温泉好きのお湯

関東近郊を巡る、静かな温泉旅。今度はどこへ行こうかな。

北陸新幹線あさま号に乗って、長野県の温泉へ。

北陸新幹線は「長野新幹線」と呼ばれていたころから、長野までの区間はよく利用してきました。沿線に多くの温泉があったからです。

金沢まで新幹線が開通して、新しい列車「かがやき」「はくたか」が金沢を目指す中で、それまでの主役だった「あさま」はすっかり影が薄くなってしまいました。

それでも、長野県の、特に上田近辺の温泉に向かうには便利な列車です。

今回は、そんな元主役の「あさま」についてまとめてみます。

あさま号の概要 

「あさま」は、東京駅と長野駅とを結んでいます。

途中に見える、浅間山(あさまやま)が名前の由来。新幹線が開通する前にも「あさま」という特急電車がほぼ同じ区間を走っていました。

停車駅

「あさま」は東京駅を出ると、上野大宮、熊谷、本庄早稲田、高崎、安中榛名、軽井沢、佐久平、上田、長野に止まっていきます。

(太字の駅には、全ての「あさま」が停車)

多くの「あさま」が各駅停車、もしくは北陸新幹線のほとんどの駅に停車します。

所要時間

「あさま」は停車駅が多く、途中の駅で後からやってきた「かがやき」「はくたか」に追い越されたりすることもあり、所要時間は少し長めです。

  • 東京~軽井沢:約1時間10分
  • 東京~上田:約1時間30分
  • 東京~長野:約1時間40分

「はくたか」のほうが10分から20分程度、所要時間は短くなります。

本数

だいたい1時間に1本程度です。「はくたか」も同じくらいの頻度なので、「はくたか」の停車する軽井沢や長野へは、1時間に2本程度走っていることになります。

運賃・料金

東京駅から主な駅までの料金(普通車指定席・通常期)は以下の通りです。

  • 東京~軽井沢:6,020円
  • 東京~上田:6,790円
  • 東京~長野:8,340円

なお「トクだ値」というインターネット予約ができるきっぷを予約した場合、15%~35%の割引になります。

上記の区間を乗る場合は「あさま」のみ「トクだ値」が適用され、「はくたか」は定価になります。

ICカード

自由席、指定席ともに、Suica等の交通系ICカードが利用可能です。

車両

「あさま」を含む北陸新幹線は、全てJR東日本のE7系車両か、JR西日本のW7系車両が使用されています。

f:id:yu-snfkn:20211013155143j:plain

E7系とW7系はほとんど同じ車両です。敢えて違いを書くとすれば・・・

  • 座席に置かれている雑誌が違う。E7系はJR東日本の「トランヴェール」、W7系はJR西日本の「西Navi」。
  • 車内放送のチャイムが違う。W7系の方が物悲しいメロディ。

この車両は普通車も座席がゆったりしていますし、すべての席にコンセントがあり、なかなか快適です。

f:id:yu-snfkn:20211013161826j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013161937j:plain

1度だけ、「あさま」のグリーン車を利用したことがあります。

新幹線のグリーン車なんて普段は乗らないので、ゆったりし過ぎてかえって落ち着かなかった記憶ですが、、

f:id:yu-snfkn:20211013161644j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013161712j:plain

また、「あさま」には車内販売はありません。乗る前に食べ物等を買っておく必要があります。以前は有名駅弁「峠の釜めし」も車内で買えたのですが。

あさま号に乗ってみた

まあ、「あさま」に乗ってみましょう。

遅いと言っても、あくあで「新幹線の中では」遅い方、ということで、長野県に早く行くには「あさま」が便利です。 

東京~軽井沢 

「あさま」は、ほかのJR東日本の新幹線と同じ、東京駅の20番~23番ホームから出発します。

f:id:yu-snfkn:20211013155940j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013160028j:plain

いざ乗ってみると結構混んでいることも多い「あさま」。

東京駅を出た時点ではそこそこ空いていても、大宮からどっと乗ってきます。これも他の新幹線と同じ。

比較的乗り降りする人の少ない、熊谷駅と本庄早稲田駅に静かに止まり、高崎駅に着きます。

ここで時おり、後からやってきた「かがやき」「はくたか」に抜かれます。

f:id:yu-snfkn:20211013155838j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013155854j:plain

高崎を出て上越新幹線と分かれると、トンネルが増えていきます。

次の安中榛名駅は、人の乗り降りが少ない静かな駅。新幹線の駅なのに「秘境駅」として知られており、2時間以上列車が来ない時間帯もあります。

f:id:yu-snfkn:20211013160402j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013160336j:plain

多くのトンネルを抜けて、軽井沢駅に着きます。ここでどっと人が降りて、車内はかなり空きます。逆に、帰りは軽井沢からどっと乗ってきます。

そしてここでも、時おり後からきた「かがやき」「はくたか」に抜かされます。何度抜かされるのだろう・・・

軽井沢~上田 

軽井沢を出て、右手に浅間山が見えてきます。車内に残る数少ないお客さんも、次の佐久平駅とそのまた次の上田駅で降りていきます。

佐久平駅は、浅間山方面に登山したときに利用しました。ここから、浅間山の登山口がある高峰高原までのバスが出ています。

高峰温泉という人気の秘湯宿があり、いつかは行ってみたいところです。

次の上田駅で降りると、近隣のあちこちの温泉に行けます。

f:id:yu-snfkn:20211013160654j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013160721j:plain
  • 千曲バスに乗って、鹿教湯温泉、田沢温泉等に行けます。 

www.onsen-oh-yu.com

www.onsen-oh-yu.com

  • 上田電鉄別所線に乗って、別所温泉へも行けます。

www.onsen-oh-yu.com

  • しなの鉄道線に乗って、戸倉上山田温泉へも行けます。

www.onsen-oh-yu.com

上田~長野 

終点の長野駅まで「あさま」で行く人はそう多くないかもしれません。

より速い「かがやき」「はくたか」が停車するので、皆さんそちらを利用するのでしょうね。

f:id:yu-snfkn:20170828222733j:plain

長野駅を降りて、善光寺へのお参りもいいですし、長野電鉄に乗って湯田中渋温泉郷に行ってもいいですし。 

www.onsen-oh-yu.com

長らくのご乗車、お疲れ様でした。

この先、北陸新幹線は飯山、上越妙高と続き金沢まで線路が繋がっていますが、そちらに向かうのは「かがやき」「はくたか」の役目。「あさま」はここまで。

f:id:yu-snfkn:20211013160859j:plain
f:id:yu-snfkn:20211013160929j:plain

あさま号の良いところ 

長野新幹線時代は主役だったのに、今は脇役的なポジションになったとも言える「あさま」。

ですが、車両は「かがやき」「はくたか」と同じですし、長野までは「トクだ値」で安く利用できます。

上田市・千曲市の温泉に向かうには、値段も含めて「あさま」がベストな交通手段だと思います。

高速バスもありますが、上田行きの高速バスは本数が多くありません。

軽井沢・小諸まではバスも多く出ていますが、いずれにせよ、週末は関越道の渋滞で遅れることが多いです。

www.onsen-oh-yu.com

高速バスも好きなのですが、この距離だと「あさま」が一番かな、と思ったりするわけです。

f:id:yu-snfkn:20180302155505j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村