温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

東野交通バス「板室線」に乗って、板室温泉(栃木県)へ。

この静かな温泉ブログでも何度か紹介したことのある、栃木県の板室温泉(いたむろおんせん)は那須岳の西側の山間にあります。      

www.onsen-oh-yu.com

最寄りの駅から板室温泉へは路線バスで向かうのですが、2018年4月にダイヤ改正が実施され、本数が減ってしまいました。

その辺の更新情報も含めて、今回書いておきます。 

スポンサーリンク ?

板室線の概要

JR宇都宮線「黒磯」駅と板室温泉とを結ぶバスです。一部の便が、黒磯駅のお隣の駅、那須塩原駅から出発して、黒磯駅を経由して板室温泉に向かいます。

f:id:yu-snfkn:20180521182521j:plain

ちなみに那須塩原駅は、JR宇都宮線と東北新幹線の駅です。

この板室線を運行しているバス会社は「東野交通(とうやこうつう)」です。

東野交通株式会社(公式ホームページ)

所要時間・運賃・本数

所要時間

黒磯駅、那須塩原駅から板室温泉までの所要時間は以下の通りです。

  • 黒磯駅~板室温泉:約35分
  • 那須塩原駅~板室温泉:約50分。 

運賃

運賃は以下の通りです。Suicaなどの電子マネーには対応していません。

  • 黒磯駅~板室温泉:910円
  • 那須塩原駅~板室温泉:1,150円

また、お得なきっぷが2種類あります。

那須高原フリーパス。板室を含む那須エリアの東野交通バスが2日間乗り降り自由で2,600円。那須岳(茶臼岳)の途中まで登る「那須ロープウェイ」の運賃も割引に。

駅と板室温泉とを往復するだけなら元が取れませんが、板室温泉以外にも那須のあちこちをバスで観光するときはお得です。

板室往復券。黒磯駅から板室温泉までの往復券。5日間有効で、往復1,500円。黒磯駅と板室温泉の往復運賃は1,820円なので、かなりお得になります。

5日間有効、というのが、湯治での長期滞在の多そうな板室温泉らしさを感じますね。

f:id:yu-snfkn:20180520222157j:plain

板室往復券の情報は、東野交通のホームページに掲載されていないようです。まだあれば良いのですけど。

自分がこの「板室往復券」を利用したときは、黒磯駅バス乗り場のすぐ裏にあった東野交通の乗車券売り場で買いました。

f:id:yu-snfkn:20180521182355j:plain

東野交通の営業所は2018年2月に移転して、バス乗り場から少し遠くなったようです。詳しくは東野交通ホームページでご確認ください。

f:id:yu-snfkn:20180521090748p:plain

出典:http://toya108.jp/public/_upload/type010_1_1/file/file_15192884456.pdf

本数

2018年4月にダイヤ改正があり、バスの本数が減ってしまいました。

行きの本数は、以下の通りです。

  • 黒磯駅→板室温泉:平日6本土日・休校日3本
  • 那須塩原駅→板室温泉:平日4本土日・休校日1本

帰りの本数は、以下の通りです。行きと帰りとで本数が違います。

  • 板室温泉→黒磯駅:平日6本、土日・休校日3本
  • 板室温泉→那須塩原駅:平日2本、土日・休校日1本

平日の方が本数が多くて、かつ「休校日」という設定があるのが、このバスが地元の学生さんが多く利用するバスなのだろうな、と想像できますね。

なお、ダイヤ改正前のバスの本数は那須塩原駅から1日4本、黒磯駅から1日9本でした。

f:id:yu-snfkn:20180521183028j:plain

東北新幹線との乗り継ぎ

ということで本数が少なくなり、特に東北新幹線の那須塩原駅から直接バスで板室温泉に行くのが難しくなり、現実的には、直接行けるのは平日のみになりました。

平日の那須塩原駅発のバスは、8時台、9時台、14時台に出ます。午前中のバスだと少々早すぎるので、

東京駅13:12発→(東北新幹線)→那須塩原駅14:21着/14:45発→(バス)→板室温泉15:35着

という風になりそうです。(2018年5月現在)

一方、土日・休校日に那須塩原駅をバスは朝8時台に出る1本のみになってしまいました。午前中に板室温泉に着いてしまいますね。。。

また、帰り(板室温泉から那須塩原駅)のバスの出発は、平日だと9時台と10時台で、休日だと9時台のみ。まあ、宿のチェックアウト後に利用しやすい時間帯ではあります。

ということで、板室温泉まで新幹線とバスで行く場合は、

東京駅など→(新幹線)→那須塩原駅→(宇都宮線)→黒磯駅→(バス)→板室温泉

というルートが現実的だということですね。

黒磯駅は那須塩原駅の隣の駅なので、電車に乗っている時間は5分程度です。

f:id:yu-snfkn:20180521181935j:plain

高速バスとの乗り継ぎ

都内と那須温泉とを結ぶ「那須・塩原号」という高速バスがあるのですが、途中の「戸田」というバス停で、今回紹介している板室線と交差します。

www.onsen-oh-yu.com

以前は、この高速バスに乗って戸田バス停で降りて、そこから板室線に乗って板室温泉に行くことも一応可能になっていました。

今はバスの本数が減ってしまい、どのバスに乗っても戸田バス停で長時間待つことになり、高速バス&路線バスで板室温泉を目指すのは事実上困難になりました。

帰りの場合もほぼ同様で、一部の例外を除いて、行きと同じ状況です。

ネット上には、高速バスとの乗り継ぎ可能、と書かれた情報があちこちに残っていますが、今やそうではないのでご注意を。

(このブログでもそう書いていたので、早々に直しておきます。)

高速バスを利用して板室温泉に行ったことが何度かあったのですが、昔話になってしまいました。

スポンサーリンク  

板室線に乗ってみた 

そんな風に、少々寂しくなってしまった板室線ですが、JR黒磯駅から乗ってみましょう。

f:id:yu-snfkn:20180521182229j:plain

黒磯駅~戸田

黒磯駅の上には東北新幹線の線路があり、時々新幹線が勢いよく走り抜けていきます。

f:id:yu-snfkn:20180521182322j:plain

駅の改札脇にJRのコンビニNEWDAYSがあり、バスが出るロータリーの向こうにカフェと静かな商店街。ロータリーを出て左に歩いていくと、スーパーもあります。

バスに乗るまでに、買い物を済ませておきましょう。

f:id:yu-snfkn:20180521182658j:plain

ロータリーに入ってきたバスは黒磯駅前の静かな商店街をゆっくり抜けて、やがて「板室街道」に出ます。板室街道に出てからそこからは道なりです。

最初はお店が点在する街並みを抜けていきます。時々、工場の前を通ります。この辺りは広い平地。那須野が原です。

徐々に建物が減り、代わりに木々が増えてきます。

東北自動車道をくぐって少し走り抜けた先、「青木別荘前」というバス停があります。ここは「道の駅明治の森」があります。

道の駅「明治の森・黒磯」

バスはさらに那須野が原を走り、やがて大きな交差点へ出ます。ここが戸田。以前はここで、高速バスとの乗り換えができたのでした。

スポンサーリンク  

戸田~板室温泉

戸田から先は道が少し細くなり、建物がさらに少なくなります。ところどころ木々があり、平地が広がっています。畑や牧草地のようです。

道沿いにカフェがちらほらあるのが、那須らしさを感じます。徐々に木々が増えてきて、森に入ってくる感じがします。

板室温泉の宿の中でも一番麓にある「ホテル板室」を過ぎたあたりから、カーブも増えて山道らしくなっていきます。

www.hotel-itamuro.jp

バスは木々の中を走るようになります。坂を登り切った「深山ダム入口」バス停の奥には「幸の湯温泉」という一軒宿のような温泉宿があります。

ここからバスは坂を下りていきます。トンネルのような長い屋根を抜けて、林を抜けて、那珂川を渡り、板室温泉の温泉街へと入っていきます。

f:id:yu-snfkn:20180521183130j:plain

終点の板室温泉バス停は温泉街の中心部、郵便局のお隣です。ご乗車お疲れさまでした。

f:id:yu-snfkn:20180521182819j:plain

まとめ(と、ご注意)

バスの本数が少なくなり、新幹線や高速バスとの乗り継ぎが難しくなってしまいました。なので、出かける際は時間をよく調べましょう。

高速バスは利用せずに、JR黒磯駅から乗ったほうが良さそうです。東北新幹線を利用する場合も、那須塩原駅で宇都宮線に乗り換えて、黒磯駅に行きましょう。

f:id:yu-snfkn:20180521183347j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村