温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

お盆休みでも、ひとり温泉旅へ。

お盆の直前にこの記事を書いておりますが、お盆の時期ほど、ひとり温泉旅の難易度が高い時期はないのではないかと思っています。

お盆は多くの人が帰省や旅行で移動し、宿泊をする時期。そんな中でややマイノリティのひとり客が割って入るのは結構難しく。

宿や交通機関の予約の難しさと、旅先での混雑度合いは、少し前のゴールデンウィークと同じくらいですが、ゴールデンウィークは季節的には過ごしやすいのです。

www.onsen-oh-yu.com

そう、お盆は暑い。

かくいう自分も、お盆の時期にひとり温泉旅に出かけるのはなるべく避けるようにしています。さいわい、自分の職場は夏休みを好きなタイミングで取れるのです。

それでも日程調整がつかず、お盆の時期にひとり温泉旅を考えたり、実行に移したことがありました。

夏休みイコールお盆休み、という人も多いでしょうし、出かけたいけどお盆なんだよなぁ、という人もいるでしょう。

そこで今回は、上手くお盆休みにひとり温泉旅をするにはどうすればいいか、考えてみようと思います。

 

お盆のひとり温泉旅

というわけで、基本的にはあまりお勧めしない、お盆の時期の温泉旅。

  • 気温が暑い。温泉のお湯も熱い。
  • オンシーズンで、電車や宿が混雑している。
  • そもそも電車や宿の予約が取りづらい。

という感じになってしまうのは、否定できません。

特に「ひとりで温泉宿に泊まる」場合、一番きついのはゴールデンウィークと同じく、

  • ひとりで泊まれる宿が少なくなる。
  • ひとりで泊まれる宿も、宿泊料がぐぐっと上がる。

というところでしょうね。

最も厳しいのはお盆の週末。1名で泊まれる温泉宿を予約サイトを調べてみると、1泊数万円もする高級旅館がわずかにヒットする、ということも多く。

普段の自分の予算では、残念ながら手が出ません・・・。 

www.onsen-oh-yu.com

お盆が終われば9月にシルバーウィークがありますし、10月と11月には3連休もあります。そこでも出かけたいので、あまり贅沢はできないのです。

まあこれは比較的頻繁にお出かけをしている自分の場合ですが・・・

 

それでも出かけるなら

それでもお盆は、まとまった時間ができる貴重なタイミング。暑いのはどうしようもないのですが、何とか悪条件を乗り越えて出かけたいもの。

宿を取るなら

宿を取るなら、お盆期間でも「平日」を狙うのが良さそう。宿泊料金や、ひとり泊の設定が平日扱いのままになっている宿もあります。

普通の平日ならひとり泊のプランがあり、週末よりお得に泊まれることが多いのですが、お盆にそれが残っているというのは貴重ですね。

移動するなら

移動手段では、高速バスは利用しないほうが良いでしょう、テレビニュースに出てきそうな数十キロの大渋滞にはまる可能性大、です。

ところが、新幹線も特急列車も指定席は満席で、自由席も混雑していたり。こんな時こそ、普通列車の旅がいいのではないでしょうか。

夏から9月にかけて利用できる「青春18きっぷ」もありますし。1枚で5回分利用できるきっぷなので、ひとりで使い切るのは難しいのですが、使えるなら使いたいところ。

青春18きっぷの詳しい説明は、ひささんのブログへどうぞ。

www.kzlifelog.com

ただ、普通列車に長く乗っているとそれなりに消耗するので、遠くないところを目的地にしたり、こまめに乗り換えて気分転換するのがおすすめです。

首都圏からであれば、北関東や千葉県などへ向かうJRの普通列車にグリーン車が連結されているので、それを利用してゆったり行くのが一番良いかもしれません。

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20190807094455j:plain

過ごすなら

そうして、お盆期間の平日に、普通列車でコトコト出かけてみたとして。

f:id:yu-snfkn:20190807093121j:plain

電車から地方の大きな町の駅に降りてみると、お盆は町も混んでいることが多いです。

人の多いところに長く滞在すると疲れてしまいそうなので、温泉まで向かう電車やバスに乗り換えて、早めに温泉へと向かうことが多い自分です。

f:id:yu-snfkn:20190807093235j:plain

そうして着いた温泉宿へ、早めのチェックイン。早い時間帯はお風呂も空いています。熱い温度の温泉なら、昼下がりはちょっとお湯も熱いかもしれませんが・・・

まあ、宿にチェックインさえすれば、あとは自分の空間と自分の時間がそこにある、というのはお盆でなくても同じです。

f:id:yu-snfkn:20190807093357j:plain

もしかしたらどこかで、夏のお祭りがやっているかもしれません。そんなお祭りを楽しむ、というのもいいですね。

f:id:yu-snfkn:20190807093532j:plain

まあ、ひとりで来ているなら、少しだけその雰囲気を楽しんで、という感じになりそうですが。

 

というわけで

ちょっと難易度の高い、お盆の時期のひとり温泉旅。予約の仕方、過ごし方は他のハイシーズンと似ています。他と違うのは、暑いということ・・・

お盆期間の平日を狙ったり、移動を少なめにしたり、温泉宿への滞在時間を長くしたりして過ごすのがいいのかな、と思っています。

ちなみに、2018年のお盆期間は、平日に宿を取ってこんな温泉旅をしていました。

www.onsen-oh-yu.com

幸か不幸か天気が微妙で、あまり暑くはならず。むしろ寒い時間帯もあったくらいで。

初日の伊香保温泉は有名な温泉地ということで賑わっていましたが、2泊目に割と静かな老神温泉を選んだので、静かな温泉旅ができました。

f:id:yu-snfkn:20190807093738j:plain

・・・という風に、お盆休みのひとり温泉旅について書いてきました。

身も蓋もないのですが、いつもの年なら、お盆の時期に休まずに、あえて会社に出て仕事をしていることが多い自分です。

都市部のオフィス街と通勤電車は静かで、それなりに快適なのですね。

お盆の時期、あなたはどのように過ごしますか? 旅行するにしても、家で過ごすにしても、ゆっくりできると良いですね。

f:id:yu-snfkn:20190807093909j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。