温泉好きのお湯

関東近郊を巡る、静かな温泉旅。今度はどこへ行こうかな。

越後田中温泉 しなの荘にひとり泊('21)

越後(新潟県)にある宿ですが「しなの荘」というお名前の、前から少し気になっていた宿でした。

鉄道やバスで行くのは大変そうなイメージを勝手に持っていたのですが、調べてみると意外と便利にアクセスできると知り、今回予約してみました。

(2021年7月宿泊)

建物とお部屋

宿の最寄り駅から坂を下り、案内に従ってわき道へと曲がっていくと、しなの荘の駐車場と黒い建物があります。一軒宿です。

f:id:yu-snfkn:20210722145133j:plain

建物のすぐ脇は信濃川。ちょうど梅雨の終わりの時期で、雨が降ったからでしょうか、勢いよく流れています。

信濃川に沿っているから「越後なのに"しなの"荘」という名前なのかもしれません。

中に入ると、新しい建物です。後でおかみさんに聞くと、創業は約50年とのことなのですが、2011年にリフォームされたそう。

靴を脱いで上がり、チェックイン。まずは食事の時間を決めて、案内の用紙とお部屋の鍵を受け取り、自分でお部屋へと向かいます。

お部屋までの案内がないのは、感染症対策ということのようです。

廊下には畳が敷かれています。スリッパはなく、素足でも歩けます。ちょっと気持ちがいいですね。

f:id:yu-snfkn:20210722145327j:plain

さて、今回のお部屋は階段を上がって2階の奥。ひとり旅用の、シンプルな6畳の和室でした。既に布団が敷いてあります。

f:id:yu-snfkn:20210722145409j:plain

テレビ、金庫、空の冷蔵庫がありますが、この部屋にはトイレ、洗面所はありませんでした。もちろん、宿の中にはトイレや洗面所がある部屋もあります。

お茶菓子を美味しくいただきました。地元津南の「山麓サブレ」。

f:id:yu-snfkn:20210722145531j:plain

窓を開けるとちょうど玄関の上で、目の前の駐車場の脇はすぐ信濃川。音を立てて流れていきます。

温泉とお風呂

1階に、男女別のお風呂があります。

f:id:yu-snfkn:20210722145728p:plain

https://www.tsunan-kanko.co.jp/onsen.html

日帰り入浴も可能で、地元の方も入りに来られていました。感染症対策ということで、若干の入場制限はしているようです。

男湯と女湯とは、高い壁を挟んで隣り合っています。内風呂の奥には、小さな露天風呂。屋根があり、半露天という感じ。

露天風呂の前には池があり、一瞬お風呂と間違えそうになりました。

お湯は、少しばかり茶色いアルカリ性単純温泉。とろみがあります。匂いをかぐと、かすかに硫黄泉のような匂いも。

源泉温度が約35℃とぬるいため、加温しているようです。

暑い季節の午後に入った時は若干熱めに感じたものの、気温の下がった夜と朝は、入りやすい温度になっていました。

お食事

夕食・朝食ともに、1階の食事会場にていただきました。

テーブル席で、他のお客さんのテーブルとは十分に距離があります。

夕食

最初は前菜とお造りが用意されており、それからできたてのお料理を少しずつ持ってきてくださいます。

f:id:yu-snfkn:20210722145842j:plain
f:id:yu-snfkn:20210722145907j:plain

山菜や野菜が多めの料理です。お肉は地元産「津南ポーク」、お魚は魚沼産のイワナに、八海山サーモン。

f:id:yu-snfkn:20210722145937j:plain
f:id:yu-snfkn:20210722150019j:plain

お酒は、地元津南町の「苗場酒造」の、利き酒セットをいただきました。もちろん美味しく・・・

ごはんは魚沼コシヒカリです。お味噌汁と一緒に、最後の方で一膳出てきました。

f:id:yu-snfkn:20210722150201j:plain
f:id:yu-snfkn:20210722150239j:plain

旅館の食事はボリュームが多いことがありますが、今回のお食事は適度な量、腹八文目という感じでちょうど良かったです。

朝食

朝も同じテーブル席でいただきます。

最初からほとんど全てのおかずが用意されていました。ご飯はおひつに入っています。

f:id:yu-snfkn:20210722150346j:plain

前の晩の夕食がボリューム控えめだったので、朝からよく食べられました。ご飯も美味しく、そしてすっかり満腹に。

食後に、コーヒーか牛乳かコーヒーがつく宿泊プランにしていたので、食後にコーヒーをいただきます。越後妻有(つまり)の、じょんのびコーヒー。

なお、メニューに「のんびり旅には朝ビール、朝酒もどうぞ」と書かれていました。前の晩もそこそこ飲んだので、やめておきました・・・

f:id:yu-snfkn:20210722150418j:plain
f:id:yu-snfkn:20210722150733j:plain

個人的感想

久しぶりに、一軒宿に泊まりました。

「日本秘湯を守る会」の会員宿ですが、駅から歩くこともできますし、そこまで秘湯という感じはしなかったです。

f:id:yu-snfkn:20210722150656j:plain

まあ、最寄り駅は無人駅で、列車の本数もかなり少ないのですが。

お食事が適量だったのと、建物に清潔感があったのが良かったです。

お部屋はシンプルでしたが、プランを買えればもっと広いお部屋や、お風呂付のお部屋が選べるようになっています。

また、JR飯山線か、路線バスで来た人は、帰りの列車・バスが出発するまで宿に滞在することができます。

通常は10時までにチェックアウトなのですが、その時間帯に列車もバスも走っていないので・・・ありがたいですね。

お値段は、13,500円(入湯税100円は別途)。土曜日の1名泊、2食付きです。

詳しい宿泊プランは、予約サイト等をご覧ください。

アクセス

JR飯山線「越後田中」駅から徒歩5分。

f:id:yu-snfkn:20210722151134j:plain

もしくは、JR上越新幹線・上越線「越後湯沢」駅から「森宮野原駅前」行きバス(南越後観光バス)で「小下里(こさがり)」バス停下車、徒歩10分。

f:id:yu-snfkn:20210722151213j:plain

最寄りの駅・バス停から宿までは、宿に連絡すればお迎えに来ていただけるようです。

なお、宿から徒歩10分のところに「津南観光物産館」があり、そこでもお食事やお買い物ができます。(バス停もあり)

f:id:yu-snfkn:20210722151346j:plain
f:id:yu-snfkn:20210722151306j:plain

関連リンク

この宿が出てくる旅行記

www.onsen-oh-yu.com

公式サイト

www.tsunan-kanko.co.jp

f:id:yu-snfkn:20210722150904j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。  

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村