温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

いわき湯本温泉 福美館にひとり泊(’18)

いわき湯本温泉へは初めての訪問です。

ネットで調べてみると宿も多そうでしたが、お得なお値段で泊まれて、なおかつこじんまりしていそうな福美館を予約してみました。

こじんまりしている宿は部屋数が少ないのでお客さんの数も少なくなり、きっと温泉にものんびり入れるだろう、ということで。 

www.onsen-oh-yu.com

夕食は温泉街で取ろうと思い、朝食のみで予約しました。(2018年11月宿泊)

スポンサーリンク ?

建物とお部屋

チェックイン可能なのは16時からということで、夕方の温泉街をぶらついてから向かいます。駅前の旅館組合で地図をもらい、道順を聞いてから歩いて向かいました。

駅からは数分のところにあります。目の前の道はやや狭く、大きな観光バスが通り抜けていきました。この奥に、大きな旅館でもあるのでしょうか。

f:id:yu-snfkn:20181124183411j:plain

チェックインして、宿の奥さんに案内していただきます。お部屋は階段を上がって2階でした。お部屋は全て2階にあるようです。

6畳間のプランだったのですが、8畳のお部屋があいていたそうで、そちらに通していただくことができました。

お部屋には冷蔵庫と洗面所があります。トイレはお部屋になく共用ですが、シャワートイレでした。なお、館内ではWi-Fiも利用可能でした。

夕食なしのプランにしていたからか、お部屋にはすでに布団が敷いてありました。

f:id:yu-snfkn:20181124183702j:plain

そう言えば、お茶菓子がありませんでした。宿でお茶菓子がない、というのは初めてのことかもしれません。格安のプランだったからなのかな?

窓の外からは他の旅館などが見えます。

f:id:yu-snfkn:20181124183752j:plain

温泉とお風呂

1階に男女別の内風呂があります。どうやらお風呂自体は3つあるようなのですが、1つは使われてないようでした。

5,6人でいっぱいになりそうな、これまたこじんまりしたお風呂です。

f:id:yu-snfkn:20181124184024j:plain

出典: http://iwakiyumoto.naf.co.jp/fukumikan/onsen.stm

硫黄の香りがする温泉がかけ流されています。硫黄泉と言っても、そこまで匂いが強いわけではありません。ほんのり香る感じです。

かけ湯してみると結構熱め。体を慣らしてから湯船に足を入れます。長湯はできませんが、入ってみるとさすが温泉で、疲れが取れた気がしました。

スポンサーリンク  

お食事

今回は朝食のみつけていたので、夕方に宿のご主人に、おすすめのお店を聞いてみます。宿の近くの居酒屋、焼鳥屋、あとは駅前の居酒屋と、寿司屋。

結局は焼鳥屋に入ったのですが、なかなか当たりで美味しかったです。地元いわきのお酒を2種類いただきました。

f:id:yu-snfkn:20181124184645j:plain

もう1件、宿の近くの居酒屋にも入ってみたのですが、ここは混んでいたので早々に引き上げました。

結構飲み過ぎて迎えた朝、朝食は1階の少し広い部屋でいただきました。温泉卵が出てきましたが、これはここの温泉で作ったのだろうか。

f:id:yu-snfkn:20181124184919j:plain

ボリュームが適量でちょうど良かったです。多すぎても食べきれないので。

スポンサーリンク  

個人的感想(まとめ)

ご夫婦おふたりで切り盛りされている小さな宿です。おふたりとも感じがよく、のんびり過ごすことができました。

お値段は朝食のみついて、7,500円。3連休だったことを思えばかなり安く泊まれたことになります。

今回のプランは16時からチェックイン可能だったのですが、欲を言えばもう少し早めにチェックインできると嬉しかったかな。早めチェックインをしたい人なので。

そう思ってじゃらんnetを見てみると、プランやお部屋によっては15時チェックインもできるようです。割とアバウトなのかもしれませんね。

温泉旅館 福美館(じゃらんnet)

f:id:yu-snfkn:20181124190911j:plain

アクセス

JR常磐線「湯本」駅下車、徒歩6分。

湯本駅は特急ひたち号が停車します。東京からは2時間強の旅になります。意外と近いのですね。

f:id:yu-snfkn:20181124191048j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。