温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅とローカル路線バス 関越交通

自分の温泉への交通手段は、マイカーを持っていないのと、基本的にひとり旅なので、公共交通機関がメインです。

温泉は山奥が多いので、最寄駅からバスのお世話になることが大半です。

一方で地方に行くと本当に車社会で、ローカル路線バスを使わない人が多そうです。

数年前まで走っていたバスが廃止になったり、民間のバス会社が撤退して自治体がマイクロバスを走らせていたり、そういうケースが増えてきました。

温泉地への足としてローカル路線バスをよく使う立場として、地方で頑張っているバス会社と、乗ったことのある路線のことを書いていきたいと思います。

初回は、群馬県に登山や温泉で行くときに高い確率でお世話になる「関越交通」です。

関越交通株式会社 | 群馬県 | 渋川市 | 観光バス | 高速バス | 路線バス | タクシー

f:id:yu-snfkn:20161113193108j:plain

スポンサーリンク ?

上毛高原駅~水上駅~谷川岳ロープウェイ

  • 行き先の主な温泉地:上牧温泉、水上温泉、湯檜曽温泉
  • 本数:概ね1時間に1本程度(上毛高原駅~水上駅)

上越新幹線「上毛高原」駅から水上方面に向かうバスです。半数が水上駅止まりで、残り半数が、その奥の谷川岳ロープウェイまで向かいます。

東京からの上越新幹線が上毛高原駅に着いて数分後に出るようになっていて、上毛高原駅での乗り換えはスムーズです。

水上駅では、水上温泉郷の宝川温泉・湯の小屋温泉方面へのバスに接続しています。また、水上駅止まりのバスでも、谷川岳方面のバスに接続しています。

水上駅から先は、JR湯檜曽駅、土合駅を通って谷川岳ロープウェイまで行くのですが、JRの本数がとても少ないので、湯檜曽温泉に行くにしても、ロープウェイに乗るにしても、バスの方が便利です。

土合駅は、片方のホームが物凄い地下にあることで有名で、行ってみる価値はありそうなのですが。

終点がロープウェー乗り場なので、谷川岳登山にも便利です。

f:id:yu-snfkn:20161113220025j:plain

上毛高原駅~沼田駅~鎌田~鳩待峠行バス連絡所~大清水

  • 行き先の主な温泉地:老神温泉、片品温泉、尾瀬戸倉温泉
  • 本数:概ね1時間に2本程度(沼田駅~鎌田)

上毛高原駅を出て、尾瀬方面に向かうバスです。

上毛高原駅から沼田駅まではさほど乗客も多くなく、沼田駅で結構人が乗ってくる印象です。

実際、バスの本数も沼田駅から一気に増えます(上毛高原発が1日8本、沼田発が16本)。

一部(7本)のバスが老神温泉を経由します。経由しないバスに乗った場合は、国道沿いのバス停を降りて温泉街まで2キロほどの距離を歩くことになります。

もしくは、宿と相談してお迎えをお願いするか、です。

また、冬は全てのバスが老神温泉に寄りません。

yu-snfkn.hateblo.jp

途中の「鎌田」止まりのバスもありますが、そこから先の尾瀬方面や、丸沼高原方面に行くバスへは、鎌田ですぐに乗り換えることができます。

また、鎌田から先、武尊山方面(花咲行き)のバスにも乗り換えできます。

尾瀬方面に行くバスは登山シーズンに限り、「鳩待峠バス連絡所」バス停で、尾瀬の表玄関「鳩待峠」行きのバスもしくは乗り合いタクシーに乗り換えることができます。 

f:id:yu-snfkn:20161113221511j:plain

沼田市保健福祉センター前~沼田駅~後閑駅~上毛高原駅~たくみの里~猿ヶ京

こちらに詳しく書きました。

www.onsen-oh-yu.com

 

f:id:yu-snfkn:20161113222443j:plain

渋川駅~渋川スカイランドパーク~伊香保温泉

  • 行き先の主な温泉地:伊香保温泉
  • 本数:概ね1時間に2~3本程度(渋川駅~伊香保温泉)

伊香保温泉に向かう路線バスです。

一部の便が、水沢うどん(日本三大うどん)で有名な水沢を通ります。伊香保へは、別途、高崎駅からも他の会社(群馬バス)の路線バスが出ているようです。

中之条駅~四万温泉

こちらに詳しく書きました。

www.onsen-oh-yu.com

中之条駅~沢渡

  • 行き先の主な温泉地:沢渡温泉
  • 本数:1日8本(概ね1時間半に1本程度)

沢渡温泉へ向かう路線バスです。こちらはこじんまりしていて、ジャンボタクシーで運行されています。定員は9名とのこと。

f:id:yu-snfkn:20161113222305j:plain

バスカードが安い

最後に、関越交通はSuicaのような電子マネーは使用できませんが、観光地を走るバス限定で利用できるバスカードがあり、3,000円で4,350円分利用できます。

1名で複数回群馬の温泉に行く場合や、複数名で利用するにはお得ですね。

ただこのバスカード、前橋から赤城山に行くバスでは利用できませんでした。念のため。