温泉好きのお湯

関東近郊を巡る、静かな温泉旅。今度はどこへ行こうかな。

しなの鉄道線に乗って、長野県の温泉へ。

※このページにはプロモーションが含まれています。

今回紹介するローカル線は「しなの鉄道線」です。

北陸新幹線が長野まで開通する前は特急電車がたくさん走っているJRの「幹線」だったのですが、今は各駅停車の電車がのんびり走るローカル線になっています。

上田近辺の温泉に行くことが多い自分にとっては、比較的お世話になることの多いローカル線です。

しなの鉄道線の概要

しなの鉄道には、今回取り上げる「しなの鉄道線」と「北しなの線」の2つの路線があります。

  • しなの鉄道線:1997年開業。軽井沢駅~篠ノ井駅(長野市)
  • 北しなの線:2015年開業。長野駅~妙高高原駅(新潟県妙高市)

1997年に北陸新幹線が長野まで開通した時に、北陸新幹線と同じルートを走っていたJR信越本線の一部の経営が、JRから新しい会社「しなの鉄道」に移りました。

その後2015年、北陸新幹線が長野から金沢まで開通した時、長野から先で残っていたJR信越本線の一部が、同じくしなの鉄道に移ります。これが「北しなの線」です。

北しなの線については、以下で取り上げています。 

www.onsen-oh-yu.com

今回は、前者の「しなの鉄道線」を取り上げます。

本数

途中の小諸駅を境に、本数が変わります。

  • 軽井沢~小諸:概ね1時間に1本程度
  • 小諸~篠ノ井:概ね1時間に2本程度

ICカード

しなの鉄道では、SuicaのようなICカードは使用できません。駅で紙のきっぷを買って乗りましょう。

車両

しなの鉄道線では、昭和時代にデビューした古い電車が今も頑張って走っています。

一方で、令和になってから新型車両もデビューしました。

新型車両の快適さもいいのですが、古い電車に揺られつつ、ローカル線の旅をするのもなかなか良いものです。

115系電車

こちらがその「古い電車」になります。

昭和時代、しなの鉄道線が「国鉄信越本線」と呼ばれていたころから走り続けています。

ドアを手で開けて車内に入ると、昭和レトロの雰囲気が残っています。車内放送が聞き取りづらいのも、ご愛嬌。

電車の色は赤と灰色のツートンカラーですが、一部の電車が国鉄時代の色に塗られて走ることもあります。

SR1系電車

令和の2020年にデビューした新型車両です。こちらの乗り心地はとても快適。座席もゆったりしています。

しなの鉄道線に乗ってみた

軽井沢~小諸

さて、しなの鉄道線に乗ってみましょう。北陸新幹線の軽井沢駅のすぐ隣に、しなの鉄道線のホームがあります。

軽井沢駅を出ると、電車は木々の中を道路に沿って走っていきます。

4駅目の平原駅を出て少しするとJR小海線が寄り添ってきて、小諸駅に到着です。多くの電車が小諸止まりなので、その場合はここで乗り換えです。

f:id:yu-snfkn:20170130000140j:plain

小諸駅の駅前は静かですが、駅の反対側にある小諸城跡の公園「懐古園」は、観光客で賑わっています。公園内には小さい動物園もあります。

f:id:yu-snfkn:20180310232928j:plain

小諸~上田

小諸を出ると、少しずつ千曲川が近づいてきます。小諸の2つ先の田中駅と、その1つ先の大屋駅の間に、北国街道の宿場町「海野宿」があります。

田中駅で降りて、海野宿を歩いて抜けると大屋駅です。その逆ももちろん可能。車窓からも海野宿はちらっと見えますが、歩いたほうがもちろんよく見て回れます。

f:id:yu-snfkn:20170130000443j:plain

田中駅と大屋駅は「千曲川ワインバレー」のワイナリーの1つ「ヴィラデストガーデンファーム」の最寄駅です。駅からタクシーで10分ほど。

f:id:yu-snfkn:20180310233222j:plain

また、大屋駅には上田駅から鹿教湯温泉へ行くバスが寄るので、ここから鹿教湯温泉に行くこともできます。 

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20180415221720j:plain

大屋駅の2つ先が、上田駅。

上田が近づくにつれ、北陸新幹線の線路が寄り添ってきます。といっても、新幹線は高架なので、橋げたが寄り添ってくるわけなのですが。

上田駅は、北陸新幹線と上田電鉄(別所温泉に向かいます)、菅平高原や鹿教湯、田沢温泉に行く路線バスに乗り換えできます。

f:id:yu-snfkn:20180415221754j:plain

www.onsen-oh-yu.com

上田~篠ノ井(~長野)

上田駅を出ると新幹線の高架と離れて、また千曲川が近づいてきます。

3つ先の駅が坂城(さかき)駅。

ここ坂城駅では、国鉄時代から2013年まで走っていた古い車両「169系」が展示されています。

f:id:yu-snfkn:20170404111209j:plain

坂城駅の次が戸倉駅。

戸倉上山田温泉の最寄駅です。車庫があるので、電車がたくさん止まっています。

f:id:yu-snfkn:20180310233754j:plain

駅には昔からありそうな喫茶店がありまして、その名も「しなの」。入ってみると地元の常連さんっぽいお客さんで賑わっていました。

f:id:yu-snfkn:20170130001806j:plain

戸倉駅から戸倉上山田温泉は少し離れていて、歩くと20分そこそこの距離です。

バスやタクシーを利用するか、宿泊の場合は宿にお迎えできないか相談してみると良いでしょう。 

www.onsen-oh-yu.com

戸倉駅を出ていくつかの駅に止まりつつ、やがてまた北陸新幹線の線路(というか、橋桁)が寄ってきます。

しなの鉄道線の終点、篠ノ井駅はJR線との乗換駅。

ここからJR篠ノ井線に乗り換えて、松本・塩尻方面へ向かうこともできます。名古屋行きの特急「しなの」も、ここ篠ノ井駅に止まります。

しなの鉄道線は篠ノ井駅が終点ですが、電車はそのままJR線に入って10分あまり走り、長野駅まで向かいます。ご乗車お疲れさまでした。

f:id:yu-snfkn:20180310234438j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村