温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

上塩原温泉 まじま荘にひとり泊('15)

*2017/4/23 改訂

普段は割と事前にある程度の手配を済ませてから行くのですが、このときは急きょ出かけられるようになったので、急ぎじゃらんで探して予約しました。

まじま荘のある上塩原温泉塩原温泉の中心部からはそこそこ離れています。

今回は那須塩原からではなく日光・鬼怒川温泉経由で向かいました。野岩鉄道の「上三依塩原温泉口」駅(長い駅名!)まで、気さくな感じの女将さんが車でお迎えに来てくださいました。

f:id:yu-snfkn:20170423115207j:plain

建物・お部屋

まじま荘はトンネルを抜けた先の国道沿いにぽつんと立っており、まるで一軒宿のようでした。

建物は比較的新しいようで、清潔感があります。普段は古い建物の旅館にばかり泊まっているので、より新しさを感じました。

2階建てですが、エレベーターもありました。案内されたのは2階の部屋で、シャワートイレつき。布団は敷いてありました。

f:id:yu-snfkn:20160902170626j:plain

温泉・お風呂

お風呂は1階に男女別の大浴場があります。大浴場の先には露天風呂があります。

大浴場はかなり広め。ロッカーもしっかりあって、ジェットバスに露天もあり、と、日帰り温泉施設みたいな雰囲気。実際、日帰りっぽいお客さんも多く来ていましたが、お風呂が広いので混んでいる感じはありませんでした。

その先の露天風呂は、川を見ながら浸かれます。

f:id:yu-snfkn:20160902170724j:plain

源泉(自家源泉のようです)の温度はかなり熱そうで、湯口でお湯に触れるとアチチ、でしたが、お風呂が広いので、全体的には適温になっています。

他に家族風呂もあるようなのですが、入っていないので、どのようになっているかは不明です。

お食事

お食事は2食とも、2階にある大広間でいただきます。

お品書きがついていて、ちょっとリッチな感じがしました。ひとり泊のお客さんは自分以外にもいらしたようなのですが、大広間が解放感があって、落ち着いて食事しづらかったのが、ちょっと残念でした。

(ウェブサイトによれば、追加料金で個室食にも対応してくださるようです。)

f:id:yu-snfkn:20160902170908j:plain

個人的感想

休前日にひとりで泊まり、13,000円(税別)でした。

ひとりでのんびり過ごせましたが、個室食にして家族風呂を利用すれば、子連れで泊まってもいいかなと思えました。

また、オプションで指圧を受けられるようで、それが好評のようです。気になるところです。年中、肩が凝っているので・・・

アクセス

野岩鉄道上三依塩原温泉口」駅から宿に迎えに来ていただくか、同駅から「塩原温泉バスターミナル」行きのバス「ゆーバス」に乗り「別当坂」バス停で下車。都内からの所要時間は約3時間です。

先日デビューした新しい特急「リバティ会津」が「上三依塩原温泉口」駅に停車しますので、首都圏からも乗り換え回数が少なくなって便利になりました。

ほかに、東北新幹線「那須塩原」駅から「塩原温泉バスターミナル」行きのバスに乗り、終点でバスを乗り継ぐか宿に迎えに来ていただく、というルートもありますが、こちらのルートは乗り換えが多いので、4時間近くかかってしまうようです。

(2015年3月宿泊)

 

majimasou.com

www.onsen-oh-yu.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村