温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉地の私的まとめ

赤倉温泉・関温泉・燕温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

新潟県の上越地方には、これまで5回ほど足を運んだことがあります。 北陸新幹線も開通しましたが、それでも首都圏からはなかなか距離を感じて、遠くに来たなと実感できる場所。 温泉もいろいろありますが、今回は自分が泊まったことのある「赤倉温泉」「関温…

長野県 戸倉上山田温泉のご紹介

戸倉上山田温泉は、おそらく信州の温泉街で一番、歓楽街が大きなところかなと思われます。それもあって実は敬遠していたのですが、行かれた方のブログ等を見ていると、泉質がどうやら良さそうということで、遅ればせながら2014年に行ってきました。 またいつ…

甲府湯村温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

山梨県の三大温泉、というのがあって、石和温泉、下部温泉、あと1つが今回紹介する甲府湯村温泉なのだそうです。 三大温泉だなんて自分もつい最近知りましたが、確かにこの3つの温泉地は、山梨県内では結構規模の大きい温泉地ですね。 今回は、甲府湯村温泉…

浅間温泉・美ヶ原温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

温泉地の中には「〇〇の奥座敷」と呼ばれるものがあります。「〇〇」には町の名前が入るのですが、町から比較的近いところにある温泉地を、奥座敷、と呼ぶようです。 今回ご紹介する「浅間温泉」「美ケ原温泉」は、松本の奥座敷と呼ばれています。浅間温泉の…

栃木県 塩原温泉郷のご紹介

塩原温泉郷は北関東の中でも有名な温泉だと思いますが、自分が温泉旅にはまってからしばらく行ったことなく、初訪問は2014年のことでした。行ってみると割と近いし、泉質もいいし、静かだし…ということでよく行くようになりました。 温泉郷、というだけあっ…

四万温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

四万温泉(しまおんせん)は、このブログで取り上げる温泉地の中では有名な方だと思います。 有名な温泉地の多くは、廃業した旅館やお店が目立ったりするもの。 ですが、ここ四万温泉は観光客もほどほど来ていて、お店も旅館もたいていが営業していて、賑わっ…

板室温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

「下野の薬湯」と呼ばれる古くからの湯治場、栃木県の板室(いたむろ)温泉の紹介をします。 個人的にも2006年以来ちょくちょく通っている温泉です。泉質も静かな雰囲気も、自分好み。ぬるめの透明な温泉にじっくり入れます。 板室温泉の概要 板室温泉へのアク…

湯宿温泉・猿ヶ京温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

群馬県のみなかみ町にある温泉と言えば水上温泉が有名ですが、その次に有名なのは、猿ヶ京温泉ではないでしょうか。 そして、猿ヶ京温泉の手前にある湯宿(ゆじゅく)温泉も、なかなか渋めで良い雰囲気の湯治場です。 湯宿温泉へは何度か行ったことがあり、少…

田沢温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

長野県は青木村にある「田沢温泉」は個人的にお気に入りの温泉地で、これまで5回行ったことがあります。 歴史の長い温泉のようで、奈良時代とか飛鳥時代から続いているとか、坂田金時(金太郎)がここで生まれたらしい、という伝承もあるそうです。 今日はこの…

川治温泉・湯西川温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

今日は栃木県の川治温泉と、その奥の湯西川温泉の紹介をします。 川治温泉と湯西川温泉。有名な鬼怒川温泉から北に進んだところにあります。平家の落人が住んだという湯西川温泉のほうが有名かもしれません。 川治温泉は鬼怒川温泉、湯西川温泉に比べればち…

老神温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

工事の関係で、7月20日までは全ての路線バスが老神温泉を経由しないそうです。路線バスで老神温泉を目指す方はご注意ください。 kan-etsu.net 今回ご紹介する群馬県の老神温泉(おいがみおんせん)は、群馬県から尾瀬に向かう途中にあります。(余談ですが、尾…

栃尾又温泉・大湯温泉・折立温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

新潟県は首都圏からはちょっと遠くなるのですが、一番首都圏から近い中越地方であれば、そこまで遠さは感じません。 中越地方の中でもよく行く温泉がいくつかあって、それらを「湯之谷温泉郷」とまとめて呼ばれることがあります。 温泉郷、ということで複数…

鹿教湯温泉・霊泉寺温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

長野県は上田市にある「鹿教湯(かけゆ)温泉」「霊泉寺温泉」「大塩温泉」の3つの温泉地をまとめて、丸子温泉郷と呼ぶそうです。 特に、鹿教湯温泉と霊泉寺温泉へはかなり頻繁にリピートしています。お隣の青木村にある「田沢温泉」を含めると、おそらく1年に…

下部温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

山梨県の下部温泉(しもべおんせん)。恐らくこのブログの中で一番登場回数が多く、なおかつ訪問回数もトップの温泉地です。 ぬる湯、というやや変わった泉質なのですが、その効能と、ちょっと寂しい温泉街の雰囲気を気に入ってしまい、足しげく通っております…