して回れるそうなのです。

スタンプカード片手に温泉街を回り、スタンプ集めに没頭しました。あちこち歩いていたら1時間半もかかりました。

バス停に戻って時刻を見ると、そこそこ待つようなので、霊泉寺まで歩くことにします。

鹿教湯の共同浴場で暖を取り、 もう少し歩いた先のそば屋「奈賀井」で田舎そばとビールをいただきます。昼酒をしたら、ちょっと酒が回ってきてしまいました。。

f:id:yu-snfkn:20161103235026j:plain

途中にある大塩温泉へ立ち寄ってみたのですが、公民館のお風呂はあいにくの休館日でした。。

f:id:yu-snfkn:20161103235100j:plain

そこから先、霊泉寺温泉はなかなか遠く感じました。

電話で聞いていた通り、宿にチェックインすると、ひとりなのに大広間に通されました。だだっ広い感じです。

そして少し寒いのですが、泊めてもらえたのでありがたいです。

yu-snfkn.hateblo.jp

3日目:霊泉寺温泉→上田

朝方から、少しずつ雪が降り始めました。 この界隈は、いつもそこまで深く積もらない気がするのですが。

最寄りのバス停まで2キロ弱あるので、宿の車で送っていただき、路線バスと新幹線で帰りました。

f:id:yu-snfkn:20161103235152j:plain

今回の旅のまとめ

  • 冬の鹿教湯温泉では「氷灯籠」が夜の温泉街を明るく灯します。
  • この地方はあまり雪は深くありません。
  • 2泊目の宿は直前の電話予約でしたが、年末だったので、できればやっぱりもっと前に予約しておいた方が良さそうですね。

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村