読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

山梨県 湯村温泉 杖温泉弘法湯('17)

ひとり泊 山梨県

湯村温泉というと、兵庫県の温泉地の方が有名なのかも知れませんが、山梨県にも湯村温泉があります。県庁所在地の甲府に近く、便利な立地の温泉地です。
山梨県の温泉はぬるくて透明の泉質が多いのですが、ここ湯村もそんな泉質で、ぬる湯にのんびり浸かるにはいいだろうなと思って、行ってきました。湯村は今回で3回目です。

f:id:yu-snfkn:20170205093206j:plain

www.koubouyu.com

幹線道路から1本右に曲がって、少しさびしい温泉街を歩いて抜け、以前泊まったことのある旅館「明治」の前を通り、すぐ先に今回の「杖温泉弘法湯」がありました。
ちなみに「明治」は、設備の故障のため長期休業中とのこと。 

yu-snfkn.hateblo.jp

杖温泉弘法湯の建物は道の両側にあって、渡り廊下でつながっていました。玄関は左側で、入ると明るい奥さんが迎えてくださり、左側の建物の2階のお部屋に案内されました。

f:id:yu-snfkn:20170205093507j:plain

古い宿ですが、お部屋のトイレは新しいものになっていました。
廊下に、昔のファミコンらしきもの(業務用?)が置いてあり、お金を入れたら今も遊べるのかは分かりませんでしたが、懐かしい感じ。

f:id:yu-snfkn:20170205093817j:plain

お風呂は男女別の内風呂と、貸切できる家族風呂が1か所ありました。女湯と家族風呂は左側の建物にあり、男湯のみ右側の建物にあり、渡り廊下を歩いていきます。
湯村温泉は住宅街の中にあり、窓の外の景色はそんなに良いわけではないのですが、遠く南アルプスを見ることができます。雪をかぶった白い山々は、松本で見える北アルプスとはまた違う山容です。

f:id:yu-snfkn:20170205094001j:plain

(一応、南アは仙丈ケ岳に登ったことがあります…)

内風呂は「杖温泉」ということで、弘法大師が杖で石をどけたときに発見したという古い伝承がある、歴史の長い温泉です。脱衣所にも弘法大師様がいらっしゃるのでした。

f:id:yu-snfkn:20170205094325j:plain

弘法大師様の前でおそれながら服を脱いで、お風呂場へ。
お湯は無色透明で、2月の訪問だったため加温されていましたが、本来はぬるい温度なのだそうです。加温のおかげで少し熱めに思えたのですが、熱いお湯がお好きな方も多いでしょうから、冬場の加温は仕方がないのかもしれませんね。
勢いよくかけ流されていて、よく暖まるいいお湯でした。

f:id:yu-snfkn:20170205094620j:plain

お食事は2食ともお部屋でいただきます。夕食の馬刺しとモツが甲州らしい感じです。
食事と一緒に甲府のワイナリー「サドヤ」のワインをグラスでいただきました。

f:id:yu-snfkn:20170205095102j:plain

夕食後、布団を敷いてもらい、もうひと風呂して寝ました。
朝になり、まずお布団を上げてもらってから、8時に朝食をいただきました。個人的に朝食の時間が早いとお腹が空いていなくてしんどいのですが、8時というのはジャストでした。(笑)

1泊2食付で、何と8,000円(消費税、入湯税は別)で泊まることができました。家族風呂もあってお部屋食なのでこの値段なので、泊まりやすくていいなという印象です。
今回はじゃらんで予約したのですが、何故か「湯村温泉」とか「甲府近辺の温泉宿」で検索するとヒットしないので、そういう意味では、穴場なのかも知れません。

暖かくなったらまた行こうと思える宿でした。
ということで、次回はいつ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村