温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

高崎駅で、温泉旅のお土産を買う。

群馬県の高崎駅は、新幹線と在来線との乗り換えで降りることが多い駅です。

降りてみると結構大きな町のよう。駅ビルも広いので、ここでお土産をあれこれ買うことが多いのです。

いつしか、群馬県の温泉に泊まるときは、高崎駅で途中下車する時間をしっかり取るように予定を組むようになりました。

ここでは、そんな高崎駅でお土産を買ってみたことを書いてみます。

スポンサーリンク ?

高崎駅のおさらい

群馬県の県庁所在地は前橋ですが、駅の大きさは高崎の方が大きいです。

  • 上越新幹線(東京方面、新潟方面)
  • 北陸新幹線(長野、金沢方面)
  • 高崎線(東京方面)
  • 上越線(水上方面)、吾妻線(長野原草津口方面)、両毛線(前橋、小山方面)
  • 信越線(横川方面)
  • 八高線(高麗川方面)
  • 上信電鉄線(上州富岡、下仁田方面)

f:id:yu-snfkn:20180811131702j:plain

上越新幹線「とき」「たにがわ」はほとんど全ての列車が止まります。北陸新幹線は、高崎駅を通過する列車もあり。 

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

JR高崎線は東京方面からやってきますが、ここ高崎駅が終点です。

www.onsen-oh-yu.com

高崎から北へは、JR上越線が伸びています(水上方面)。

www.onsen-oh-yu.com

また、JR両毛線(前橋、桐生方面)の電車や、JR吾妻線(中之条、長野原草津口方面)の電車のほとんどが、ここ高崎駅から出発します。

都内からは吾妻線方面へは、特急草津号も走っていまして、高崎駅にも停車します。

www.onsen-oh-yu.com

あとは信越本線(横川方面)の電車も高崎駅から出発です。週末はSL列車も走っています。

JRの駅の脇に、上信電鉄線(上州富岡、下仁田方面)のホームもあります。世界遺産「富岡製糸場」へは、この上信電鉄を利用します。

f:id:yu-snfkn:20180811125409j:plain

東がイーサイト、西がモントレー

そんな高崎駅には駅ビルが2つあります。東口にあるのが「イーサイト高崎」、西口にあるのが「高崎モントレー」。

f:id:yu-snfkn:20180812131636g:plain

出典: https://www.jreast.co.jp/estation/stations/934.html

大きなお土産屋さんがあるのは「イーサイト高崎」のほうです。一方で、群馬県ならではの食べ物がいただけるのは「高崎モントレー」のほうです。

食事時なら、西口へ。お買い物なら、東口へ、ということですね。

群馬いろは

大きなお土産屋さん「群馬いろは」は、改札を出てすぐの場所にあります。

ここは群馬県のお土産がかなりしっかり揃っていて、たいていのお土産はここで揃うのではないでしょうか、いろいろあって目移りしてしまいます。

奥の「ギフトガーデン」(お酒売り場)と「ガトーフェスタハラダ」以外はほとんど会計する場所が一緒なので、まとめてお買い物ができるのが便利です。

www.e-takasaki.com

「ガトーフェスタハラダ」は、百貨店で売られていたりするのでご存知の方も多いと思いますが、ホワイトチョコがかかった美味しいラスクが有名です。

高崎の会社だったとは知りませんでした。

ここのお店のお姉さんの「いらっしゃいませ~」の声がけが、百貨店とかブティックのよう。一瞬、高崎でお土産を買っているということを忘れてしまいそうになります。

群馬いろはでお土産を選んでみる

さて、群馬いろはで個人的にチェックする群馬みやげと言えば、以下の5点です。

  1. うどん
  2. 地酒
  3. りんごジュース
  4. 蜂蜜

うどん

群馬県は、小麦粉の生産量も割と多い、隠れたうどん県のようです。

県内では、日本三大うどんの一つ「水沢うどん」や、煮込みうどんの「おっきりこみ」、やたらとうすくのっぺりとした「ひもかわうどん」等、様々なうどんを食べることができるのですが、そんなうどんの麺をここで買うことができます。

地酒

あまりお酒が有名なイメージがなかった群馬県ですが、ここ群馬いろはの奥のほうにあるお酒売り場に行くと、群馬県の地酒がかなり豊富にあります。水芭蕉、谷川岳、秘幻、誉国光、赤城山、草津節・・・

温泉宿でお風呂上りに飲む一杯を、ここで買うようにしています。

りんごジュース

子供へのおみやげなのですが、よくリンゴジュースを買って帰っています。沼田市のあたりがリンゴの産地なのでしょうね。リンゴと言えば長野県のイメージですが、隣県の群馬県でもたくさん作られているようです。

はちみつ

これも家族向けのお土産です。沼田市やみなかみ町あたりで養蜂業が盛んなのでしょうか。これまた隣県の長野県と同じくらい、蜂蜜が売られています。こうしてみると、群馬県って結構農産物が豊富な県なのだと思いますね。

また、地元産の生卵も売られています。きっと鮮度も良くて美味しいのでしょうけど、生卵って持ち帰るの難易度高くないか?と思ってしまいます。

これはいつも「あ、まだ売ってる!」とみて思うのですが、持って帰る自信がない。

f:id:yu-snfkn:20180203234146j:plain

2種類の鳥めし

お土産をある程度買ったら、次の電車に乗り込むわけです。電車の中でいただこうと、駅弁を買って帰ることが多いです。

もともと鳥めし好きですが、高崎駅には2種類の鳥めしが売られています。「登利平」と「たかべん」です。

詳しくはここで語っております。 

www.onsen-oh-yu.com

また、よく駅の改札を出てすぐの通路沿いに駅弁売り場が出ていますが、ここは群馬県以外の駅弁も買えるようです。

最近こういう駅弁の売り方が多いですが、せっかく群馬県に来たのだから群馬県の駅弁を食べたい、という方は、ちょっと気を付けて選んだほうがよさそう。

(↓の画像は、横川SAのたかべんの店舗です)

f:id:yu-snfkn:20170422114104j:plain

高崎モントレーでお食事

今回はお土産のことを書いたのですが、お食事なら「高崎モントレー」。パスタの「はらっぱ」や、先ほどの「登利平」、上州豚のとんかつ屋さん等が5階に並んでいます。

時間がないときはお弁当を買って電車に乗り込んでしまいますが、時間があればここで食事もいいですね。

www.m-takasaki.com

f:id:yu-snfkn:20170422113206j:plain

f:id:yu-snfkn:20170422114417j:plain

お腹が空いてきたので、この辺で。また行きたくなってしまいました。。

さて、今度はどこへ行こうかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村