温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

霧積温泉 金湯館にひとり泊(’15)

*2017/9/20 改訂

2015年のゴールデンウィークの休み予定がギリギリまで決まらず、直前になって予約できた宿です…といっても人気がないわけではなく、ひたすら山奥にある立地から、かろうじて空き部屋があったのでしょう。むしろ、秘湯好きにはよく知られた宿のようです。

霧積(きりづみ)温泉はJR横川駅から山道を車で小一時間ほど登った先にあります。戦前は複数の宿があってにぎわったようですが、今はここ金湯館が1件あるのみとなっています。

車以外で来た宿泊客は、横川駅から宿のマイクロバスにまとまって乗ることになります。前もって送迎をお願いすると、事前に宿から電話があって「横川着何時何分の電車に乗ってください」と言われます。

指定された電車に乗って横川駅に降りると男性に声をかけられます。この方が宿の若旦那だったようです。若旦那が運転するマイクロバスは碓氷峠廃線跡に沿って登っていき、途中から脇道に入ります。

カーブの多い山道なので、乗り物酔いしやすい方はご注意を。こんな道を毎日往復するのも大変でしょう、少なくともペーパードライバーな自分には無理です。。

f:id:yu-snfkn:20170420231733j:plain

建物とお部屋

金湯館に着くと本当に山の中で、山小屋のようなたたずまい。明治時代の建物だそうです。

鼻曲山という山があり、ちょうどここが登山口になっているようです。登ってから反対側に抜ければ、軽井沢に出られるのだとか。そういうわけで、登山の前後泊にも利用できそうです。

部屋に入ると、5月でしたが夜・朝は寒いのでしょう、コタツとストーブがありました。布団も敷いてあったので、鳥の声と川の音を聴きながらひと眠りしました。トイレ、洗面所は共用です。

f:id:yu-snfkn:20170420232111j:plain

温泉とお風呂

お風呂は男女別の内風呂があります。

無色透明のぬるめなお湯で、浸かっていると体中に気泡がつきます。とても気持ちよく、長湯もできる個人的好みのお湯です。飲泉もでき、飲むとまろやかな口当たり。お風呂の入り口わきにも温泉が出てくる蛇口があり、温泉水を飲むことができます。

f:id:yu-snfkn:20160812224537j:plain

お食事

食事は2食ともお部屋でいただきます。山の宿で豪華さはありませんが、山の植物の天ぷらや、群馬県ならではの、こんにゃくの刺身が出てきました。f:id:yu-snfkn:20160812224622j:plain

上州一ノ宮

この時の旅の目的は「一宮を巡るシリーズ」だったので、宿に向かう前に上州(群馬県)の一宮「貫前神社(ぬきさきじんじゃ)」にお参りしてきました。

高崎駅でJRの電車を降りて、お隣から発車するローカル私鉄の「上信電鉄」に乗ります。電車は新幹線の下をくぐって、片田舎の風景の中をのどかに走り、貫前神社の最寄り駅、その名も「上州一ノ宮」駅に到着です。

f:id:yu-snfkn:20170920200917j:plain

ここから歩いて貫前神社へ。不思議な構造で、坂を登って鳥居をくぐり、階段を下りた先に神社がありました。お参りして、カエルのお守りをいただき、階段を上って坂を下って駅に戻ります。ゴールデンウィークの、なかなか暑い日でした。

f:id:yu-snfkn:20170920201045j:plain

お参りしに来た人を見かけることはなかったのですが、帰りの電車に乗ると、途中駅から人がたくさん載ってきました。駅名は「上州富岡」。世界遺産に認定された「富岡製糸場」の最寄り駅だったのでした。

個人的感想など

山奥の一軒宿で、まさに「山に泊まる」風です。同じような設備の宿が平地にあったらかなり安く泊まれそうですが、ここは山の中。何をするにも手間はかかるのでしょう。

自然の中でのんびり何もせずに過ごすのにうってつけのロケーションです。もちろん、登山の前後に泊まるのもいいと思います。

帰りも若旦那のマイクロバスに乗って、横川駅へと下っていきます。下りなので行きほど難儀した感じはありませんでしたが、それでも道のりは長く感じられるのでした。

(2015年5月宿泊)

アクセス

JR信越線「横川」駅から宿の送迎あり。公共交通機関のみでは宿に行けません。