温泉好きのお湯

自称「静かな温泉ブログ」。主に北関東・甲信越の静かな温泉に行っています。今度はどこへ行こうかな。

エピソード

ひとり旅しつつ、街の好みのうつろい

今週のお題「好きな街」 先週に引き続き、お題記事を書いてみました。 この「静かな温泉ブログ」では、ひとり旅歴20数年、ひとり温泉旅歴10数年の自分が、主にひとりで出かけた温泉旅についてあれこれ書いています。 そして、旅と切り離せないのが、街。好き…

記憶に残る温泉旅と、記録の積み重ねと

あなたには、記憶に残る旅の思い出はありますか? 自分の場合、温泉旅をしてきた回数は割と多いのですが、その中でも、ひとり温泉旅を始めた初期の頃に出かけたことの記憶は、割とくっきり残っています。 そう、この静かな温泉ブログで温泉旅の記録をまとめ…

廃業した温泉宿 その後(12年が流れて)

先日、12年ぶりに群馬県は伊香保温泉に行ってきました。 www.onsen-oh-yu.com 伊香保温泉に訪れる人は今も多いです。また、以前は今以上に賑わっていたと思われる温泉地の一つでもあります。 そういう意味では、以前に比べて寂れたところもあるわけです。 そ…

廃業した温泉宿 その後 (新しい温泉宿へ)

これまで100件くらいの温泉宿に泊ってきました。そのうち一部の宿は宿泊後に廃業になってしまい、残念ながら今はもう泊まることができません。 そんな廃業してしまった宿がどうなったのか、個人的にとても気にしていて、ネットで時々宿の名前で検索してみた…

日帰り草津温泉旅の記憶

温泉の中でも横綱級にメジャーな草津温泉。 自分も草津温泉へは4回行っています。内訳は宿泊が3回、日帰りが1回。 そう、草津温泉は首都圏からはなかなかに遠いのですが、1度だけ日帰りしたことがあるのです。もう何年も前のこと。 きっかけは、 バスに乗っ…

遥かなマイファースト尾瀬、遠い空。

春になりました。高い山々にはまだ雪が残っていますが、段々と雪も溶けて、登山シーズンになっていくのでしょう。 ちなみに自分も、何年かの間登山をしていたことがあります。 基本的に自分の楽しみと言えば、平日の晩酌と週末のひとり温泉旅ですが、ひとり…

松本へのIターン未遂のこと

先日、信州は松本へ温泉旅をしてきました。 歴史のある街を歩いていても面白く、美味しいものも多く、自分的に温泉旅で訪れる地方都市ランキング上位の町、松本。 そんな自分ですが、実は若いころ、松本に移住したいと考えていたことがあります。 特に松本や…

イーハトーブの記憶

子供のころ、夏休みの宿題か何かで宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の読書感想文を書いた記憶があります。 宮沢賢治の書く物語は短編が多く、1冊の本にいくつもの物語が入っていたので、あれこれ読んでいました。 小学校の国語の教科書でも見た覚えがあります。ク…

世のちり洗う(温泉で回復した話)

自分にとって、温泉旅はしばしば心身の調子を回復させるためにすることです。 会社員になって10数年になりますが、時々ひどくくたびれる時も正直ありまして、そんな時に泊まりに行く温泉宿は、自分の回復のための場所なのです。 温泉には効能があります。こ…

温泉街が好きな理由(と、静かな町尾道)

「寂れた温泉街が好きです」とブログのあちこちに書いているのですが、はて、寂れた温泉街が好きなのは何でやろ、と思いを巡らせてみまして、そうか、昭和っぽい感じが好きで、好きになったきっかけは尾道だったなぁ、と思い出したのでした。 尾道(おのみち)…

夜行で日光、奥日光。

先日、よく見ているkzlifeさんのブログで、以下の記事を読みました。 www.kzlifelog.com 東武鉄道が、都内の浅草駅から東武日光駅まで行く夜行列車を日にち限定で走らせる、とのことです。 今年から、車両は東武の特急車両「スペーシア」を使うとのこと。知…

繰り返す温泉旅(変わるもの、変わらないもの)

これまでの温泉旅をブログにまとめつつ振り返っていると、どれだけ同じ温泉街を繰り返し訪れてきたのかを実感します。 ひとり温泉旅をするようになってだいたい10年とちょっとが経っているのですが、その間に自分も年を取ったし、立場も変わったりしています…

温泉宿のおもひで

温泉宿へ泊まる目的は人それぞれだと思いますが、自分が温泉宿に泊まる一番の目的は、ゆっくり温泉で疲れを取る、です。静かな部屋、体を包むお湯、優しい和食。 20代のころから会社員を続けてきましたが、性格的にも体力的にもあまりタフではないこともあっ…