温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

戸狩温泉 お宿本屋敷にひとり泊('14)

*2017/6/3 改訂

飯山市の宿泊券(ふるさと納税の御礼)を入手したので、秋の三連休に行ってきました。

宿泊するなら温泉で、と思っていたのですが、飯山市内で温泉、と言っても個人的にはあまりピンとこない感じでした。この辺だと野沢温泉が有名なのですが、野沢温泉はお隣の野沢温泉村にあったので、飯山市の宿泊券は利用できず。

というわけで、飯山市内の戸狩温泉を選んでみました。

戸狩温泉はスキー合宿で泊まるような感じの、比較的リーズナブルな宿が多いようでしたが、さいわい持っていた宿泊券が多めだったこともあり、少し奮発して、建物とお風呂の雰囲気が良さそうな「お宿本屋敷」を観光協会経由で予約しました。

f:id:yu-snfkn:20170603221433j:plain

建物とお部屋

最寄駅の戸狩野沢温泉駅までお迎えに来ていただき、チェックインします。建物は新しくきれいで、部屋も広かったです。ほのかにお香が焚いてありました。スキーシーズン直前の時期で、静かに過ごせました。

f:id:yu-snfkn:20160823225602j:plain

 

温泉とお風呂

お風呂は内風呂が2つ。宿のウェブサイトで見た「座敷湯」は雰囲気が良さそうで期待していたのですが、あいにくこの日は女湯になっていて入れませんでした。女性のお客さんが多かったので、そうなったのかもしれません。確かに女性が好みそうな雰囲気の宿ではあります。

ということで、今回入ったのはもう片方の「内湯」でした。雰囲気は普通な感じでしたが、脱衣所もきれいで良かったです。なお、戸狩温泉ですが、宿では源泉をタンクローリーで運んできて循環、消毒、加温させて使っているようです。

お食事

2食とも食堂にていただきます。

夕食は地元の野菜メインの創作料理が、きれいな食器に盛られて出てきます。テーブル席で順番に料理が出てくるので、コース料理のような感じがして嬉しくもあります。信州のワインを注文すると、優しい女将さんが最初の一杯を注いでくださいました。

f:id:yu-snfkn:20160831223753j:plain

朝食も食堂にていただきました。お皿のセンスがいいと、より食事も美味しく感じられますね。

f:id:yu-snfkn:20160823225742j:plain

個人的感想など

泊まった日の夜に大きな地震があり、女将さんが部屋を回って安全確認をされていました。飯山市は震度5だったそうなのですが、大きな被害もなかったようです。

宿泊券の額面が宿泊費を上回っていたので、ハーフボトルのワインやお菓子など、お土産をいただきました。帰りも駅まで送っていただき、昨晩の地震の影響で遅れていた飯山線で長野に出て、乗り換えて妙高市に向かいました。

www.onsen-oh-yu.com

普段泊まる宿とはちょっと違う路線の宿でしたが、きれいで食事も美味しく、くつろぐことができました。次回行くとしたら、家族で行きたいな。

アクセス

JR飯山線「戸狩野沢温泉」駅が最寄りです。バスは平日のみの運行のようですので、タクシーに乗るか、もしくは宿へ相談していただければ。

(2014年11月宿泊)

関連リンク 

www.motoyashiki.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村