温泉好きのお湯

関東近郊を巡る、静かな温泉旅。今度はどこへ行こうかな。

湯河原温泉 旅館魚判にひとり泊('22)

「さがみの小京都」湯河原温泉には、個人的に好みな、中小の温泉宿が多くあります。お隣の熱海温泉は大規模ホテルが多いので、対照的ですね。

今回お世話になった魚判も小さな宿で、宿の名前から想像できる通り、美味しいお魚がいただける宿でした。

平日の夜、都内から新幹線と電車とバスを乗り継いで、1泊してきました。

(2022年6月宿泊)

建物とお部屋

旅館魚判は、路線バスが頻繁に通る道沿いにあります。

昭和32年の創業とのことで、結構歴史のある宿のよう。確かに建物は古くていい雰囲気です。中に入ると、掃除が行き届いていてきれいでした。

チェックインして、翌朝の食事のメニューを選びます。(詳しくは食事のところで。)

玄関の奥のほうに、様々な絵柄の浴衣が積み上げられていました。そこで浴衣を選んで持っていきます。

女性だけではなく、男性も選べるのは珍しいかも知れません。

その奥には子供用におもちゃも用意されていました。子連れの宿泊のときは嬉しいですね。

愛想の良いご主人に案内され、階段を上って3階の奥のお部屋へ。

トイレは入口の脇にあって、洗面所はトイレの中にありました。

10畳の広いお部屋でした。遅い時間にチェックインしたので、既に布団は敷いてあります。テレビと金庫があり、奥にポットとお茶セット。

冷蔵庫は広縁にありました。東芝製の年代物。

窓の外はバス通り。温泉まんじゅうのお店が見えます。

夜は静かだったのですが、朝は結構車が走っていて、窓を開けると賑やかでした。

温泉とお風呂

1階と2階に男女別の内風呂があり、19時ごろに男湯と女湯が入れ替わります。

  • 1階は「万葉の湯」。(女湯→男湯)
  • 2階は「上総の湯」。(男湯→女湯)

左が万葉の湯(1階)、右が上総の湯(2階)。出典: https://www.uohan.net/about/

今回はチェックインが入れ替え後だったので、万葉の湯にのみ入りました。

湯河原温泉の源泉は結構熱いのですが、上手く温度調整されていて、最初だけ熱かったものの、入れば適温。

炭のような香りがほんのりする、透明のお湯。じんわり温まり、お風呂上りはお部屋のエアコンが要らないくらい。

お風呂を出たところにはウォーターサーバーがありました。

お食事(朝食のみ利用)

食事はお部屋食です。それも、この宿を選んだ決め手でした。

夜遅くのチェックインだったので、朝食のみのプランで予約していました。

チェックインの時に、翌朝の朝食の時間とメニューを選ぶようになっています。

まずは干物を選びます。あじ、えぼ鯛、かますの3種類から。魚判は干物屋さんもやっているのです。

次に、さざえ。お造りか、壷焼きか。お刺身好きなので、お造りにしました。

さて翌朝、宿のスタッフさんがお食事をお部屋に持ってきます。まずはサラダなど、その後でご飯やお味噌汁、温かい料理を。

朝からお魚尽くしで幸せになります。干物が美味しかったです。さざえのお造りもコリコリして美味。

珍しかったのは、お茶が緑茶とほうじ茶が一緒に出てきたこと。たいていはどちらかしか用意がないですよね。

食後には、デザートと一緒にコーヒーか紅茶もついていました。朝から豪華。

なお、朝にいただいた干物は、宿のお隣にある干物屋さんで買って帰ることができます。朝に食べたのと同じ、えぼ鯛の干物を買いました。

ちなみに宿泊した人は1割引きで買えます。

個人的感想

古い建物を丁寧に使っている宿でした。雰囲気も良く、中もきれい。

あとは、やはりお魚が美味しかったです。そんな美味しいお魚を、お部屋でいただけるというのもありがたい。

今回は夕食なしのプランでしたが、美味しいお魚をお酒と一緒にお部屋でゆっくりいただけたなら、幸せだろうなと思った次第・・・

お酒や別注料理のメニューも豊富にあるようです。次にお世話になるときは2食付きにしたいところ。。

宿泊料金は、11,500円(入湯税150円は別途)。平日1名の、朝食付きプランです。

通常の和室でしたが、露天風呂付きのお部屋もあります。

詳しくは予約サイトをご覧ください。

 

アクセス

JR東海道線「湯河原」駅から、伊豆箱根バス・箱根登山バス「奥湯河原」行きバスで「見付町」バス停下車、歩いてすぐ。

日中は1時間に4本程度バスが走っており、本数も多くて便利です。Suica等の交通系ICカードも利用できます。

関連リンク

近くの宿の宿泊記録

www.onsen-oh-yu.com

この宿が出てくる旅行記

www.onsen-oh-yu.com

公式サイト

www.uohan.net

さて、今度はどこへ行こうかな。