温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

あの頃から、今を経て、これからへ。

今(2020年4月)は人との接触を避けなければいけない時期で、主に家で過ごしている方が多いかと思います。

自分も会社への出勤を取りやめて、家でじっと過ごしています。家の外に出るとしても、歩いて行けるところにしか行っていません。

そんな日々が続くと、いろいろと考え事をして、ときには悶々として、過去のことを振り返ったり、これからのことを思い描いたり、といった風です。

 

あの頃

もちろん単純には比べられませんが、2020年の春は、9年前の2011年の春と状況的に似ているところもあるように思います。

それで、あの頃何をしていたのかな・・・と思い返している自分がいて。

当時も首都圏に住んでいまして、2020年の春と同じように、9年前の春も「自粛」の期間がしばらく続きました。

その頃も旅行好きだったのですが、2011年の記録を振り返ってみると、泊まりがけの旅行には夏になるまで出かけていませんでした。

f:id:yu-snfkn:20200418013625j:plain

ただ、2020年と違っていたのは、2011年は仕事も仕事以外も、今以上に多忙だったということ。

忙しさの度合いは人それぞれなので、あくまで自分の状況ではあるのですが、当時の自分の仕事はかなり多忙でした。逆に2020年は、労働の量は9年前より減っています。

これはおそらく、少し前に「働き方改革」が叫ばれてから、世間の労働時間が減少傾向にある、というのが理由の一つだろうなと。

さらに、この2020年の春、通勤が不要な「在宅勤務」が浸透し始めたのもあるかもしれません。自宅で仕事をすると、職種によっては仕事の時間が短くなります。

また、世の中の自粛が広く長く続いていることで深刻な不況になり、業種によっては仕事が減っている、という面もあると思います。

 

さて話を2011年に戻すと、多忙だったこともあり、自粛期間中の記憶はあまりなく。

2011年の春は一気に駆け抜けていったのですが、夏になって旅に出かけられるようになりました。

f:id:yu-snfkn:20200418012805j:plain

久しぶりの温泉旅をしたり、夏から秋にかけて登山をしたり。あるいは、友人に誘われて東北地方の被災地で、1日だけですがボランティアをしたり。

(話はそれますが、被災地にボランティアをしたときは、大災害の傷跡を目にして、個人の力の小ささを感じたものでした)

出かける、という意味では、年の後半から徐々に通常モードに戻っていったような記憶です。

f:id:yu-snfkn:20200418013123j:plain

今を経て

いっぽう、今(2020年4月)思うのは、恐らく年の後半に通常モードに戻る、ということはなさそうだ、ということ。(あくまでいち素人の見解ですが。)

薬が正式に承認され、ワクチンが開発され、薬の投与やワクチンの接種がごく普通にできるようになってようやく、状況は改善するのだろうな・・・と思っています。

その頃には、もしかしたら、静かな温泉旅を再開できているのでしょうか。

むしろ、再開できることを願いつつ、今できることは何だろう・・・と思いつつ、こんなことをしています。

 

地方銀行の口座開設

これまで、特に北関東や甲信越へ静かな温泉旅をしてきました。

そんな旅の行き先には、いわゆる地方銀行があります。そんな銀行に口座を開設して、少しずつお金を入れています。

貯めたお金を、将来、自分がその地方銀行がある地域に静かな温泉旅で出かけたときに使おう、というわけ。

基本的に、地方銀行の口座を開くには、その銀行がある地域に住んでいる必要があります。ということは、基本的には、口座開設は難しい。

ただ、一部の銀行には「インターネット支店」という支店があって、その地域に住んでいなくても口座を開設できる場合があるのです。

そこで、地方銀行のインターネット支店に口座を開設したのでした。

この辺について、過去に少し書いています。

www.onsen-oh-yu.com

投資信託のスポット購入

次に、以前から投資信託を100円単位でコツコツ購入していたのですが、購入する機会と額を、少しだけ増やすことにしました。

基本は老後資金目的で続けている投資信託ですが、一部の投資信託については、静かな温泉旅をする前に解約して旅行資金の一部に使う、ということをしてきました。

うまくいけば、解約した際にコーヒー1杯分くらいの利益が出たりします(笑)。少なくとも銀行に預金するよりは、ほんの少し楽しく、嬉しいものでした。

f:id:yu-snfkn:20200418014806j:plain

ただ注意したいのは、この記事を書いている2020年の春は、相場の動き(特に、株などの値段の下落)が激しい時期だ、ということ。

なので、もし投資信託を始めるというのであれば、慎重に考える必要があります。

もうひとつ、投資信託は本来長く続けていくものなので、ここで書いているように、少し先の旅行資金のために投資信託を買うのは、投資信託本来の使い方ではありません。

一応、旅行資金用の投資信託には、値段のアップダウンが少なそうな投資信託を見つけて選んで買うようにはしていますが、結果はどうなるかは分かりません。

ということで、おすすめはできないのですが、一応、こんなことやってるよ、ということを書いています。あくまで投資は、自己責任で。 

www.onsen-oh-yu.com

ふるさと納税

静かな温泉旅で出かけた市町村に寄付をして、その市町村での買い物や宿泊で利用できる券を返礼品にいただく、というのを毎年やっています。

自分が知っていて、行ったことのある市町村に寄付をして、そこに静かな温泉旅で出かけて現地でお金を使うというのが大事なのだろうな、と思っており。

毎年やっているのですが、2020年も、少額ではあるものの、そんな市町村へのふるさと納税を始めています。

ただ、返礼品の券にも有効期間があります。なので、その市町村にいつ行けるか分からない・・・という状況では、これまた慎重に進める必要がありそう。

www.onsen-oh-yu.com

これからへ

Twitter等でも、自分と同じような旅好きの方が、過去の旅を振り返ったり、これからの旅を思い描いたりして、今を過ごしているのを目にします。

自分も、少し前の温泉旅を振り返ってみたり、大きな危機だった9年前に何をしていたかを思い出してみたり・・・というところから始めました。

 

次に、今後に向けて、静かな温泉旅に出る準備をしていこう、と、徐々に気持ちの方向を変えていこうとしています。

まあ現実的に、先立つものがないと、静かな温泉旅にも出られないので(苦笑)。

あまり貯金の類は得意ではないものの、少し先の温泉旅に向けて蓄えよう、と思うようになって、少し気持ちが楽になったような気もしています。

(もしかしたら、気持ちがよそを向いているだけかも知れませんが。)

ただ、これからも長いトンネルを歩く日々が続くでしょう・・・

出口が見えない中、気持ちを保ちつつ歩き続けるノウハウがもっと、あればいいなと思います。

f:id:yu-snfkn:20200417235817j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。