温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

連休なのに、ひとり温泉旅へ。

この記事を書いているのは4月下旬のことなのですが、連休、ゴールデンウィークがそろそろ近づいているわけです。

毎年まとまった連休になりますし、天気にも恵まれることも多いですし、旅行にはもってこいの時期ですよね。

・・・ということを皆さん考えるのでしょう、まあ、連休の旅行は混雑との戦いです。

連休を気にせず平日に出かけられる、学生さんやリタイア後のシニア世代の方がちょっとうらやましいですね。

そして、ひとり温泉旅をする人にとってはさらにハードルが上がる時期になります。せっかくの連休なのですが・・・ね。

今回はそんな話をします。

スポンサーリンク ?

宿が取りにくい

普段からひとり客を受け入れていない宿は多いですが、連休の時期はさらに、ひとり客を受け入れてくれる宿もひとり向けプランを設定していない場合があります。

設定されていても、連休ということで値段が上がっていることもあります。

まあ、宿からすれば、儲かる時期に単価の低いひとり客を受け入れたくない、という考えになるのも分かりますが。

ということで、予約サイトを検索しても、お手頃価格のひとり向け宿泊プランはなかなか出てきません。

なので、気になる宿の公式サイトを調べてみます。仮に楽天トラベル等で満室になっていても、公式サイトではまだ部屋が残っていたりすることも稀にありますので。

f:id:yu-snfkn:20180425182709j:plain

電車・バスもやや取りにくい

それで何とか宿の予約ができたら、次に電車もしくはバスの予約をします。こちらは宿ほど難しくはないです。何とか取れます。1名ですし。

最近はネットで予約できるようになったので楽になりましたね。

でもさすがに当日予約はやめたほうがいいです。満席になっている可能性が高いですので。

新幹線や特急列車であれば、臨時列車が若干空いていることが稀にあります。

どの列車が臨時列車なのかは分かりづらいのですが、ネット上の時刻表を見ると分かるようになっています。

「運転日注意」などと書かれた列車が臨時列車で、その列車が走る日が記載されています。乗ろうとしている日に走っていれば、狙ってみると良さそうです。

f:id:yu-snfkn:20180425181356p:plain

ただ、今は駅でもネットでも、最初から乗車日を絞って検索できるようになりました。

なので、毎日走っている列車も臨時列車も一緒に検索で表示されるため、臨時列車だけがやたらと空いている、ということはあまりありません。

↓の画像だと、とき319号が毎日走っていて、Maxとき365号が臨時列車です。何だ、もうどっちも満席ではないか、と。

f:id:yu-snfkn:20180425181654p:plain

高速バスも、連休の時期は続行便といって、普段は1便1台のバスでも、2台以上のバスで運行されることがあります。

修学旅行みたいに、2号車、3号車・・・と続きます。

ただ、2号車以降のバスは普段は使われていないので、ちょっと古かったり、トイレがなかったり、席が狭かったりします。

料金は同じですが、サービスレベルは1号車よりちょっと劣ることがありますね。

スポンサーリンク  

電車やバスが混んでいる

さあ、宿と往復の電車・バスを予約できたので、出発です。

特急電車に乗ると満席。車内販売がなかなかやって来ないので、食べ物飲み物は事前に買っておきましょう。まあ最近は、車内販売自体がない列車が増えましたが。

高速バスも満席。バスってどうしても電車より座席が狭めなので、ひとりだとお隣に他の誰か座ることになります。ちょっと窮屈さはありますね。

ただ、中には3列独立シートと言って、隣の席と繋がっていない席のバスもあるので、それだと良いのですが、そんなバスは少数派ではあります。

そして、高速バスは渋滞します。2時間くらい遅れるだろうなと覚悟のうえで利用すれば、渋滞でイライラすることもありません。

f:id:yu-snfkn:20180425181841j:plain

温泉も混んでいる

そうして何とか宿にチェックインしました。宿も満室だったりします。

お風呂も混んでいますね。混んでいないお風呂に入りたいところです。

早めの時間帯にチェックインすれば、まだお客さんが到着していないのでお風呂が空いていることが多いです。

あとは、食事の時間帯はお風呂が空いています。皆さん食事中ですからね。素泊まりや夕食がつかないプランにして、外で食べる時間をずらしたりもします。

深夜・早朝は、意外と誰かがお風呂に入っていることが多いですね。皆さん同じことを考えるのでしょうかね。

宿での食事も、普段は部屋食の宿が大広間での食事になっていたり、宿の方が食事を片づけに来るのが早いな、ということがあるのが、連休です。

スポンサーリンク  

それでも行きたい(まとめ)

そんなこんなで、普段と比べたら予約の難易度も高いし、出かけてみると混んでいるし、あまりメリットのない連休のひとり温泉旅です。

でもやはり、気持ちのいい季節で、なおかつ連休なので、普段なかなか時間が取れない人にとっては貴重な旅のチャンスなんですよね。

というチャンスに旅に出る時、自分が心がけていることをこの記事で書いてみました。最後にまとめます。

  • 予約サイトで空室のある宿が見つからないときは、宿の公式サイトも確認してみる。
  • 電車は臨時列車が若干空いている可能性があるので、時刻表等で探してみる。
  • 電車の中で食べるものは、乗る前に買っておく。
  • 高速バスは渋滞覚悟で。2時間くらいは遅れるものと思って乗る。
  • 宿でのんびりお風呂に入りたい場合は、早めにチェックインするか、食事の時間帯のお風呂を狙う。

そういった準備をしながら、いよいよ連休が近づいてきました。

さて、今度はどこへ行こうかな。