読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

長野県 田沢温泉 富士屋('16他)

長野県 リピート 子連れ泊

長野県の上田市近辺は好きな温泉地が結構ありまして、小県六湯(ちいさがたろくとう?)と総称される、別所、鹿教湯、田沢、霊泉寺、沓掛、大塩の六つの温泉に、あちこち足を運んできました。
その中の田沢温泉は旅館が3件と共同湯が1か所あるちいさな温泉地です。

f:id:yu-snfkn:20160901001006j:plain

信州・田沢温泉 富士屋

「ますや旅館」が明治期の木造建築で、島崎藤村が宿泊したということで有名ですが、今回は一番手前の「富士屋」に泊まったときのことを書きます(ますやにも泊まったことがあるので、またいずれ。)

建物は割と古そうですが、案内された部屋はリフォームされていました。
増築を繰り返してきたのか、迷路みたいに複雑だったのがちょっと面白かったです。
f:id:yu-snfkn:20160719142051j:plain

温泉は男女別の内湯と、男女別の露天風呂、あとは家族風呂があります。
源泉の温度がぬるいそうで、加温してあるようです。
家族風呂は宿泊者であれば、いつでも入れるみたいです。
露天風呂はかなり広く、奥の方に寝っころがりながら入れる場所もありました。
温度も私好みのぬるめで、ほんのり硫黄の香りが漂ってきます。

f:id:yu-snfkn:20160719141659j:plain

 

ちなみに、田沢温泉のお湯で一番泉質がいいのは、共同湯の「有乳湯(うちゆ)」なのだそうですが、宿泊者は一部の時間帯、無料で入れるようなので、そちらも是非、と思います。
入るとすぐに、体中に気泡がついて、ああこれはいい湯だな、と実感しました。

食事は夕食が個室で、朝食は食事処でいただきます。
2014年に泊まった時は鯉尽くしの夕食だったのですが、2016年に再訪した時は鯉は出てきませんでした。鯉料理は好みが分かれるのかもしれません。

f:id:yu-snfkn:20160719141944j:plain


ちなみに朝食は、好きな時間に取れるのがちょっと嬉しいところです。

夕食が個室で取れ、家族風呂にも入れるので、いつか家族(妻と3歳の娘と)で再訪しようと思っていたのですが、先日再訪してきました。
娘も「おんせんきもちよかったの」とのことだったので、喜んでくれたと思います(たぶん)。

 

 

(2014年3月,2016年3月宿泊)

関連記事 

田沢温泉の他の宿はこちら。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村