温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

温泉宿の、子供の食事。

ちょっと前に、家族が4人になりました。

出産後ちょっとバタバタしたのですが、少しずつ落ち着きを取り戻しています。

3人だったころは時々家族で温泉宿に泊まってきましたが、4人になってしばらくしたら「さて、4人でどこへ行こうかな。」と、時々考えたりもしています。

一方で、上の子はそろそろ5歳。温泉宿に泊まるとしたら、食事と布団を用意してもらうようにしています。

温泉宿のお食事(特に夕食)はたいてい、お子様ランチ的なものになりますね。今回はそんな、子供の食事について書いてみます。

スポンサーリンク ?

最初は「食事なし」。

基本的には、子供に食事をつけるのはある程度大きくなってからで良さそう。

うちの上の子の場合は、宿の食事をつけるようになったのはつい最近のこと、4歳になってからでした。もちろん個人差はあると思いますが。

それまでは、上の子は食事なしで泊まっていました。宿のお食事ってどうしても量が多いので、お子様向けでもボリュームがあるだろうなと思ったのです。

(後日、4歳になってからつけるようにした子供向けの食事も、うちの上の子にはまだちょっと多め。残した分は大人が美味しくいただいています。)

逆に、子供に食事をつけないけれど大人は食事つき、となると、大人の食事をおすそ分けすることになります。

その場合、たいていは子供用の食器(プラスチックの皿、スプーン、フォークなど)をつけてもらえます。まれに子供のご飯・お味噌汁がサービスされることも。

f:id:yu-snfkn:20180620013435j:plain

温泉宿の夕食は和食が多くて、時には、大人のおすそ分けで子供に食べさせられそうな、もしくは子供が好きそうなおかずがあまりないこともあります。

でも温泉宿のお食事はおかずの品数が豊富ですから、食べさせられるものが全くない、ということはありませんでした。

うちの子の場合はご飯(白米)と、朝の納豆と味付け海苔でした。

あとはマグロの刺身。海から遠い宿でも平気で出てくる一品ですが、子連れの時には貴重な存在に様変わり。うちの上の子はマグロ好きなのです。 

www.onsen-oh-yu.com

そして食事をつけてみた。

そんな上の子も4歳になり、普段の食事も結構まともに食べるようになったので、宿でも子供の食事をつけてもらうことにしたわけで。

既にファミレスなどでお子様ランチを経験済みで、ハンバーグやフライドポテト、オムレツなどをぱくついていたのです。

まだ、宿でお子様メニューをつけてもらった経験は数回のみですが、宿の子供用の食事も、一部のおかずは大人と同じになっていることが多かったです。

そんな大人おかずと一緒に、ハンバーグや唐揚げ、フライドポテトにエビフライのような、ザ・お子様ランチ的なものがついていたり。

f:id:yu-snfkn:20180620013607j:plain

宿によっては、唐揚げとかフライドポテトは冷凍食品なのかも知れませんが、でも子供的にはきっと嬉しいのだろうな、と。

そんな中で、これは大人が食べたいぞ、と思えるようなガチメニューが出てくることもありました。例えば↓これ、4歳児向けのメニューです。

f:id:yu-snfkn:20180620013714j:plain

宿で食事をしない場合

温泉宿に泊まっても、必ず2食付きのプランにするわけではないでしょう。素泊まりにしたり、朝食のみをつけたりすることもきっと多いと思います。

かくいう我が家も、子連れで素泊まり、というのを何度かしたことがあります。その場合、外に夕食を食べに行くことをまず考えます。

また、子供が小さくてまだあまり食べない頃は、親が1人ずつ外に出て交代で食べてくる、という風にしたことも。でもこれだと、みんなで食事ができません。

食べられる年齢になっていればみんなで外に出ても良いのですが、温泉街って意外と子連れで外で食べられるところが見つからなくて。

夜だと居酒屋がありますが、子連れだとちょっと、他のお客さんの目とかタバコの煙が気になってしまいます。

一番いいのはファミレスですが、そもそも温泉街にファミレスってあまり見かけないですし、旅に出てまでファミレスは・・・ねぇ。

幸い、うちの4歳児はそばアレルギーがないので、そば屋さんも選択肢に入ってくるのですが、温泉街で夜も営業しているそば屋さんって意外と少ないのですね。

スポンサーリンク  

そんな中で重宝したのが、駅弁です。その土地ならではのお弁当が楽しめますし。お弁当を食べる、というのがちょっとした非日常で、子供もちょっと喜ぶかも。

ということで、宿が持ち込みOKであることが前提ですが、駅弁を買っておいて、お部屋でお弁当を食べるのもいいでしょうね。

スポンサーリンク  

ということで

ひとり温泉旅であれば、素泊まりでもいいや、になるのですが、子連れで温泉宿に泊まるのであれば、やはり夕食も朝食も付けたほうが良いですね。

未経験ですが、伊東園ホテルや大江戸温泉物語のような、格安で泊まれて食事がバイキング、という宿であれば、子連れの食事も便利なのかもしれません。

今のところは、そういった宿に泊まろうとは考えていないのですが、人数も増えたので、そういうところの有難みが感じられるようになるのかな、と思ったり。

www.onsen-oh-yu.com

さて、今度はどこへ行こうかな。