読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

福島県 湯岐温泉 山形屋旅館('16)

ひとり泊 東北地方

湯岐(ゆじまた)温泉は福島県南部にある湯治場で、温泉がぬるくて長く入れるという、私が好きそうなタイプの温泉地で気になっていました。
ただ、最寄駅から温泉地までのバスが平日のみの運行で、土日はタクシーを使うしかないということで、長らく候補止まりでした。

2015年の夏に山形屋さんではない宿に予約してみたのですが、その時は最寄駅からの送迎が難しいと言われてキャンセルし、2016年5月に、この山形屋さんなら送迎OKとのことだったので予約したのですが、急用でこれまたキャンセルになってしまいました。
で、10月に三度目の正直で行ってくることができました。

f:id:yu-snfkn:20161030211921j:plain

水戸からJR水郡線で2時間。茨城県を北上し、福島県に入ったあたりで、磐城塙(いわきはなわ)駅に到着。宿の車に乗って、途中すれ違えない細い山道を抜けて、登った先に宿はありました。

建物はなかなか古そうです。通された六畳間には既に布団が敷いてありました。こたつもありましたが、さいわいそこまで寒くなく、使うことはありませんでした。トイレ、洗面所は共用でした。

たまに湯治宿で見かける「貴重品袋」という紙の封筒がありました。名前を書いて、貴重品を入れて、帳場に預けるためのものです。

f:id:yu-snfkn:20161030212117j:plain

お風呂は2か所。混浴の岩風呂(女性専用の時間帯あり)と、小さな家族風呂です。
岩風呂は別棟にあり、入ってみると、地元の方も多く入っているようで、共同湯のたたずまいでした。洗い場が1か所しかないので、複数名が一度に体を洗うのは難しそうです。

浴槽は岩風呂と、上がり湯の2つがあり、それぞれ源泉が違うようです。泉質はどちらも似ているのですが、岩風呂は足元湧出。下の方から、こぽこぽっと湧いてきます。40度程度で、かすかにタマゴの匂いがします。これは気持ちがいい・・・

f:id:yu-snfkn:20161030212211j:plain

もう1つの家族風呂は貸切で入れます。こちらは家庭のお風呂のような雰囲気ですが、もちろんお湯は温泉で、なおかつ加温もできるようでした。

湯上りに玄関のそばにあった牛乳の販売機でビンの牛乳を買います。100円。

f:id:yu-snfkn:20161030212257j:plain

宿の若旦那が来られて、地酒をおすすめされたので、夕食時に1合お願いしました。最近、地酒のラインナップを増やしたそうです。美味しかったです。さすが福島。

食事は2食ともお部屋でいただきました。湯治宿らしく、控えめでちょうど良いボリューム。地元の食材メインというのが嬉しかったです。

f:id:yu-snfkn:20161030212418j:plain

今回は10月の3連休に泊まったのですが、割と混んでいたようです。次回は混んでいない時に行って、のんびり長風呂を楽しんでみたいと思います。