温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

3連休に、ひとり温泉旅へ。

暦通りにお休みがある人にとって、短い旅行に出かけるなら週末(土日)を使うことが多いのだろうなと思います。

日本には多くの祝祭日がありますが、金曜日や月曜日に祝祭日がやってきたり、振替休日があったりで、3連休ができるタイミングが年に何度かありますよね。

普段の週末よりも3連休のほうが旅行の計画を立てやすくて、ひとりで温泉旅をすることの多い自分も、3連休が近づいてくるとそわそわします。

そう、「さて、次の3連休はいつかな?」と、カレンダーを確認するのが好きで。3連休になったらどこに行こうかな、と妄想する、というわけです。

でも、3連休にひとりで温泉旅に出るのもメリットばかりではありません。むしろ、注意点の方が多いかもしれないです。

そこで今回は、3連休の温泉旅のポイントを書いてみることにしました。  

スポンサーリンク ?

3連休旅行の一般的なメリット&デメリット

一般的に、3連休に旅行するメリットって何でしょう? やはり時間が多く確保できるというのに尽きるのでしょうか。

  • 2泊3日の旅行ができる。1泊2日の旅行よりも遠くに行ったり、現地の滞在時間を長く取ったりすることが可能。
  • 最初の2日で1泊2日の旅行をして、残り1日を休養にあてれば、旅の疲れも残らない。(→自分ももう若くはなく。笑)

メリットとしてそんなところが浮かんできますが、一方でデメリットは、混んでいるということだと思います。

  • ふだんの週末よりも混雑している
  • ハイシーズンなので宿が高い

皆さん、考えることは同じですよね。混むのはある程度、仕方のないことでしょう。

スポンサーリンク ?

ひとり温泉旅の、3連休のメリット

そして、ひとりで温泉旅をする人(→ここでは、自分のことなのですが。)にとっての、3連休のメリットをあげてみましょう。

同じ宿に連泊できる

普段は1泊2日の温泉旅をしているのが、3連休だと2泊3日にすることができます。温泉宿に2日も泊まれるのですが、その際の宿を、

  • 同じ宿に2泊続けて泊まる。連泊。
  • 異なる宿に1泊ずつする。

のどちらにしようかな、となります。

居心地のいい宿で連泊するのって結構幸せなものです。午前中、チェックアウトでほかのお客さんが帰った後も、宿で過ごすことができるわけで。

2日目のたっぷりの時間、どう過ごそうかな、と考えるのはとても贅沢な気がします。

まあ午前中は、宿のお掃除タイムで掃除機の音がしたり、お風呂の掃除とお湯の入れ替えの時間帯でお風呂に入れなかったりもするのですが。

なので、2日目の午前中は宿を出て散歩したり、早めのお昼を食べに行ったりして、お昼過ぎに宿に戻ってくれば、お風呂にもまた入れるようになります。

なお、個人的に連泊するときに気をつけているのが「初めて泊まる宿には連泊しない」ということ。

一度泊まってみて、その良さを知っている・・・そんな宿に連泊するようにしています。そのほうが何かと安心ですので。

f:id:yu-snfkn:20190114003109j:plain

連泊と言えば、群馬県の四万温泉に連泊したことがあります。

2つの宿に泊まれる

ということで、自分が2泊3日の温泉旅をするときは、1泊目と2泊目とを別な宿にすることのほうが多いです。

個性の異なる2つの宿に泊まるのは楽しいことですし、温泉地を変えれば、泉質の異なる温泉に入れます。

個人的にお勧めなのは、それぞれ近い2か所の宿を取ること。1泊目の宿をチェックアウトして、少しだけ移動して2泊目の宿にチェックインする感じです。

その理由は、宿から宿への移動距離が短いほうが、時間的に余裕が生まれるから。

だいたい1泊目の宿を10時ころまでにチェックアウトして、2泊目の宿へのチェックインは15時くらいからできますが、宿と宿との間には約5時間くらいしかありません。

移動、昼食、観光・・・時間を使っていると、意外と5時間ってあっという間です。

基本的には、温泉宿には早めの時間帯にチェックインして、まだお客さんの少ない、空いているお風呂でのんびりしたいのですよね。 

www.onsen-oh-yu.com

ひとり温泉旅の、3連休のデメリット

3連休のひとり温泉旅のデメリットは、やはり「混んでいる」こと。

列車やバスの予約が取りにくいですし、もし高速バスで移動することにした場合、道路の渋滞で到着が数時間遅れたりします。

温泉宿も普段より予約が取りにくいです。普段の週末ならひとりでも泊まれる宿も、3連休の時はひとり客の受け入れ不可になったり、割増料金がかかったり。

有名な観光地も普段以上に混んでいます。観光客でごった返している中にひとり、というシチュエーションは、個人的には好きなものではありません。。。

人ごみをかき分けかき分け進んだり、グループで来ている人に「ひとりですか?」と話しかけられたり、記念写真の撮影を頼まれたり、と・・・。

まあもともと、ひとり温泉旅のときは有名な観光地に行かないようにしているので、あまり影響はないのですが(苦笑)。

f:id:yu-snfkn:20190114003449j:plain

3連休にひとり温泉旅をするなら

とまあ、混んでいるところにひとりで出かけるのは疲れるものです。そんな自分が3連休にひとり温泉旅をするときに考えていることをまとめてみました。

1泊2日にする

気持ち的にも2泊3日のスケジュールにしたくなりますが、ここはあえて、1泊2日の温泉旅にすることが多いです。要は、

  • 1日目に出かけて、2日目に帰ってくる。
  • 2日目に出かけて、3日目に帰ってくる。

のどっちか、ということになるのですが、これで「行きも帰りも電車やバスが混んでてしんどかった」という思いをしなくて済むことが多いのです。

3連休の真ん中、2日目は、1日目と3日目に比べて比較的交通機関も空いています。

1日目の行きの移動と、3日目の帰りの移動は混むのですが、1泊2日にすれば、行き帰りの片方を、比較的すいている2日目にできるのですね。

3連休の翌日は仕事になるので、1日目に行って2日目に帰ってくることが多いのですが、3連休の1日目より2日目の方が、宿の空室が若干多い気もします。

スポンサーリンク ?

高速バスには注意する

3連休の高速道路はふだんの週末より渋滞します。なので、その高速道路を走る高速バスも渋滞で到着が遅れます。

なので、遅れたくなければ高速バスを利用しないようにしますが、もし高速バスを使う場合は、遅れる前提でスケジュールを立てておけばストレスも少ないです。

個人的には、3連休に高速バスを利用するときは、時刻表に書かれた時間+2時間はかかるだろうな、と覚悟(?)して乗るようにしています。

それで、遅れが2時間未満だったらラッキーでしょう。まあ、事故渋滞や高速道路の通行止めなどで2時間以上遅れてしまうアンラッキーなケースもありますが・・・。

f:id:yu-snfkn:20190114003601j:plain

というわけで

3連休にひとり温泉旅に行くのは混雑との戦いになってしまうのですが、3日間を有効活用できるのは魅力的。

2泊3日にしてゆったり楽しんでもいいですし、それが難しくても1泊2日にして、1日家でゆっくりする時間を作るのもいいものです。

この記事を書いている2019年にも、3連休は何度もやって来ます。また、2019年は元号が変わるので、ゴールデンウィークもさらに長い連休になるそうで。

何かの参考になれば幸いです。

さて、今度はどこへ行こうかな。