温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

渋温泉 御宿炭乃湯に子連れ泊('17)

今夏の家族旅行は長野県になりました。泊まる場所は、夫婦で相談して、数年前に訪問して雰囲気が良かった渋温泉に決定。宿は自分がいくつか候補を選んで、その中から妻に選んでもらいました。ああ、この宿選びそうだな、と思った宿でした。

そんな風に妻が選んだのが、今回紹介する「御宿炭乃湯」です。長野駅でレンタカーを借りて、おそばを食べてから川沿いの道を横に入り、狭い狭い温泉街の道を徐行しつつ抜けた先にありました。

f:id:yu-snfkn:20170812111349j:plain

建物とお部屋

立地的には渋温泉の一番奥にあります。駐車場は広くないので、宿の方に車のキーをお渡しして、隣の駐車場に入れてもらいました。

渋温泉は、いかにも歴史の長そうな古びた木造の宿が多いのですが、ここ炭乃湯は6階建ての建物で、中もきれいでした。着物姿のきれいな若女将さんに案内されて、エレベーターで上がってお部屋へ。お茶を入れてくださいました。

お部屋はちょうど窓から温泉街がよく見えました。冷蔵庫もトイレ、洗面所もついています。快適に過ごせました。

温泉とお風呂

最上階の6階に、男女別の内風呂があります。内風呂の先に、小ぶりな露天風呂がありました。夏の暑い季節の宿泊だったのですが、露天風呂は外気に触れてそこそこ適温でした。内風呂はやや熱めでしたが、じっくり入れる程度の温度でした。

スノーモンキーで有名な地獄谷のほうから引き湯している温泉とのことで、源泉かけ流しのようです。錆びた鉄のにおいがしました。湧出温度は熱いのでしょうが、宿にたどり着くころには適温になっているのでしょうね。

ちなみに、宿の玄関前には足湯もあります。

f:id:yu-snfkn:20170812111612j:plain

今回は子連れでばたついていたので時間がなく、外湯巡りはパスしたのですが、渋温泉に宿泊すると宿で外湯の鍵を借りられるので、次回は行ってみたいところです。もちろん炭乃湯でも、鍵を借りることができます。 

お食事

2階にある食事処でいただきます。個人的には、キノコ鍋がキノコが大きくて豚肉が柔らくて美味しかったのと、山の宿らしく、お造りが岩魚・信州サーモン・鯉で、海の魚ではなかったのが嬉しかったです。

〆に竹炭でスープが真っ黒のラーメンが出てきました。宿の名前「炭乃湯」にちなんでいるとのこと。品数が多くて満腹でしたが、最後まで何とか食べることができました。

朝食後、ロビーでコーヒーを淹れてもらいました。

f:id:yu-snfkn:20170812111834j:plain

夜の渋温泉

渋温泉の魅力は、レトロな温泉街と9か所の外湯巡りだと思います。夏は夜になると細長いメインストリートが歩行者天国になって、夜店が出ていてとてもいい雰囲気。浴衣を着て下駄を借りて、カランコロンと歩いてきました。

f:id:yu-snfkn:20170812112024j:plain

f:id:yu-snfkn:20170812112708j:plain

f:id:yu-snfkn:20170812112746j:plain

個人的感想

久しぶりに丁寧なサービスの宿に泊まったな、という感じでした。それでいてお値段も高いということはなく、部屋数も多くないので、実は人気で予約が難しい宿のようです。確かに平日でしたが宿泊客は多そうでした。

アクセス

長野駅から長野電鉄に乗り換えて、終点の「湯田中」駅から長電バスに乗ります。歩く場合は30分程度。雰囲気がいいので、歩きながら目指してみるのもいいかも知れません。

今回は車だったのですが、車の場合は、上信越道信州中野IC」が最寄りの出入り口です。温泉街は道が狭いので、ゆっくり徐行でまいりましょう。

(2017年8月宿泊)

www.onsen-oh-yu.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村