温泉好きのお湯

ひとりふらり、静かな温泉旅のブログです。主な行き先は北関東・甲信越。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅と、地方の駅ビルと、デパ地下と

温泉旅に行き、宿でのんびり過ごした次の日。帰りの電車やバスに乗る前に、ちょっと駅の周辺のお店でお土産を見たりします。

お土産を見に行くのに一番便利なのは駅ビルなのですが、最近は駅から少し離れたところにある百貨店も見るようにしています。

そうしてみて感じたことを今回は書いてみようかな、と。

 

駅ビルは便利

たいてい、帰りの電車は地方都市の大きな駅から出発します。高速バスも、駅前のロータリーや、歩いてすぐのバスターミナルから出ることが多いです。

電車やバスに乗る前に買い物をするなら、やはり駅ビルが便利。駅と直結しているのですぐ近くにある、というのが最大のメリット。

f:id:yu-snfkn:20190407054340j:plain

そして、駅ビルはお土産屋さんや、ご当地名物を食べられるお店が多いのが特徴です。観光や出張などで遠くから来ている人向けのお店が揃っているわけですね。

また、駅ビルはほとんどがSuica等の交通系電子マネーでの支払いができます。個人的にはキャッシュレス派なので、そこもまた嬉しいところ。

という感じで、駅ビルは効率よく、地元のお土産を買ったり、名産品を食べられるのが便利ですね。

 

地方のデパ地下

駅からの距離で変わるお土産率

それに対して、地方の百貨店のデパ地下はというと、駅から遠い百貨店は、あまり観光客を意識した品ぞろえになっていない印象です。

地下街があるような大きな街の百貨店や、地方都市でも駅の近くにある百貨店のデパ地下だったら、お土産も豊富にそろっているのですが。

f:id:yu-snfkn:20190407054635j:plain

ながの東急百貨店は駅から近く、地下も見ていて楽しいです。

駅から離れた百貨店に入り、エスカレーターで地下に降り、県外から来ている自分が珍しいなと思うものがないか探してみるのですが、意外と見つけにくい。

これがスーパーマーケットだと、もっと地元の人の生活と密着した品ぞろえになるので珍しい(あくまで自分目線で)ものに出会えることが多いのです。

 

デパ地下は宝さがし

それでも、ふらりと地方のデパ地下を見てみるのは楽しいもの。

例えばお菓子。百貨店でお菓子を買う、というのは贈り物用に買うことが多いのではないかと思うのですが、地元のちょっといいお菓子を探してみることがあります。

たいていは全国区のお菓子屋さんばかりなのですが、その中にも1つ2つは、地元のお菓子屋さんが入っていることがあるのですね。

買って帰りたいと思えるようなものに出会えないことも多いのですが、「ザ・お土産」的なお菓子とはちょっと違うお菓子に出会えないかと探すのもまた楽しい。

f:id:yu-snfkn:20190407060152j:plain

そして、お酒。お酒も贈答品になることが多いと思います。

スーパーであれば普段の晩酌用に良さそうな、買いやすい値段の地酒が売っていますが、デパ地下のお酒はもう少し高級品が多い印象。

そして、デパ地下はしっかり「和洋酒売り場」があるので、それなりにスペースが取られて、豊富にそろっていたり。

駅ビル内のお土産屋さんでもお酒の品揃えが良いところはありますが、駅ビルとデパ地下、両方見てみると面白いです。

お土産用と贈答用の違いでしょうか、品揃えが微妙にかぶらない気がします。

 

そんな風に

効率よくお土産を見るならやっぱり駅ビルが便利です。

また、この記事では取り上げませんでしたが、駅から近くにある、イオンやセブン&アイ系のショッピングモールも駅ビルと同じような便利さがあります。

さらには広いスーパーマーケットもあるので、食料品売り場を見ると地元の人向けの品揃えになっているのですね。それが面白い。

f:id:yu-snfkn:20190407055125j:plain

でも、便利なだけでは面白くないなと思ったりもするので、それで、地方にある百貨店に立ち寄っては、エスカレーターで地下に降りてみるわけです。

お目当てのものを見つけに行く、というよりは、意外な発見があるかも、という面白さがあり。(百貨店の利用方法としては、かなりおかしな方だとは思うのですが・・・)

それで、偶然にいいものに出会えて買ったりできれば、それはそれでいい旅の思い出になるんじゃないかな、と思います。

なかなかそんなことはありませんが、「そこにしか売ってないもの」を見つけると、またその街を再訪した時に便利です。またここでこれを買おう、と。

地方の百貨店は厳しい状況に置かれていると思います。山梨県の甲府駅に行くたびに立ち寄っていた山交百貨店が2019年9月に閉店するとのニュースがあり。

f:id:yu-snfkn:20190407055811j:plain

また、かつては長野県の上諏訪にあった駅前の百貨店には、館内に温泉施設があって、買い物ついでに温泉に入ることができました。

そんなまるみつ百貨店も2011年に閉店してしまい、今はありません。懐かしい・・・。

f:id:yu-snfkn:20190407060022j:plain

地方のデパ地下は、お土産探し、という意味では駅ビルのほうが便利かも知れません。

が、また地方の町に行って百貨店を見つけたら、中に入って地下を見て面白いものがないか回ってみようと思っています。

さて、今度はどこへ行こうかな。