読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

長野県 霊泉寺温泉 中屋旅館('15)

霊泉寺温泉は、以前紹介した田沢温泉と同じ「小県六湯」のうちの1つで、個人的に大好きな温泉地です。平家の武士が見つけたお湯で、霊泉寺というお寺が今もあります。 

f:id:yu-snfkn:20160901001956j:plain

国道から脇道に入って20分以上歩いた(もちろん、国道沿いのバス停から宿の送迎がありますが)先にあって、両側を山に囲まれた、ちょっとした谷あいのような場所に共同浴場と旅館が数件。
本当に静かなところです。

初めて霊泉寺に行ったのは2007年で、その時は1泊7,000円程度で泊まれる「松屋旅館」にお邪魔したのですが(後日紹介します)、2015年は「ふるさと割クーポン」があって、1万円以上の宿が5,000円オフで泊まれたので、1万円そこそこの中屋旅館を選んでみました。

f:id:yu-snfkn:20160728221025j:plain

中屋旅館は武者小路実篤が泊まったという歴史ある宿で、建物は古い木造でした。部屋のトイレは和式でしたが、共用のトイレはウォシュレットでした。
家族経営で、同じ建物の中でご家族も暮らしていらっしゃるので、雰囲気的には民宿っぽさもあるというか、生活感があるというか。

お風呂は男女別の内湯と家族風呂「笹舟の湯」があります。
源泉の温度がぬるいので、内湯は加温されていましたが、「笹舟の湯」は源泉そのままの温度でした。まあどちらもぬるめで、気持ち良く入れました。
部屋が笹舟の湯のすぐ近くだったので、ついつい笹舟の湯のほうを独占してしまいましたが。

f:id:yu-snfkn:20160728221208j:plain

 

食事は2食ともお部屋でいただきます。
自家製の野菜、キノコ、鯉と、地元の食材が並びます。
その中でも名物は、ニジマスのそうめん揚げ。パッと見何だか分からないのですが、要は魚がそうめんで包んであって、揚がっていると。そのまま骨までがぶりと美味しくいただきました。f:id:yu-snfkn:20160728221318j:plain

また、9月だったので松茸が出てきました。夕食には土瓶蒸し、朝食には松茸ご飯。この辺の宿ではそこまで珍しくないことなのかもしれませんが、やはり松茸が出てくると嬉しいものです。

f:id:yu-snfkn:20160728221412j:plain

静かな温泉地なので、何もかも忘れてぼけっとしに行きたくなったら、おすすめです。

(2015年9月宿泊)

 

関連記事

霊泉寺温泉の他の宿に宿泊した記録です。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村