温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

オフシーズンを狙って、温泉旅へ。

1年には旅行する人が多い時期と、そうでない時期とがありますね。オンシーズンと、オフシーズン。

温泉旅に出るなら、オフシーズンのほうが静かにゆっくり過ごせるので、おすすめです。(もちろん、オフシーズンならではのデメリットもありますが。)

今回は、オフシーズンを狙って行く温泉旅について書いてみます。

1年中オフシーズンのようなたたずまいの、静かな温泉ブログからお届けします。

スポンサーリンク ?

オフシーズン温泉旅の楽しみ

何といっても静かに過ごせるのが、オフシーズンの温泉旅のいいところ。空いています、電車もバスも、お店も宿も。

オフシーズンに地方の電車やバスに乗ったりすると、乗っているのは観光客よりも地元の人たちが多いこともあり、その地方の生活の一部を感じることができたりします。

通学する学生さんや、方言で話しているお年寄りの方。生活の足、ですね。

そうして電車やバスを降りて宿にチェックインすると、混雑する時期と比べて、宿の方がより親切にしてくださる気がします。面白い話を聞けたりもしますね。

お風呂も空いていて、いわゆる「独泉」を満喫できることも多いです。

また、そもそもオフシーズンは宿泊料金も少し安くなりますし、ひとりで泊まれる宿も多くなります。

スポンサーリンク  

オフシーズン温泉旅の寂しさ

が、オフシーズンが必ずしも良いことずくめなわけではなく。

観光客があまり来ない、ということは、温泉街のお店が閉まっていることもあります。オフシーズンの温泉街を散歩していると、シャッター通り状態になっていることも。

そんな中でかろうじてやっているお店も、お客さんを迎えるモードではないこともあります。

ぱっと見、やってるかどうか分からないお店に入ると、お店の方が慌てて出てきて支度をして、何だか不意打ちみたいになってしまって申し訳なかったり。

宿でも、オフシーズンだと一部のお風呂がお湯が抜かれてお休みになっていたりということが、ごくたまにあります。

でも基本的には、オフシーズンの宿でがっかりした経験はほとんどありません。

f:id:yu-snfkn:20180129233135j:plain

オフシーズンを狙う

いいところも、そうでないところもあるオフシーズンの温泉旅。

でも、静かな時間を過ごしたいのであれば、メリット>デメリット、になるはず。 ではどうやって狙えばいいのでしょう? まずは季節ごとにまとめてみます。

季節ごとのオンシーズン、オフシーズン

日本には春夏秋冬ありますが、それぞれオンシーズンかオフシーズンなのか自分なりに書いてみると、、

  • :暖かくなり、あまりオフシーズンがなさそうな季節。スキーシーズンの終わりの時期のスキー場、春休みの3月下旬や5月の連休もオンシーズンです。敢えて言うなら、5月の連休後は割と静かになるかなと。

f:id:yu-snfkn:20180129232936j:plain

  • :お盆を除けば全体的にオフシーズンのような感じがします。梅雨のジメジメした時期は旅行に行く気分そがれてしまいがちですし、梅雨が明けて夏になれば暑いので、あまり温泉目当ての人がいなさそう。

f:id:yu-snfkn:20180129232844j:plain

  • :涼しくなってくるので、温泉に行きたくなる人が増えそうです。紅葉の名所に近い温泉地は、オンシーズンといっても良いでしょうね。シルバーウイークや、10月と11月の3連休もあって、秋全体が全体的にオンシーズンと言えそう。

f:id:yu-snfkn:20180129232740j:plain

  • :寒くなると温泉が恋しくなる人は多いはず。スキー場はオンシーズンですし、雪見風呂、雪見露天にときめく人はきっと多い。なのでオンシーズンになるでしょうね。

f:id:yu-snfkn:20180129232641j:plain

季節としては、暑い夏の時期がオフシーズンではありますが、春・秋・冬でも「変わり目」に出かけると、あまり人出は多くない印象です。

  • 年度変わりのタイミング(3月末~4月の頭)
  • 紅葉が終わり、雪が降る前の季節(場所に寄りますが、11月下旬~12月上旬?)
  • 年末ぎりぎりのタイミング
スポンサーリンク  

ピンポイントで狙う

それ以外で、自分的にはどの時期のどんな温泉を狙うのか、書いてみます。今この記事を書いているのが冬だからか、冬にフォーカスしすぎではあります。ご容赦を・・・

  • 冬以外の、スキー場に近い温泉。グリーンシーズンと呼ばれたりしますね。冬は賑わうスキー場も、冬以外は閑散としています。でも温泉は年中湧き続けますから、宿も営業しています。静かな温泉を楽しめそうです。

f:id:yu-snfkn:20180129231735j:plain

  • 冬の、スキー場が近くにない温泉。冬でも、スキー場が近いところに比べれば、混雑しない傾向です。

f:id:yu-snfkn:20180129232233j:plain

  • 冬の、温度の熱くない温泉。関東近郊だと山梨県に多いのですが、温度のぬるいことで有名な温泉はあまり冬場は混みません。

f:id:yu-snfkn:20180129232015j:plain

  • 夏の、温度の熱い温泉。温泉の温度は好みもあるでしょうけれど、熱い季節にわざわざ熱い温泉に入ろうという人は多くはいないかもしれません。

f:id:yu-snfkn:20180129232151j:plain

という感じで

オフシーズンの静けさを狙って温泉旅に出る方法を書いてみました。

多分に個人の経験をベースに書いたので100%の保証はできませんが、基本的にはひとりで出かけるので、「空いているところを狙う」というのは知らず知らずのうちに、自分の行き先選びのクセになっています。

自画自賛ですが割と当たっているはず。

この静かな温泉ブログも年中オフシーズンのようなブログですが、それでも行楽シーズンはちょっとだけPVが増えるようです。

ゴールデンウィークとか夏とか秋とか。まあ、それも微々たるものなので、季節を問わずご覧いただけると嬉しいです。

さて、今度はどこへ行こうかな。