読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

山梨県 岩下温泉 岩下温泉旅館('15他)

家族旅行等で複数名でリピートしている宿です。
その理由は、夏場は気持ちいい水のようなぬるい源泉、豊富な甲州ワイン、フルーツ狩りのプラン、です。

f:id:yu-snfkn:20160901002147j:plainiwasitaonsen.com

山梨県山梨市駅から、宿の車で迎えに来てもらいます。
本館と旧館に分かれていて、本館は旅館で、旧館は日帰り入浴専用のお風呂があります(もちろん、宿泊客は旧館へも無料で入れます)。

旧館の入り口は、雰囲気が十分です。
f:id:yu-snfkn:20160731210034j:plain

本館の温泉は男女別の内湯と露天風呂があります。源泉は30度そこそこで冷たいのですが、本館のお風呂は加温されており、少々ぬるいかな、という程度の温度。ゆっくり入れます。

なかなかに歴史を感じる旧館は、男女別の浴室(源泉の浴槽と、沸かし湯の浴槽があります)と、広い源泉風呂があります。
数年前に泊まった時は源泉風呂は混浴でしたが、今は真ん中に仕切りがついて、男女別になっています。
浴室と源泉風呂の間の廊下だけ、男女共用なのでちょっとご注意。なので、タオルを巻いて移動しましょう。
f:id:yu-snfkn:20160731210123j:plain

源泉風呂は恐らく30℃ないのではないか、という冷たさです。
同じ山梨県のぬる湯でも、下部温泉と違って湯上りに暖まってくる感じはなく、さっぱりする感じです。夏にしか行ったことはないのですが、冬はどうなのでしょう…

f:id:yu-snfkn:20160731210203j:plain

食事は大広間でいただきますが、夕食はふすまに仕切られた個室になっています。
目の前の鍋で温めていただくほうとうが名物で、地元の甲州ワイン(白がおすすめです)と一緒に、というのがちょっと幸せになれます。

f:id:yu-snfkn:20160731210302j:plain

朝も同じ大広間でいただきます。その際は仕切りはなく、鍋にはしじみのお味噌汁が入っていました。前の晩にワインをたらふく飲んでいたので、疲れた肝臓にはいいのかもしれません。

チェックアウト後、桃狩りがついているプランで泊まった時は、宿の車で農家もしくは農園に贈っていただき、そこで桃狩りを楽しんで帰りました。

 

(2009年7月,2014年7月,2015年7月宿泊)

関連記事

 

山梨県のぬるいお湯の紹介です。 

yu-snfkn.hateblo.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村