温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

温泉の循環と消毒と、静かな温泉ブログのリライトと

私たちが入る「温泉」にはさまざまな種類がありますが、自然のままで手を加えていない温泉が注がれている状態を「源泉かけ流し」などと言います。

(まあ、定義はまちまちですが、それはここでは割愛します。)

源泉かけ流し以外の温泉には、何らかの手が加えられておりまして、

  1. 温泉を循環させる。お風呂に注がれた温泉が濾過されてまたお風呂に戻ってくるパターン。お湯の量が少ない場合によくあります。
  2. 温泉を消毒する。お風呂の中で菌が繁殖しないように、塩素などで消毒するパターンです。これまたお湯の量が少ない場合に使われます。
  3. 循環と消毒の合わせ技

という温泉に会うことも正直多いです。特に首都圏の日帰り温泉は循環かつ消毒をしているところが多いですね。

そして、世の温泉好きの皆さんは、循環や消毒を好まない人が多いようです。

自分もある程度は仕方ないと理解しつつ、塩素の臭いがする温泉に入ると、ちょっとモチベーションが下がってしまいます。

消毒されている温泉は、塩素が強ければプールのような臭いで分かります。

循環している温泉も、お風呂の底や脇にお湯を勢いよく吸い込んだり吐き出されている穴を見つけたとしたなら、そのお風呂は循環の可能性大。

さて、ブログにもさまざまなブログがありますが、循環とか消毒されている温泉はあまり好きになれないなあとか言いつつも、ブログだったら循環とか消毒っぽいことをやってもいいんじゃないかなと勝手に思っています。

スポンサーリンク ?

ブログ記事の循環と消毒

・・・前置きが長くなってしまいました。いかんいかん。

ブログで「循環」って言っても同じネタを使い回すわけではなくて、一度公開した記事をリライトして、記事の質を高めていきたいなと思うのです。

温泉の循環はお湯の質が下がってしまいますが、ブログのリライトは基本的には質が上がるのではないかと。

同時にブログ記事の消毒までしてしまおうと思うわけです。

知らず知らずのうちに、不適切だったり分かりづらかったりする表現や、誤字脱字混じりで書いてしまっていることもあるでしょう。

その辺は消毒ならぬ訂正で、ブログの質を上げていこうと。

そう、温泉の循環・消毒は基本的にお湯の質を下げてしまう行為ですが、ブログのリライトは逆で、ブログの質を高めていく行為だろうと思うわけですね。

f:id:yu-snfkn:20180222235914j:plain

かけ流しと循環を併用している温泉

温泉の話とブログの話とを行ったり来たりしていて、それこそ何だか循環している感じがしますが、話をいったん温泉に戻しまして。

「かけ流し」と「循環」とを併用している宿も多いです。

要は、湯口から出てくるお湯が、かけ流しの温泉と循環してリサイクルされた温泉とがブレンドされていたり、湯口からのお湯はかけ流しだけど、お風呂の底や脇に循環用の穴があったりするパターン。

 

我が静かな温泉ブログでも記事のリライトはするのですけど、特に新鮮な情報をブレンドしつつやる、というところに力を入れたいと思うわけですね。

できる限りにはなりますが、情報が古いまま、というのには気を付けたいところ。 

スポンサーリンク ?

静かな温泉ブログは「循環・消毒・かけ流し」

ということで、我が静かな温泉ブログは文章の循環、消毒を併用しながら、細々と文章のかけ流しをしてまいります。

言い直すと、静かな温泉ブログは「既存記事の品質を高めながら、少しずつ新しい記事を書いていきます。」

あれ、こう書くと王道というか、ごくごく当たり前のことですな。

この世には温泉ブログが数多くありますが、皆さん本当にあちこち行かれていて、その行動力やマニアックさは凄いの一言。

まるで草津温泉の湯畑のように、新しい源泉がドバドバと滝のように供給されている感じです。恐れ入ります。

f:id:yu-snfkn:20180223000922j:plain

一方で、更新が泊まってしまった温泉ブログも多いです。

温泉が突然涸れてしまうことも時にはありますし、休業中だったり廃業してしまった温泉宿も本当に多いですが、更新が止まってしまったブログってちょっと寂しい。

f:id:yu-snfkn:20180223001058j:plain

逆に自分は、将来的に多くの温泉には行けない可能性もあるのですが、できる範囲でコツコツ長くやっていくつもりです。

ちょっと寂しい田舎の温泉街に昔からある小さな宿のように。(そういう宿が大好きです。)

スポンサーリンク ?

勝手にリライトキャンペーンやります

静かな温泉ブログも、振り返れば記事数が300を超えておりまして、書きっぱなしになっている記事も結構あります。

文章は上手でなくとも、最初の頃に書いた記事は輪をかけて文章の質が・・・なので、リライトの必要性を感じているところです。

今までもリライトしたいぞリライトしたいぞ、と思ったりブログに書いたりしてきたのですけれども、やはり新しい記事(温泉で言うと、新しいお湯。)をリリースし続けないと、というプレッシャーのようなものがあって、なかなか踏ん切りがつかずでした。

でも今度こそ、というわけで、更新ペースが少しダウンすることもあるかもしれません。

でも、もし記事を大幅にリライトしたときにはTwitter等でも告知したいと思いますので、今後とも静かな温泉ブログへお越しいただけると嬉しいです。

さて、今度はどこへ行こうかな。