温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅と蕎麦(信州編2:松本・塩尻・諏訪...)

先日、自分が長野県での温泉旅で食べてきた蕎麦の画像を紹介する記事を書きました。

yu-snfkn.hateblo.jp

記事のボリュームがそこそこ多くなったので、複数回に分けて紹介していきます。
2回目は松本・塩尻・諏訪エリアのお蕎麦たちです。それではそれでは。

f:id:yu-snfkn:20170120224539j:plain

こばやし(松本・安曇野)

松本に行ったときは何故かほぼ毎回、ここの「駅前店」でお蕎麦をいただいています。
きっかけは松本駅の観光案内所で紹介してもらったのですが、駅から近いし店内は適度に古い感じで落ち着くのです。

www.kobayashi-soba.co.jp

f:id:yu-snfkn:20170120224507j:plain

この「こばやし」さんは4店舗ありまして、松本の駅前とお城の近く、神社の中に計3店舗あり、あと安曇野に「安曇野庵」があります。
安曇野庵」の場所は、ワイナリーのあるドライブイン「安曇野スイス村」の中です。このときは子連れ旅行で行ったのですが、お店の方が子供にやさしくしてくださいました。

f:id:yu-snfkn:20170120224718j:plain相模屋(奈良井宿)

温泉とは少し離れますが、中山道の宿場町「奈良井宿(ならいじゅく)」は、雰囲気の良い街並みが残ります。有名な馬籠宿・妻籠宿よりは空いている感じ。
そんな宿場町でお蕎麦をいただきました。
日本家屋に上がって、奥の和室でお蕎麦と五平餅をいただけるなんて。

f:id:yu-snfkn:20170120230949j:plain

丸泉(塩尻)

これまた温泉とは少し離れますが、塩尻はワイナリーがいくつかありまして、その中でも「信濃ワイン」にほど近い場所にある蕎麦屋さんです。
メニューには塩尻ワインもありました。地元の白ワインと蕎麦、という、個人的に幸せな組み合わせを楽しめます。

f:id:yu-snfkn:20170120230741j:plain

富士尾山荘(安曇野)

温泉に入れる民宿で、蕎麦がいただける食事処もあります。
穂高の別荘地の中をさまよっていて見つけまして、日帰り入浴とお風呂の後のお蕎麦を楽しみました。これぞまさに、温泉とお蕎麦。。

www.k4.dion.ne.jp

 

みやさか(下諏訪)

諏訪大社 下社秋宮の近くにあります。有名な神社の近くの蕎麦屋さんはどこもお値段がそこそこ高めだったのですが、ここはそうでもなかったですし、静かに美味しくいただくことができました。
太めで色も濃い目の、田舎そば風。

f:id:yu-snfkn:20170120231826j:plain

とみや(上諏訪)

上諏訪駅の観光案内所でおすすめしてもらった蕎麦屋さんです。駅から少し離れているせいか、庶民的な食堂のような感じで、観光地らしさがなくて落ち着けました。
この時は1泊2日の旅だったのですが、初日は前述の「みやさか」で、2日目はここ「とみや」で2日連続、お昼に蕎麦、でした。

そば処とみやトップ

f:id:yu-snfkn:20170120232157j:plain

ここでワープします

松本、塩尻、諏訪と来て、いきなり飛んでしまうのですが、最後に戸隠の日帰り温泉施設でいただいたお蕎麦の紹介をします。意外と長野市とその周辺で蕎麦をいただいていないのです。何故だろう。

戸隠神告げ温泉 湯行館(戸隠)

「ゆにーくかん」と呼ぶらしいです。飯縄山登山の後にひと風呂してから蕎麦をいただきました。入浴とお蕎麦のセットがあって、少しだけお得です。
温泉は特にかけ流し、ということではなさそうですが、この辺は温泉施設がないので、登山後に温泉、というのは実質ここでしかできないと思われます。

f:id:yu-snfkn:20170120235529j:plain

最後ちょっと唐突にワープしましたが、今度はどこに行こうかな。