温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

塩山温泉 宏池荘にひとり泊('18)

山梨県甲州市の塩山温泉(えんざんおんせん)へは一度泊まったことがあったのですが、もう一度泊まってみたいと思っていたのでした。

塩山温泉へは数年前に訪問済みだったのですが、その時は、ワイナリー巡りをした後だったので結構酔っぱらっており、あまり印象がなく・・・。

ということで、年末に塩山温泉へとひとり泊してきました、しらふで。

塩山温泉にはいくつか宿がありますが、初めて泊まる宿の中で、源泉に入れるという宏池荘(こうちそう)を選びました。

夜は塩山の町に出て甲州ワインを飲みつつ美味しいものを食べようと思っていたので、素泊まりにしました。

(2018年12月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

塩山温泉は、特急「かいじ」も停車するJR塩山駅の北側から10分ほど歩いて行った先にあります。

温泉宿も近いところに集まっておりまして、その中に宏池荘もありました。宏池荘のお隣、お向かい、裏手・・・見渡してみると他の温泉宿が固まっています。

f:id:yu-snfkn:20190102231618j:plain

そんな宏池荘ですが、旅館の入り口と、地元の人向けの日帰り入浴の入り口とが分かれているようです。以前泊まった、石和温泉郷にある「日の出温泉」と同じですね。

www.onsen-oh-yu.com

自分は泊まる方の人ので、旅館の入り口からチェックインします。正面玄関のある建物が旧館で、その奥につながっているのが「新館」のようです。

f:id:yu-snfkn:20190102232105j:plain

新館、と呼ばれていますが、かなりくたびれた建物です。そんな「新館」の階段を上がって2階のお部屋へ案内されました。

f:id:yu-snfkn:20190102232215j:plain

ひとりで泊まるにはそこそこ広い部屋。素泊まりだったからでしょうか、すでに布団は敷かれていました。冷蔵庫、洗面所はお部屋にあります。

f:id:yu-snfkn:20190102232442j:plain

冷蔵庫の中には、瓶ビールや小さな瓶のウーロン茶が入っていました。

トイレはお部屋についていないので、フロアにある共用のトイレを利用します。シャワートイレになっていました。

また、館内ではWi-Fiが利用できるようになっていました。部屋から接続しても速度は十分で、便利でした。

スポンサーリンク ?

温泉とお風呂

新館の隣にある別な建物が、お風呂の建物になっています。宿からお風呂へは階段を下りて1階に出て、お風呂の建物に入るようになっていました。

宿の建物とお風呂の建物との間に、日帰り入浴の人向けの入り口がありました。その近くに宿の方がいまして、日帰りの人はここでお金を支払うのでしょうか。

f:id:yu-snfkn:20190102233013j:plain

日帰り入浴の人は、左側から入ります。左奥が宿で、右がお風呂。

お風呂は男女別の内風呂があります。

入ってみると大小ふたつの浴槽があります。小さいほうの浴槽は塩山温泉の源泉をそのままかけ流しているそうなのですが、源泉温度は23度。水風呂です。

年末の寒波が来ている時期で、源泉のお風呂には手を突っ込むのが精いっぱいだったのですが、地元の方と思われる人がそこに入っていました。さすがです。

山梨県の温泉ではよくあるのですが、冷たい源泉と沸かした温泉とを交互に入ると体に良いということで、ここでも2つの異なる温度の浴槽がありました。

温泉分析書によれば、アルカリ性の「単純硫黄冷鉱泉」という泉質らしいのですが、硫黄泉の香りはしませんでした。

f:id:yu-snfkn:20190104160502j:plain

さて、大きな浴槽のお湯は加熱されています。かなりトロトロしたお湯です。シャワー、カランも源泉のようで、顔を洗うとすべすべと。

ただ、カランは8か所くらいあったのですが、シャンプー、ボディーソープは1セットしか用意されておらず、使いまわすようになっていました。

宿泊客よりも、タオルやせっけん等を持ち込んでお風呂に入りに来る地元の人が多いからなのでしょうか?

ちなみに、お風呂に入れるのは夜は22時まで、朝は7時からとなっています。

源泉の温度が20度そこそこと冷たいので、大きな浴槽を沸かし続けるわけにもいかないのでしょう。これはほかの塩山温泉の宿でも同じようです。

また、新館の1階に露天風呂が1か所あったのですが、この日はお休みとのことで入れずでした。

もう一つ、ホームページによれば新館の2階に貸切風呂が1か所あるらしいったのですが、どこにあるかは分からずでした。 

スポンサーリンク ?

お食事

素泊まりにしたので、夕方に塩山駅の方に出て、居酒屋さんをはしごして帰ってきました。宿の食事自体は、新館1階の大広間でいただくようになっているようです。

f:id:yu-snfkn:20190104161145j:plain

個人的感想

塩山温泉は割と寂れた感じの温泉です。

ここ宏池荘は旅館と日帰り温泉とを一緒にやっているのですが、どちらかと言えば日帰り温泉のほうがメインな印象です。

宿の方も気さくな感じで、旅館に泊まりに来ているというより、日帰り温泉施設に来ているような感じがしました。

お値段も庶民的。素泊まりでちょうど6,000円。入湯税や消費税も込みのお値段だったようです。

 

塩山温泉は山梨県の中でも首都圏寄りの場所なので、首都圏からだと日帰り圏内ではあるのですが、ワイナリー巡りや登山の拠点として利用するのには便利ですね。

宿の方のお知り合いにプロ野球選手の方がいるようで、スポーツ選手の色紙が多数飾られていました。あと、テレビのロケがあったのでしょう、タレントさんの色紙も。

f:id:yu-snfkn:20190104161640j:plain

アクセス

JR中央本線「塩山」駅(特急かいじ停車駅)下車、徒歩10分。

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20190107093046j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村