温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

増富温泉 観光ホテル金泉閣にひとり泊('08)

 

日本百名山「瑞牆山(みずがきやま)」登山の前泊で利用しました。

増富ラジウム温泉へは、1年前に別の宿「津金楼」に泊まったことがあったのですが、

www.onsen-oh-yu.com

この時は、2008年当時じゃらんnetで予約可能だった「金泉閣」を選んでみました。この記事を書いている時点では、じゃらんnetでは予約できないようです。

(2008年9月宿泊)

 

建物とお部屋

JR韮崎駅からバスに長く乗り、増富温泉に到着です。金泉閣は温泉街の中心にあります。

f:id:yu-snfkn:20190427191359j:plain

昔からの宿のようで、建物は古め。脇にあった昭和感満載のこの案内文が、なかなかいい感じです。

f:id:yu-snfkn:20180330144917j:plain

部屋にはバス・トイレ・洗面所がありますが、何故か浴槽やトイレが濃いピンク色で、ちょっと落ち着かない感じでした。もちろんそれ以外は普通の和室です。

温泉とお風呂

男女別の内風呂と、最上階に展望風呂がありました。

男女別の内風呂の方は、源泉そのままの冷たいお風呂と、沸かし湯があります。冷たい風呂に入ってから、沸かし湯で体を暖めて上がるといいようです。

<金泉閣> |ラジウム温泉(公式サイト)

成分の濃そうな、黄色いお湯(お水?)です。口に含むと錆びた鉄の味。効能は強そう。

風呂場はさほど広くはないのと、湯治で長時間お風呂に入るご高齢の方が多いからなのか、常時賑わっていました。

ぬるい温泉にじっくり入るのが体に良いのでしょうね。

湯治ではなく登山の前泊で来ていたお客さんはどうやら自分くらいのようで、やや場違いな感じではありました。

最上階の展望風呂は温泉ではなかったようです。それもあって誰も利用していなかったので、体を洗うのに利用しました。

(2008年時点の記録です。その後、お風呂のリニューアルが実施された模様です。)

 

お食事

2食ともお部屋でいただきました。宿泊料はさほど高くなかったのですが、お値段の割に美味しく、満足しました。

津金楼の時もそうだったのですが、夕食の開始時刻は17時半と早め。宿のお客さんにご高齢の方が多いからなのでしょうか?

f:id:yu-snfkn:20180330145309j:plain

f:id:yu-snfkn:20180330145332j:plain

夕食、朝食ともに、デザートにぶどうが出てきました。9月だったので、ぶどうの季節だったわけですね。

 

アクセス

JR中央本線「韮崎」駅から路線バスを利用します。2つの会社がバスを運行しています。

  • 山梨交通バス「増富温泉郷」行きで約1時間、「増富温泉郷」下車、徒歩7分。
  • 山梨峡北交通バス「みずがき山荘」行きで 約1時間、「増富温泉峡」バス停で下車、徒歩10分。こちらは毎年4月~11月のみの運行です。運行日の詳細は以下をご確認ください。

路線バス | 山梨峡北交通株式会社

www.onsen-oh-yu.com

公式サイト

www.kinsenkaku.com

近くの宿の宿泊記録

www.onsen-oh-yu.com

 

www.onsen-oh-yu.com

 

f:id:yu-snfkn:20190427191442j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。 

  

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村