読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

新潟県 栃尾又温泉 神風舘('07)

新潟県 リピート ’12以前 ひとり泊

栃尾又(とちおまた)温泉は全国有数のラジウム泉で、3か所の温泉宿が内湯を共有しています(宿同士が親戚らしいです)。
最も有名な自在館と、雰囲気の良さそうな宝厳堂、湯治客向けの神風舘と3件あります。
自在館は4回行ったことがあるのですが、今回は神風舘を取り上げます(神風舘にも2回行っています)。

f:id:yu-snfkn:20160910214610j:plainwww.yunakai.esy.es

 

宿泊当時はネットで予約できなかったので電話で予約したのですが、今はじゃらんで予約ができるようです。いい時代になりました。

栃尾又温泉へは、JR小出駅からバスで向かいます。
終点が栃尾又で、降りてすぐ3件の旅館があります。自在館が右側、神風舘は左側。宝厳堂は神風舘の奥にあり、それぞれつながっています。

神風舘は湯治向けの宿で、お値段も安くなっています。
布団の上げ下げはセルフサービスで、洗面所、トイレは共用でした。

お風呂は先ほど書いた通り3つの宿で共用しています。自在館と宝厳堂は自前のお風呂もあるのですが、神風舘には自前のお風呂がないので、共同のお風呂に入りに行きます。
共同のお風呂は2016年現在は3か所あるようなのですが、宿泊当時は「うえの湯」「したの湯」の2か所で、時間帯によって男女が入れ替わるようになっていました。

「うえの湯」は、3件の旅館の奥にある「栃尾又温泉センター」なる建物の中にあります。
以前は日帰り入浴施設だったようですが、今は宿泊客専用になっています。広い浴槽があり、ぬるい透明のお湯が注がれています。

入ると体中に気泡が付きました。皮膚が呼吸をしているのでしょうか。
お湯は飲泉もできるようで、口に含むと甘みと柔らかさを感じました。

「したの湯」は、自在館の地下にあります。こちらは湯治場らしい雰囲気に作ってあります。
「うえの湯」よりも狭いので、少々混みやすいのですが、雰囲気はとてもいいです。皆さん静かにお風呂に浸かっています。

f:id:yu-snfkn:20160817230416j:plain


神風舘のお食事は2食ともお部屋でいただきます。味付けとボリュームが控えめなのは、湯治宿だからかも知れません。

(2007年3月,2007年7月宿泊)

 

関連記事

同じ栃尾又の「自在館」はこちら。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村